メインメニューを開く

ジェリー・スタッブスJerry Stubbs1952年[1] - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラージョージア州アトランタ出身[1]

ジェリー・スタッブス
プロフィール
リングネーム ジェリー・スタッブス
ミスター・オリンピア
ア・シーク
ザ・マタドール
本名 ジェリー・スタッブス
ニックネーム ミスター・パーフェクト
身長 185cm[1] - 186cm[2]
体重 108kg[1] - 112kg[2]
誕生日 1952年????[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジョージア州の旗 ジョージア州アトランタ[1]
デビュー 1975年[1]1970年説もあり[2]
テンプレートを表示

ルイジアナミシシッピなどのミッドサウス・エリアやアラバマを主戦場に、覆面レスラーミスター・オリンピアMr. Olympia)としても活躍した。

来歴編集

ボブ・アームストロングにスカウトされ、1975年アラバマでデビューしたとされる[1]。本名のジェリー・スタッブスJerry Stubbs)をリングネームに、ベビーフェイスのポジションでジョージアミッドアトランティック、ミッドサウス・エリアのトライステート地区など、NWA南部テリトリーを転戦。1978年11月にはトライステート地区にてNWAミシシッピ・ヘビー級王座を獲得したが、1979年5月にマイク・ジョージに奪取されている[3]

1980年ロン・フラーが主宰していたアラバマのSECW(サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング)にて覆面レスラーザ・マタドールThe Matador)に変身、マイク・スターリングスをパートナーにデビッド・シュルツ&デニス・コンドリーからNWAサウスイースタン・タッグ王座を奪取した[4]。その後は素顔に戻り、1981年1月26日にはレス・ソントンに勝利してNWA世界ジュニアヘビー級王者となっている[5]。同年はノーベル・オースチンブラッド・アームストロングスタン・レーンらを下し、SECW認定のNWA USジュニアヘビー級王座も再三獲得した[6]

1982年より再び覆面を被り、その肉体美を活かしたキャラクターのミスター・オリンピアMr. Olympia)に再変身し、トライステート地区の後継団体であるビル・ワット主宰のMSWAに登場。デビュー早々にボブ・オートン・ジュニアを破ってミシシッピ・ヘビー級王座を獲得し、5月5日にはジャンクヤード・ドッグと組んでワイルド・サモアンズからミッドサウス・タッグ王座を奪取[7]。9月26日にもキラー・カーンを下してミシシッピ王座に返り咲くなどの活躍を果たし[3]、久々に現れたベビーフェイスの覆面レスラーとして注目を集めたが、1983年ヒールに転向。以後、タッグパートナーだったジャンクヤード・ドッグとの遺恨戦や、ミスター・レスリング2号とのマスクマン抗争を展開した。

1983年の下期からはベビーフェイスに戻ってSECWに復帰し、8月22日にリック・ハリスを破ってNWAアラバマ・ヘビー級王者となるが、戴冠中にスーパー・オリンピア(正体はアーン・アンダーソン)との覆面剥ぎマッチに敗れ、再び素顔のジェリー・スタッブスとして活動[8]。再度のヒールターンも行い、旧敵アーン・アンダーソンと共闘してタッグチームを結成、1984年1月15日にはトーナメントの決勝でジャック・ルージョー&ジミー・ゴールデンを下し、空位となっていたNWAサウスイースタン・タッグ王座を獲得した[4]

以降もアメリカではアラバマ地区に定着し、SECWから改称したCCW(コンチネンタル・チャンピオンシップ・レスリング)およびCWF(コンチネンタル・レスリング・フェデレーション)にて活動、1986年5月12日にはロバート・フラーからコンチネンタル・ヘビー級王座を奪取している[9]。同年10月、ミスター・オリンピアとして全日本プロレスに初来日[10]。10月16日の下関大会では、当時ヒロ斎藤が保持していた世界ジュニアヘビー級王座への挑戦権をかけて小林邦昭と対戦した[11]。全日本プロレスには翌1987年1月にも、ア・シークA Sheik)なるアラブ人ギミックのヒールに変身して再来日し、タイガー・ジェット・シンのパートナーを務めている[1][12]

主戦場のアラバマではダーティ・ホワイト・ボーイことトニー・アンソニーを新パートナーに、1986年11月から1988年12月にかけて、コンチネンタル・タッグ王座および後継タイトルのCWFタッグ王座を再三獲得[13]。王座を巡りボブ&ブラッドのアームストロング親子とも抗争したが、1989年のCWFの活動停止に伴い、自身も現役を引退した。

リタイア後は南部のインディー団体に時折出場し、1996年5月10日にはジョージア州のNGWAにミスター・オリンピアとして登場、マスクド・スーパースターとの覆面レスラー同士のレジェンド対決が行われた[14]。近年では2010年11月19日、アラバマ州バーミングハムの "Wrestle Birmingham" で行われたボブ・アームストロング対ジミー・ゴールデン戦の特別レフェリーを務めた[13]

得意技編集

獲得タイトル編集

NWAトライステート / MSWA
SECW / CCW / CWF

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P83(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b c Jerry Stubbs”. Cagematch.net. 2014年3月31日閲覧。
  3. ^ a b c NWA Tri-State & MSWA Mississippi Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月10日閲覧。
  4. ^ a b c NWA Southeastern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月10日閲覧。
  5. ^ a b NWA World Junior Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月10日閲覧。
  6. ^ a b NWA United States Junior Heavyweight Title: Southeast/Continental version”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月10日閲覧。
  7. ^ a b Mid-South Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月10日閲覧。
  8. ^ a b NWA Alabama Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月10日閲覧。
  9. ^ a b Continental Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月10日閲覧。
  10. ^ The AJPW matches fought by Jerry Stubbs in 1986”. Wrestlingdata.com. 2015年3月7日閲覧。
  11. ^ AJPW Giant Series 1986 - Tag 10”. Cagematch.net. 2015年3月7日閲覧。
  12. ^ The AJPW matches fought by Jerry Stubbs in 1987”. Wrestlingdata.com. 2015年3月7日閲覧。
  13. ^ a b Jerry Stubbs”. Online World of Wrestling. 2012年1月10日閲覧。
  14. ^ NGWA (1996/05/10)”. Cagematch.net. 2014年3月31日閲覧。
  15. ^ NWA Tri-State & MSWA Louisiana Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月10日閲覧。
  16. ^ Continental Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月10日閲覧。
  17. ^ CWF Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月10日閲覧。

外部リンク編集