ジェルダン・シャチリ

スイスのサッカー選手

ジェルダン・シャチリXherdan Shaqiri, 1991年10月10日 - )は、ユーゴスラビア(現コソボ)、コソボ自治州ジラン出身のプロサッカー選手MLSシカゴ・ファイアーFC所属。スイス代表。ポジションはミッドフィールダー

ジェルダン・シャチリ Football pictogram.svg
Xherdan Shaqiri 2018.jpg
スイス代表でのシャチリ(2018年)
名前
愛称 リトルシャック
カタカナ ジェルダン・シャチリ
ラテン文字 Xherdan Shaqiri
基本情報
国籍 スイスの旗 スイス
コソボの旗 コソボ
アルバニアの旗 アルバニア
生年月日 (1991-10-10) 1991年10月10日(30歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア ジラン
身長 169cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム アメリカ合衆国の旗 シカゴ・ファイアーFC
ポジション MF (RMF)
背番号 10
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2012 スイスの旗 FCバーゼル 92 (18)
2012-2015 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 52 (11)
2015 イタリアの旗 インテル・ミラノ(loan) 15 (1)
2015-2018 イングランドの旗 ストーク・シティFC 84 (15)
2018-2021 イングランドの旗 リヴァプールFC 45 (7)
2021-2022 フランスの旗 オリンピック・リヨン 11 (2)
2022- アメリカ合衆国の旗 シカゴ・ファイアーFC
代表歴2
2007-2008  スイス U-17 10 (0)
2008-2009  スイス U-18 5 (0)
2009  スイス U-19 5 (3)
2009-2011  スイス U-21 7 (1)
2011- スイスの旗 スイス 100 (26)
1. 国内リーグ戦に限る。2022年2月11日現在。
2. 2021年11月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

スイス国籍だが、民族的にはアルバニア人である。セルビア・クロアチア語での表記はDžerdan Šaćiri(Џердан Шаћири)となる。ドイツ語での発音に近い「シャキリ」の表記も見られるが、アルバニア語での発音はシャチーリに近い。

クラブ経歴編集

アルバニア人の両親のもとに生まれ、幼くしてコソボからスイスのバーゼルに移住する。2001年にFCバーゼルの下部組織に入団。2009年1月2日、バーゼルとプロ契約を結び、7月12日FCザンクト・ガレン戦でプロデビュー。11月9日、ヌーシャテル・ザマックス戦で初ゴールを記録した。

2011-12シーズンのUEFAチャンピオンズリーグマンチェスター・ユナイテッドを破りグループリーグ突破に貢献するなど、国外の強豪からの注目を集め、ガラタサライなどから接触があったが、2012年2月、バイエルン・ミュンヘンと2016年までの契約を結び、2011-12シーズン終了後の完全移籍が決定した[1]。移籍金は1,200万ユーロ(約12億3000万円)前後とされている[2]

バイエルンではアリエン・ロッベンフランク・リベリーの控えで出場機会を得られなかったため、2015年1月インテル・ミラノへシーズン終了までの期限付き移籍を発表した[3]

インテル移籍当初は輝きを見せたものの、徐々に輝きを失っていった。2015-16シーズン開幕前には、ロベルト・マンチーニ監督の構想から外れ、ドイツのシャルケ移籍が近づいたが、結果的にイングランドのストーク・シティFCへの移籍が決定。

2018年7月、リヴァプールFCへ移籍。地元メディアでは移籍金は1,350万ポンド、5年間の契約と報じられた[4]。プレミアリーグ17節のマンチェスター・ユナイテッド戦では1-1のなか、後半途中から出場し2ゴールを決め、チームを3-1での勝利に導いた[5]チャンピオンズリーグ準決勝FCバルセロナ戦セカンドレグでは負傷者の続出で先発のチャンスを得て、ジョルジニオ・ワイナルドゥムのゴールをアシストしリヴァプールの逆転での決勝進出に貢献した[6]

2019-20シーズン、12月4日のエヴァートンとのマージーサイド・ダービーでシーズン初ゴールを決め、5-2での勝利に貢献[7]

2021年8月23日、オリンピック・リヨンに移籍金600万(最大で500万ユーロのボーナス)で完全移籍し、3年契約を結んだ[8][9]

2022年2月10日、シカゴ・ファイアーFCと2024年までの契約を締結した[10]

代表歴編集

スイス代表としてはユースで代表に呼ばれ、2010年にはウルグアイとの親善試合でA代表デビュー。2010 FIFAワールドカップにおけるグループリーグの対ホンジュラス戦にて、ワールドカップ初出場を果たした。

2010年9月7日のEURO2012予選イングランド戦で代表初ゴールを記録。2011年9月6日のUEFA欧州選手権2012予選ブルガリア戦ではおよそ1年ぶりの得点を上げると、さらに2得点を重ねハットトリックを達成し、勝利に貢献した。

