ジェネレーションα

2010年代から2020年代にかけて生まれた世代
アメリカ合衆国世代
*=dates disputed, ^=Strauss and Howe
United States Age Pyramid.svg
○○世代 期間
^en:Puritan Generation 1588 - 1617
en:Puritan Awakening 1621 - 1649
^en:Cavalier Generation
^en:Glorious Generation
^en:Enlightenment Generation
^en:Awakening Generation
1618 - 1648
1648 - 1673
1674 - 1700
1701 - 1723
en:First Great Awakening 1727 - 1746
^en:Liberty Generation
^en:Republican Generation
^en:Compromise Generation
1724 - 1741
1742 - 1766
1767 - 1791
en:Second Great Awakening 1790 - 1844
en:Transcendentalist Generation
^en:Transcendental Generation
^en:Gilded Generation
^en:Progressive Generation
1789 - 1819
1792 - 1821
1822 - 1842
1843 - 1859
Third Great Awakening(英語) 1886 - 1908
^Missionary Generation(英語)
失われた世代
Interbellum Generation(英語)(戦間期世代)
Greatest Generation(英語)
^G.I. Generation(英語)
1860 - 1882
*1883 - 1900
1901 - 1913
*1901 - 1927
1901 - 1927
ジャズ・エイジ 1918 - 1929
ビート・ジェネレーション
Silent Generation(英語)
ベビーブーマー
Generation Jones(英語)
1914 - 1929
*1928 - 1945
*1946 - 1964
1954 - 1965
Consciousness Revolution(英語) 1964 - 1984
ジェネレーションX
^13th Generation
MTV Generation(英語)
Boomerang Generation(英語)
*1965 - 1980
1961 - 1981
1974 - 1985
1977 - 1986
文化戦争 1980s - present
ネットジェネレーション
デジタルネイティブ
ジェネレーションY
^Millennial Generation (Millennials)
ジェネレーションZ
^ニュー・サイレント・ジェネレーション
ジェネレーションα
*1970 - present
*1976 - present
*1981 - 1996
1981 - 1996
*1997 - 2012 ?
1990 - 2009 ?
*2013 - 2028 ?

ジェネレーションα(ジェネレーションアルファ、: Generation Alpha)は、アメリカ合衆国英語圏などにおいて概ね2010年代序盤(もしくは中盤)から2020年代中盤(もしくは終盤)にかけて生まれる世代とされるが、2020年代初頭時点で定義は厳密には定まっておらず流動的である。ジェネレーションY(ミレニアル世代)の次々世代、ジェネレーションZの次世代に当たり、ラテン文字の最後に当たるZの次にギリシャ文字の最初に当たるαを採用(アルファベットの進行をリセット)し、新たな時代の始まりをイメージした世代名として考案された[注 1]α(アルファ)世代とも[1]

世代の全期間の人が21世紀に生まれた最初の世代であり、2030年代から2040年代頃に社会に進出する世代である。主にジェネレーションYの子供世代に当たる。

概要編集

IT革命の次の革命である第四次産業革命 (4IR) の進展と共に成長する世代である。当該世代にとっては現実世界とオンラインコミュニティが分かち難く結び付いているため、ネットですら現実の一部として認識している。以前の世代とは違い、生まれた時から様々な情報を簡単に統合して扱えるiPadInstagramが存在している環境で育つため、文章より動画や画像を好み、SNSを通して多様な人の活動にアクセスしながら成長期を過ごすことで、以前の世代よりも自由に役割の垣根を超えて行動する特徴があると予想されている。また、幼少期からプログラミング教育が行われるため、完全なデジタルネイティブでもある。しかし、2010年代生まれのジェネレーションαの多くが本格的に社会に参加する時期は早くとも2030年代以降であるため、実際にジェネレーションαの特徴を確定できる時期はそれ以後となる。

定義上世代の始まりに当たる2010年代初頭生まれの人が、人工知能 (AI) におけるシンギュラリティ前夜の2040年代初頭に30歳を迎えるため、ジェネレーションα全体はインターネット登場以上の社会的インパクトを若年期に継続して受ける。具体的には、既に2020年代初頭の時点で人工知能や量子コンピュータが難問解決を達成し始めており、それらの成果の産業応用が進むことで、今以上にテクノロジー人間の融合が進み、人間の定義が様変わりする程に破壊的な変化が社会の至る所で起きるようになると言われているが、そういった世界の中でジェネレーションαが若年期を生きるという事である。

前世代のジェネレーションZは「スマホ世代(iGen)」とも呼ばれ、スマートフォンを手に持ち、画面を見て指で操作する方法がIT利用の中心であった。しかし、今後は超小型のITデバイスを環境に多数配置したり、身体に常時貼り付けたり、体内に埋め込んだり、ナノマシンとして注入する可能性も高くなってきており、ジェネレーションαでは人間のサイボーグ化による能力強化が格段に進む可能性がある。イギリスの会計会社グラント・ソーントン (Grant Thornton) によると、ジェネレーションαは人類史上最も長生きで豊かな世代になると予想されている[1]

参考として挙げるに留めるが、ジェネレーションαの直前に生まれた世代において新しい動きの一端は見え始めており、2020年新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックが発生し、イベント開催自粛により卒業式が中止された際には、オンラインゲームであるマインクラフトで、小中学生の集団が卒業式のオンラインイベントを自主開催するなど、人生の重要な節目に対してオンライン空間の可能性を模索する試みが報じられている[2]。卒業式のオンラインイベントは、現実世界での行事のみを価値あるものと捉える前世代にとっては、思い付いたとしても実行に移し難い発想である。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

関連項目編集


先代:
ジェネレーションZ
1997年-2012年 ?
アメリカ合衆国の世代
ジェネレーションα
2013年-2028年 ?
次代:
名称未定