ジェフリー・テイト

ジェフリー・テイトJeffrey Tate CBE, 1943年4月28日 - 2017年6月2日[1])は、イギリス指揮者鍵盤楽器奏者(ピアノチェンバロオルガン)。生まれつき二分脊椎症を患っており、1989年より、二分脊椎症と水頭症の患者と家族のための慈善団体である英国ASBAHの会長を務めた。

ジェフリー・テイト
生誕 (1943-04-28) 1943年4月28日
出身地 イギリスの旗 イギリス
死没 (2017-06-02) 2017年6月2日(74歳没)
学歴 ケンブリッジ大学ロンドン・オペラ・センター
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者鍵盤楽器奏者(ピアノチェンバロオルガン
担当楽器 鍵盤楽器

略歴編集

1961年から1964年までケンブリッジ大学クライスト・カレッジにて医学を専攻し、ロンドンのセント・トーマス病院で研修を積むが、間もなく1970年に医療の道を断念して、ロンドン・オペラ・センターに学ぶ。その後はもっぱら現場で地道な経験を積み重ね、ゲオルク・ショルティピエール・ブーレーズヘルベルト・フォン・カラヤンジェームズ・レヴァインルドルフ・ケンペカルロス・クライバーコリン・デイヴィスらの助手を務めつつ、それぞれから実践的な助言を受ける。

1979年ニューヨークメトロポリタン歌劇場にデビューし、国際的な活躍を始める。1985年イギリス室内管弦楽団の初代首席指揮者に任命され、同年よりロイヤル・オペラ・ハウスの首席指揮者も務めた。2005年にはナポリサン・カルロ劇場の音楽監督に任命され、2008年からはハンブルク交響楽団の首席指揮者を務めた。

モーツァルトからシェーンベルクに至る18世紀から20世紀初頭のドイツ音楽を得意としており、協奏曲の伴奏や器楽曲オペラのいずれにおいても、自然な表現と緻密な構成力により、数々の演奏を残してきた。録音も数多い。

2017年6月2日、死去[2][3]

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集


先代:
イギリス室内管弦楽団初代首席指揮者
1985年 - 2000年
次代:
ラルフ・ゴトーニ
先代:
ガリー・ベルティーニ
サン・カルロ劇場音楽監督
2005年 - 2010年
次代:
マウリツィオ・ベニーニ
先代:
アンドレイ・ボレイコ
ハンブルク交響楽団首席指揮者
2008年 - 2017年
次代: