メインメニューを開く

ジェフ・ポーツGeoff Portz1934年3月13日[1] - 2016年4月1日[4])は、イギリスプロレスラーウェスト・ヨークシャー州ブラッドフォード出身[1]。生年は諸説あり、1931年[5]または1936年[2]ともされる。

ジェフ・ポーツ
プロフィール
リングネーム ジェフ・ポーツ
パーシー・ネルソン
(Percy Nelson)[1]
OK・シェフ
(OK Chef)[1]
ニックネーム 英国の虎[2]
不死身の旋風[3]
身長 178cm[4] - 185cm[3]
体重 100kg[4] - 112kg[3]
誕生日 1934年3月13日[1]
死亡日 (2016-04-01) 2016年4月1日(82歳没)[4]
出身地 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド
ウェスト・ヨークシャー州
ブラッドフォード[1]
スポーツ歴 レスリング[3] 
デビュー 1951年[1]
テンプレートを表示

ランカシャー・レスリングの名手として活躍した技巧派であり[2]1970年代からはカナダアメリカを主戦場とした。1980年代スコット・マギーリングネームで活動した息子のゲーリー・ポーツも元プロレスラーである[6]

来歴編集

プロ入り以前からレスリングで鳴らし、軍隊ではボクシングのチャンピオンにもなったという[3]1951年のデビュー後は英国を拠点にドイツオーストリアでも活動[1]1957年には英国に初遠征したルー・テーズとも対戦した[3][5]

1959年に英連邦ヘビー級王座を獲得し[7]1964年3月にはビリー・ライレー・ジムの師範代として知られるビリー・ジョイスからブリティッシュ・ヘビー級王座を奪取[8]1966年5月はブリティッシュ・ミッドヘビー級王座にも戴冠している[9]1968年6月には、当時ヨーロッパを外国人選手の招聘ルートとしていた国際プロレスに初来日した[3]

1972年イギリス連邦カナダへ渡り、スチュ・ハートが主宰していたカルガリースタンピード・レスリングに参戦。キラー・トーア・カマタケンドー・ナガサキを下してフラッグシップ・タイトルの北米ヘビー級王座を再三獲得し[10]アブドーラ・ザ・ブッチャーともタイトルを争った[11]1973年1月にはカール・ゴッチのブッキングで新日本プロレスに来日、同じく英国出身のトニー・チャールズと組んでアントニオ猪木と対戦した[12]

日本遠征後の1973年4月より、バーン・ガニア主宰のAWAに参戦、アメリカのマット界への本格的な進出を果たす。ビル・ロビンソンとのベビーフェイスの英国人コンビで活躍し、ニック・ボックウィンクル&レイ・スティーブンスが保持していたAWA世界タッグ王座に再三挑戦[13]、翌1974年にはホースト・ホフマン&バロン・フォン・ラシクを相手に英独タッグ抗争を展開した[14]。以降はアメリカに定着し、太平洋岸北西部テキサスダラス地区などにも出場した。

1975年5月には国際プロレスに再来日、ブッチャー・ブラニガンをパートナーにIWA世界タッグ王座争奪戦に出場したが、1回戦でグレート草津&マイティ井上に敗退した[15]。翌1976年5月は再び新日本プロレスに登場。アントニオ猪木をはじめ坂口征二ストロング小林とシングルマッチで対戦し、ピート・ロバーツとも英国人タッグを組んだ[16]

その後、アメリカでは南部NWAフロリダ地区(エディ・グラハム主宰のCWF)にて活動。キャリア末期の1980年ヒールのポジションに回り、ジャック・ブリスコなどスター選手のジョバーを務める一方、バリー・ウインダムヘクター・ゲレロといった当時の若手選手の壁となった[17]。また、シューターとして知られたゴードン・ネルソンとの試合も、実力者同士のアンダーカードとして頻繁にマッチメイクされた[17]。1980年2月14日のオカラでの興行では女子プロレスラーのウェンディ・リヒターと組み、ネルソン&ファビュラス・ムーラとのミックスド・タッグマッチで勝利を収めている[18]。同年2月19日には、マイク・グラハム藤波辰巳から奪取していたNWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座に挑戦した[19]

2016年4月1日[4]、居住地のオーストラリアにて死去[20]

得意技編集

獲得タイトル編集

ジョイント・プロモーションズ
  • 英連邦ヘビー級王座:1回[7]
  • ブリティッシュ・ヘビー級王座:1回[8]
  • ブリティッシュ・ミッドヘビー級王座:1回[9]
スタンピード・レスリング
  • ノース・アメリカン・ヘビー級王座:4回[10]
  • インターナショナル・タッグ王座:1回(w / Jeff Atcheson)[21]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h Geoff Portz”. Wrestlingdata.com. 2013年11月22日閲覧。
  2. ^ a b c d 週刊ゴング増刊『THE WRESTLER BEST 1000』P303(1996年、日本スポーツ出版社
  3. ^ a b c d e f g h DVD-BOX『国際プロレス クロニクル 上巻』特典付録CD-ROM 国際プロレス全パンフレット「1968年 ビッグ・サマー・シリーズ」(2010年、クエスト)
  4. ^ a b c d e Geoff Portz”. Cagematch.net. 2013年11月22日閲覧。
  5. ^ a b Geoff Portz: Power and Precision”. Wrestling Heritage. 2016年4月16日閲覧。
  6. ^ Scott McGhee”. Online World of Wrestling. 2013年11月22日閲覧。
  7. ^ a b British Empire/Commonwealth Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年11月22日閲覧。
  8. ^ a b British Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年11月22日閲覧。
  9. ^ a b British Mid-Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年11月22日閲覧。
  10. ^ a b Stampede Wrestling North American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年11月22日閲覧。
  11. ^ Abdullah the Butcher vs. Geoff Portz”. Wrestlingdata.com. 2013年11月22日閲覧。
  12. ^ Geoff Portz in NJPW 1973”. Cagematch.net. 2013年11月22日閲覧。
  13. ^ Geoff Portz in AWA 1973”. Cagematch.net. 2013年11月22日閲覧。
  14. ^ Geoff Portz in AWA 1974”. Cagematch.net. 2013年11月22日閲覧。
  15. ^ IWE 1975 Big Challenge Series”. Puroresu.com. 2016年4月17日閲覧。
  16. ^ Geoff Portz in NJPW 1976”. Cagematch.net. 2013年11月22日閲覧。
  17. ^ a b The CWF matches fought by Geoff Portz in 1980”. Wrestlingdata.com. 2013年11月22日閲覧。
  18. ^ CWF 1980/02/14”. Cagematch.net. 2013年11月22日閲覧。
  19. ^ CWF 1980/02/19”. Wrestlingdata.com. 2016年4月17日閲覧。
  20. ^ Tributes paid to Cottingley wrestling legend Geoff Portz who dies aged 84”. Telegraph & Argus. 2016年4月16日閲覧。
  21. ^ Stampede Wrestling International Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年11月22日閲覧。

外部リンク編集