メインメニューを開く

ジェラルド・リー・レアードGerald Lee Laird, 1979年11月13日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ウェストミンスター出身の元プロ野球選手捕手)。

ジェラルド・レアード
Gerald Laird
Gerald Laird on June 6, 2013.jpg
ブレーブス時代(2013年6月6日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ウェストミンスター
生年月日 (1979-11-13) 1979年11月13日(39歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1998年 ドラフト2巡目(全体45位)でオークランド・アスレチックスから指名
初出場 2003年4月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

北海道日本ハムファイターズに所属しているブランドン・レアードは8歳年下の弟[1]

目次

経歴編集

プロ入りとアスレチックス傘下時代編集

1998年MLBドラフトオークランド・アスレチックスから2巡目(全体45位)指名を受ける。ドラフト&フォロー方式により、1年間サイプレス・カレッジCypress College)でプレーした後、1999年6月1日に100万ドルの契約金で入団した[2]

レンジャーズ時代編集

2002年1月14日カルロス・ペーニャマイク・ベナフロとのトレードで、ライアン・ラドウィックら3選手と共にテキサス・レンジャーズに移籍した[3]

2003年4月30日トロント・ブルージェイズ戦でメジャーデビュー。2004年4月には月間最優秀新人に選出される[4]。レンジャーズではなかなかロッド・バラハスの壁を越えることができなかったが、バラハスがチームを去った2007年からは正捕手として起用された。年俸調停の権利を得たレアードは、2008年1月18日に1年160万ドルで契約延長[5]。同年は若手捕手のジャロッド・サルタラマッキアテイラー・ティーガーデンが台頭してきた。

タイガース時代編集

2008年12月8日ギジェルモ・モスコーソら2名とのトレードで、デトロイト・タイガースへ移籍した[6]

2009年1月20日に年俸調停を避けて1年260万ドルで契約延長[5]。タイガースの正捕手を務め、打率は.225ながら盗塁阻止率は両リーグ最高の42%を記録した[7]。同年オフの12月30日にはNBAフェニックス・サンズボストン・セルティックスの試合を観戦中に客席で乱闘騒ぎを起こし、弟のブランドンと共に逮捕されるという失態を犯した[1]

2010年1月19日に1年390万ドルで契約延長。しかし、シーズンでは新人のアレックス・アビラに出場機会を譲ることが多くなった。オフにFAとなった。

カージナルス時代編集

2010年12月14日に1年110万ドルでセントルイス・カージナルスに移籍した[8]

2011年ヤディアー・モリーナのバックアップを務めた。チームはワイルドカードから勝ち上がり、ワールドシリーズを制覇したが、レアードはプレーオフでは4試合に途中出場しただけ(打席に立ったのは1度のみ)だった[9]

タイガース復帰編集

2011年11月18日に1年100万ドルの契約でデトロイト・タイガースに復帰することが決まった。タイガースではリーグ屈指の捕手に成長したアビラのバックアップを務めた[10]

ブレーブス時代編集

2012年11月15日に2年契約でアトランタ・ブレーブスに移籍した[11]

2014年オフにFAとなった。

ダイヤモンドバックス時代編集

2015年2月7日アリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を結んだ[12]4月5日にメジャー契約を結び40人枠入りする。8月24日に解雇となる。

監督時代編集

2016年12月14日デトロイト・タイガースの傘下の1Aコネチカットの監督に就任することが発表された[13]

プレースタイル編集

捕手としての守備防御点は2015年終了時点で+12を記録している[14]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2003 TEX 19 50 44 9 12 2 1 1 19 4 0 0 0 0 5 0 1 11 2 .273 .360 .432 .792
2004 49 168 147 20 33 6 0 1 42 16 0 1 4 3 12 0 2 35 5 .224 .287 .286 .572
2005 13 42 40 7 9 2 0 1 14 4 0 0 0 0 2 0 0 7 1 .225 .262 .350 .612
2006 78 260 243 46 72 20 1 7 115 22 3 1 1 2 12 0 2 54 7 .296 .332 .473 .805
2007 120 448 407 48 91 18 3 9 142 47 6 2 5 4 30 1 2 103 3 .224 .278 .349 .627
2008 95 381 344 54 95 24 0 6 137 41 2 4 4 4 23 2 6 63 5 .276 .329 .398 .727
2009 DET 135 477 413 49 93 23 2 4 132 33 5 0 10 4 40 0 10 68 11 .225 .306 .320 .626
2010 89 299 270 22 56 11 0 5 82 25 3 1 6 2 18 0 3 57 7 .207 .263 .304 .567
2011 STL 37 108 95 11 22 7 1 1 34 12 1 1 2 1 9 3 1 19 3 .232 .302 .358 .660
2012 DET 63 191 174 24 49 8 1 2 65 11 0 0 1 1 14 0 1 21 4 .282 .337 .374 .710
2013 ATL 47 141 121 12 34 8 0 1 45 13 1 1 2 1 14 0 3 23 4 .281 .367 .372 .739
通算:11年 745 2565 2298 302 566 129 9 38 827 228 21 11 31 35 179 6 31 461 52 .246 .307 .360 .667
  • 2013年度シーズン終了時

獲得タイトル・表彰・記録編集

背番号編集

  • 51 (2003年)
  • 6 (2004年 - 2005年)
  • 15 (2006年 - 2008年)
  • 8 (2009年 - 2010年途中)
  • 12 (2010年途中 - 同年終了)
  • 13 (2011年)
  • 9 (2012年)
  • 11 (2013年 - 2014年)
  • 18 (2015年)

脚注編集

  1. ^ a b Beck, Jason(2010-01-04). Laird hopes to clear up arrest matter. MLB.com(英語). 2011年12月4日閲覧
  2. ^ 1998 Draft Picks for Round #2. The Baseball Cube(英語). 2011年12月4日閲覧
  3. ^ Saxon, Mark (2002年1月15日). “A's acquire first base prospect; Oakland gets Pena in six-player deal with the Rangers”. Oakland Tribune 
  4. ^ 2004 Player of the Month winners. MLB.com(英語). 2011年12月4日閲覧
  5. ^ a b Gerald Laird Baseball Stats. The Baseball Cube(英語). 2011年12月4日閲覧
  6. ^ Rangers trade Laird to Tigers for pair of pitchers. USATODAY.com(英語). 2011年10月2日閲覧
  7. ^ 2009 Regular Season MLB Baseball C Fielding Statistics - Major League Baseball. ESPN.com(英語). 2011年12月4日閲覧
  8. ^ Leach, Matthew(2010-12-14). Cardinals sign Laird to be backup catcher. cardinals.com(英語). 2011年12月4日閲覧
  9. ^ Gerald Laird Game By Game Stats and Performance. ESPN.com(英語). 2011年12月4日閲覧
  10. ^ Beck, Jason(2011-11-18). Tigers, Laird reunite with one-year contract. MLB.com(英語).2011年12月4日閲覧
  11. ^ Braves To Sign Gerald Laird MLB Rumors
  12. ^ D-backs add catcher Laird on Minor League deal MLB.com Steve Gilbert 英語 (2015年2月3日) 2015年3月25日閲覧
  13. ^ [1]
  14. ^ Gerald Laird » Statistics » Batting. FanGraphs Baseball(英語). 2016年5月6日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集