ジェフ・ブラバム

ジェフ・ブラバム

ジェフ・ブラバムGeoff Brabham1952年3月20日 - )は、オーストラリア人のレーシングドライバー。 父親は三度のF1チャンピオンを獲得したジャック・ブラバムである。

ジェフはアメリカで主なレースキャリアを築いている。活動の初期にはCARTで成功を収めた。インディ500には10回出場し、1983年には4位の成績を残している。

スポーツカーレース編集

スポーツカーレースにおいて数々の成功を収めている。

カナディアン-アメリカン・チャレンジカップ編集

カナディアン-アメリカン・チャレンジカップでは1981年にチャンピオンを獲得した。

IMSA GTP編集

1983年、IMSA GTPフォードでデビューした。

1986年、エレクトラモーティブと契約し、ニッサンGTP ZX-T(シャシーはローラ・T810)でエントリーした。20ポイントを挙げランキングは33位。最高位は3位。

1987年もエレクトラモーティブより参戦。前年と同様のパッケージで臨み、26ポイントを挙げランキングは27位。1勝を挙げた。

1988年、エレクトラモーティブはT810をベースに独自のシャシーを作製した。ブラバムはGTP ZX-Tの名称を引き継いだこのマシンに乗り、12戦に参戦。8連勝を含む9勝を挙げ、ドライバーズタイトルを獲得した。

1989年も前年と同様のパッケージで参戦。この年はセブリング12時間、デイトナ24時間の両耐久レースにも参戦した。9勝を挙げ、2年連続のドライバーズチャンピオンを獲得するとともに、メーカータイトルの獲得にも貢献した。

1990年は前半戦までGTP ZX-Tで参戦し、中盤よりNPT-90に切り替えた。5勝を挙げ、3年連続のドライバーズチャンピオンとともにメーカータイトルも獲得した。

1991年はNPT-90などで参戦した。 最終戦の前のレース、8月23日のロード・アメリカ300kmでは、予選前にタイヤトラブルに見舞われ、肋骨を4本骨折し、脊椎の3か所にひびが入る怪我を負った[1]。最終戦は7週間後の10月13日に開催されたデル・マー2時間だった。このレースに3位でゴールし、この年はわずか1勝のみであったが、4年連続となるドライバーズタイトルを獲得した。また、3年連続のメーカータイトル獲得にも貢献した。

その他編集

ル・マン24時間レースでは1993年に優勝し、1992年から1993年にかけてIROCのミシガン戦で2勝を挙げている。

1994年には、インディアナポリスで行われたNASCARのブリックヤード400に出走した。

インディカーレース編集

1978年にアメリカに渡り、1981年よりCARTに参戦した。

最高位は2位(5回)、ランキング最高位は1982、1984、1987年の8位。

レース戦績編集

CART ポイントランキング編集

最高位 ポイント ランキング
1981年 9 14 5
1982年 3 110 8
1983年 4 13 21
1984年 2 87 8
1985年 2 41 15
1986年 3 64 12
1987年 2 90 8
1989年 14 0 39
1990年 19 0 41
1991年 20 0 44
1993年 26 0 50
1994年 - 0 -

インディ500編集

シャシー エンジン スタート フィニッシュ チーム
1981年 ペンスキー コスワース 15 5 クラコ・レーシング
1982年 マーチ 20 28 ビッグノッティ-コッター・レーシング
1983年 ペンスキー 26 4 VDSレーシング
1984年 マーチ 8 33 クラコ・レーシング
1985年 9 19 ガレス・レーシング
1986年 ローラ 20 12
1987年 マーチ ジャッド 14 24
1989年 ペンスキー シボレー Wth ペンスキー・レーシング
1990年 ローラ ジャッド 19 19 トゥルースポーツ
1991年 トゥルースポーツ 22 20
1993年 ローラ ビュイック 29位 26 チーム・メナード
1994年 DNQ

