メインメニューを開く

ジェラール・ローモン (Gérard Laumon, 1952年 - )はフランス数学者。パリ第XI大学(パリ南大学)教授。専門は数論代数幾何学保型表現論

業績として-進層におけるフーリエ変換-進フーリエ変換を用いて、ヴェイユ予想の別証明を示した。 多項式の複素巾をエタール層の理論として研究した。

幾何的ラングランズ対応の構成の高次元化における貢献。局所ラングランズ予想の部分的証明。関数体上の大域ラングランズ対応への貢献。 ユニタリ群に関するラングランズ基本補題の証明。 有限体上の代数多様体に対してもある種のモース理論を展開した。

略歴編集