ジェフリー・ラガリアス

ジェフリー・ラガリアス: Jeffrey Clark Lagarias1949年11月16日-)は、アメリカ数学者ミシガン大学教授。専門は数論、および計算複雑性理論暗号理論離散幾何学英語: Discrete geometry計算幾何学など[1]

概要

編集

ピッツバーグ出身。1966年に高校に在籍中、サマーサイエンスプログラムで天文学を学んだ。

1972年にマサチューセッツ工科大学で数学を専攻した[2] 。1974年、「The 4-part of the class group of a quadratic field」という論文でマサチューセッツ工科大学から博士号を授与された[2][3]

専門が多岐にわたる数学のジェネラリストのため、数学に関する論評がマスコミに取り上げられることも多く、コラッツの問題について「非常に難しい問題であり、現代の数学では完全に手が届かない」と述べ[4]宇宙際タイヒミュラー理論について「多くのアイデアが新しい数学言語で説明されており、理解するには壁は高くて多い」と指摘した[5]

経歴

編集

博士号取得後、1975年から2004年までAT&T ベル研究所で研究開発に携わる[6][2]。2004年9月以降はミシガン大学の教授を務めており[2]、2022年現在、ハロルド・ミード・スターク数学教授[注釈 1]として教鞭をとっている[6]

研究分野は理論計算機科学代数的整数論、純粋数学、応用数学まで多岐にわたり、数学のジェネラリストとされている。

受賞と栄誉

編集

1986年、アメリカ数学協会から「レスターR.フォード賞」を受賞し[7] 、2007年にも受賞した[8][9]

2012年、アメリカ数学会のフェローに就任した[10]

2024年、米国科学アカデミーの会員に選出された[11]

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ 英語: Harold Mead Stark Distinguished University Professor of Mathematics

参考文献

編集
  1. ^ Jeffrey C. Lagarias” (English). University of Michigan. 2022年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月25日閲覧。
  2. ^ a b c d CV” (PDF). 2022年2月20日閲覧。
  3. ^ Jeffrey Lagarias, Professor”. University of Michigan. 2022年2月20日閲覧。
  4. ^ Lagarias, Jeffrey C., ed (2010). The ultimate challenge: the 3x + 1 problem. Providence, R.I.: American Mathematical Society. p. 4. ISBN 978-0821849408 
  5. ^ ABC予想証明、異例の長期検証 数学者も「理解不能」:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞社 (2020年4月3日). 2022年3月11日閲覧。
  6. ^ a b ジェフリー C. ラガリアス | これまでのKUIP | 京都大学-稲盛財団合同京都賞シンポジウム”. 京都大学-稲盛財団合同京都賞シンポジウム. 2020年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月25日閲覧。
  7. ^ Lagarias, Jeffrey C. (1985). “The 3x + 1 Problem and Its Generalizations”. Amer. Math. Monthly 92 (1): 3–23. doi:10.2307/2322189. JSTOR 2322189. http://www.maa.org/programs/maa-awards/writing-awards/the-3x-1-problem-and-its-generalizations. 
  8. ^ Lagarias, Jeffrey C. (2006). “Wild and Wooley Numbers”. Amer. Math. Monthly 113 (2): 97–106. doi:10.2307/27641862. JSTOR 27641862. http://www.maa.org/programs/maa-awards/writing-awards/wild-and-wooley-numbers. 
  9. ^ Lester R. Ford Awards”. maa.org. Mathematical Association of America. 2019年8月16日閲覧。
  10. ^ List of Fellows of the American Mathematical Society, retrieved 2013-01-27.
  11. ^ National Academy of Sciences Elects Members and International Members” (2024年4月30日). 2024年5月10日閲覧。

外部リンク

編集