スポーツカー編集

IMSA GT選手権編集

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 順位 ポイント
1983年 チーム・ザクスピード ラウシュ フォード・マスタング GTP GTP DAY MIA
12
SEB ATL
18
RIV LGA
5
CHA LIM MDO DAY BRA SNM POR MOS ROA
3
POC
8
DAY 38位 15
1984年 チーム・ザクスピード USA GTP DAY MIA SEB ATL RIV LGA CHA LIM MDO WGL POR SNM ROA POC MIS WGL DAY
30
NC 0
1986年 エレクトラモーティブ・レーシング 日産・GTP ZX-T GTP DAY MIA SEB ATL RIV
13
LGA CHA LIM MDO PLM WGL POR
3
SNM ROA
13
WGL COL
5
DAY 33位 20
1987年 GTP DAY MIA
1
SEB ATL RIV
10
LGA LIM MDO
8
PLM WGL POR
11
SNM ROA SAN COL
12
FAI
6
27位 26
1988年 GTP DAY MIA
8
SEB ATL
1
PLM
1
LIM
1
MDO
1
WGL
1
ROA
1
POR
1
SNM
1
SAN
8
COL
1
FAI
13
1位 186
1989年 GTP DAY
10
MIA
1
SEB
1
ATL
1
PLM
6
LIM
1
MDO
1
WGL
1
ROA
1
POR
2
TOP
1
SAN
8
SNM
1
TEM
6
FAI
2
1位 230
1990年 ニッサン・パフォーマンス・テクノロジー GTP DAY
9
MIA
1
SEB
2
ATL
13
PLM
1
TOP
2
LIM
4
WGL
5
1位 196
日産・NPT-90 MDO
1
SNM
2
POR
10
ROA
1
SAN
3
TEM
5
FAI
5
1991年 日産・R90CK GTP DAY
2
1位 175
日産・NPT-90 PLM
3
SEB
1
MIA
3
日産・NPT-91 ATL
11
TOP
5
LIM
3
MDO
5
NOR
2
WGL
2
LGA
2
POR
2
ROA
DNS
FAI
3
1992年 日産・R90CK GTP DAY
7
3位 132
日産・NPT-91 MIA
1
SEB
2
ATL
8
LIM
2
MDO
3
NOR
2
WGL
7
LGA
12
POR
6
ROA
3
PHX
3
FAI
2

ル・マン24時間レース編集

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
1989年   NISMO   チップ・ロビンソン
  アリー・ルイエンダイク
日産・R89C C1 250 DNF DNF
1990年   ニッサン・パフォーマンス・テクノロジー   チップ・ロビンソン
  デレック・デイリー
日産・R90CK C1 251 DNF DNF
1993年   プジョー・タルボ・スポール   エリック・エラリー
  クリストフ・ブシュ―
プジョー・905 Evo 1B C1 375 1位 1位

デイトナ24時間レース編集

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
1989年   エレクトラモーティブ・レーシング   チップ・ロビンソン
  アリー・ルイエンダイク
  マイケル・ロー
日産・GTP ZX-T GTP 453 DNF DNF
1990年   ニッサン・パフォーマンス・テクノロジー   ボブ・エール
  チップ・ロビンソン
  デレック・デイリー
GTP 360 DNF DNF
  ボブ・エール
  チップ・ロビンソン
  デレック・デイリー
327 DNF DNF
1991年   ボブ・エール
  チップ・ロビンソン
  デレック・デイリー
日産・R90CK LM 701 2位 1位
1992年   ボブ・エール
  チップ・ロビンソン
  アリー・ルイエンダイク
LM 272 DNF DNF
1993年   カニンガム・レーシング   デビッド・ローリング
  ドミニク・ドブソン
  トミー・リギンス
日産・300ZX ターボ GTS 332 DNF DNF
1994年   オート・トイ・ストア   アンディ・ウォレス
  モリス・シラジ
スパイス・SE89P-シボレー WSC 223 DNF DNF

家族編集

ジェフには2人の弟、ゲイリーデビッドがおり、いずれもレーシングドライバーである。ゲイリーとは1991年のセブリング12時間でチームを組んで優勝している。デビッドとは1997年のバサースト1000にチームメートとしてBMWで参戦した。兄弟の中では最も成功したが、他の兄弟とは異なりF1に参戦することは無かった。

ジェフは一時、オーストラリアの V8スーパーカーにも参戦した。デビュー戦の1993年サンダウン500において優勝し、数少ないデビュー戦での優勝者の一人となった。

現在はBMWグループ オーストラリアにおいて、オーストラリア国内のイベントで安全運転のインストラクターを務めている。 また、オーストラリアGPでBMWが支援して開催した有名人レースの参加者のためにインストラクターを務めた。

息子マシューも父の後を追いレースの世界に入り、カートのドライバーとして成功を収めている。

受賞歴編集

2004年、アメリカモータースポーツ殿堂入りを果たした。

脚注編集

  1. ^ NEO 創刊号. 日産自動車株式会社 宣伝部. (1992-02-18). pp. pp.10-ff 

外部リンク編集

タイトル
先代:
パトリック・タンベイ
カナディアン-アメリカン・チャレンジカップ チャンピオン
1981
次代:
アル・アンサーJr.
先代:
デレック・ワーウィック
ヤニック・ダルマス
マーク・ブランデル
ル・マン24時間優勝者
1993 with:
クリストフ・ブシュー
エリック・エラリー
次代:
ヤニック・ダルマス
ハーレイ・ヘイウッド
マウロ・バルディ
先代:
クレイグ・ラウンズ
グレッグ・マーフィー
バサースト1000 優勝者
1997 with:
デビッド・ブラバム
次代:
リカルド・リデル
ジム・リチャーズ