メインメニューを開く

ジェネレーションギャップ: generation gap)あるいは世代のずれ(せだいのずれ、世代間のずれ)は、世代時代)による文化価値観思想などの相違のこと。

社会学心理学人口学において、「世代」という語は次の2つの意味で用いられる。1つ目の意味は、単に生年の近しい集団を指す場合や、世相や時代背景を共有し価値観や行動様式を同じくする集団を指す場合など、コホートとしての「世代」である。もう一つの「世代」は親世代・子世代といった、ライフサイクルによって分別される用法である。いずれの場合においても、各世代間の成員の価値観や行動様式は異なる傾向があり、その断絶から葛藤や軋轢を生じさせる可能性がある[1]

ジェネレーションギャップを端的に表す言葉に「最近の若者は」「大人はわかってくれない」などがある。この種のジェネレーションギャップは、ライフサイクルの変動によって自然に解消されると考えられている[1]。一方、高齢者社会的孤立に陥る問題点のひとつとして、世代間のジェネレーションギャップによる対立や煩わしさが固定化してしまった結果、世代間交流が失われていることが挙げられる[1]。ジェネレーションギャップの固定化は文化の伝承を妨げたり、エイジズムを拡大させる要因ともなる。

ミルトン・ローキチ英語版が、1970年代にアメリカのすべての年齢層を対象に行った、36の基本的な価値から最も重視する価値を選択する調査の結果、世代間で大きな違いがあったのは3項目のみであった。老年学のアードマン・B・パルモアは、一般のイメージと異なり、実際には基本的な価値観は世代間に大きな違いは無いと結論している[2]

脚注編集

  1. ^ a b c 稲垣宏樹 佐藤眞一 ・権藤恭之(編)「世代間ギャップ」『よくわかる高齢者心理学』 ミネルヴァ書房 <やわらかアカデミズム<わかる>シリーズ> 2016年、ISBN 978-4-623-07655-0 pp.142-143.
  2. ^ アードマン・B・パルモア 『エイジズム:高齢者差別の実相と展望』 鈴木研一訳 明石書店 2002年 ISBN 4-7503-1627-X pp.128-131.

関連項目編集