2014 FIFAワールドカップグループリーグの対ホンジュラス戦でハットトリックを達成し、スイスのグループリーグ突破に貢献した[11]

2016年、UEFA EURO 2016では決勝トーナメント1回戦のポーランド戦でオーバーヘッドでゴールを挙げ、MOMに選ばれたが、PK戦の末に敗れた[12]

2018 FIFAワールドカップに出場し、グループリーグ第2節のセルビア戦でゴールを挙げたが、アルバニア国旗の「双頭の鷲」をイメージさせるパフォーマンスが政治的メッセージにあたるとされ、FIFAから罰金処分を下された[13]。2021年、ユーロ2020ではグループリーグ第2戦のトルコ戦で2ゴールを決め、チームに大会初勝利をもたらした[14]。準々決勝のスペイン戦でも1ゴールを挙げたが、チームは延長PKで敗れた[15]

個人成績編集

クラブでの成績編集

クラブ シーズン リーグ リーグ戦 カップ戦 リーグ杯 国際大会 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
バーゼル 2009–10 スーパーリーグ 32 4 5 1 - 10 2 0 0 47 7
2010–11 29 5 2 0 - 11 2 0 0 42 7
2011-12 31 9 4 0 - 6 0 0 0 41 9
通算 92 18 11 1 - 27 4 0 0 130 23
バイエルン・ミュンヘン 2012-13 ブンデスリーガ 26 4 5 3 - 7 1 1 0 39 8
2013-14 17 6 3 1 - 4 0 3 0 27 7
2014-15 9 1 1 0 - 4 1 1 0 15 2
通算 52 11 9 4 - 15 2 5 0 81 17
インテル 2014-15 セリエA 15 1 2 1 - 3 1 0 0 20 3
通算 15 1 2 1 - 3 1 0 0 20 3
ストーク・シティ 2015-16 プレミアリーグ 27 3 1 0 4 0 - 0 0 32 3
2016-17 21 4 1 0 0 0 - 0 0 22 4
2017-18 36 8 1 0 1 0 - 0 0 38 8
通算 84 15 3 0 5 0 - 0 0 92 15
リヴァプール 2018-19 プレミアリーグ 24 6 1 0 1 0 4 0 0 0 30 6
2019-20 7 1 0 0 0 0 1 0 3 0 11 1
2020-21 14 0 2 0 1 1 5 0 0 0 22 1
通算 45 7 3 0 2 1 10 0 3 0 63 8
総通算 288 52 28 6 7 1 55 7 8 0 386 66
クラブ シーズン リーグ リーグ戦 合計
出場 得点 出場 得点
バーゼルⅡ 2007-08 1. Liga 2 0 2 0
2008-09 17 8 17 8
総通算 19 8 19 8


代表での成績編集


スイス代表国際Aマッチ
出場得点
2010 9 1
2011 8 3
2012 7 3
2013 6 1
2014 12 7
2015 9 2
2016 8 1
2017 9 2
2018 11 2
2019 2 0
2020 4 0
2021 10 4
通算 96 26

代表での得点編集

# 開催日 開催地 対戦国 スコア 結果 大会
1. 2010年9月7日   バーゼル   イングランド
1–2
1–3
UEFA EURO 2012予選
2. 2011年9月6日   バーゼル   ブルガリア
1–1
3–1
3.
2–1
4.
3–1
5. 2012年2月29日   ベルン   アルゼンチン
1–1
1–3
親善試合
6. 2012年9月11日   ルツェルン   アルバニア
1–0
2–0
2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
7. 2012年11月14日   スース   チュニジア
1–2
1–2
親善試合
8. 2013年10月11日   ティラナ   アルバニア
0–1
1–2
2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
9. 2014年6月3日   ルツェルン   ペルー
2–0
2–0
親善試合
10. 2014年6月25日   マナウス   ホンジュラス
0–1
0–3
2014 FIFAワールドカップ
11.
0-2
12.
0-3
13. 2014年10月14日   セラヴァッレ   サンマリノ
0–4
0–4
UEFA EURO 2016予選
14. 2014年11月15日   ザンクト・ガレン   リトアニア
3–0
4–0
15.
4–0
16. 2015年6月10日   トゥーン   リヒテンシュタイン
2–0
2–0
親善試合
17. 2015年6月14日   ヴィリニュス   リトアニア
1–2
1–2
UEFA EURO 2016予選
18. 2016年6月25日   サン=テティエンヌ   ポーランド
1–1
1–1
(PK 4-5)
UEFA EURO 2016
19. 2017年6月1日   ヌーシャテル   ベラルーシ
1–0
1–0
親善試合
20. 2017年6月9日   トースハウン   フェロー諸島
0–2
0–2
2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
21. 2018年6月22日   カリーニングラード   セルビア
1–2
1–2
2018 FIFAワールドカップ
22. 2018年9月8日   ザンクト・ガレン   アイスランド
3–0
6–0
UEFAネーションズリーグ2018-19

タイトル編集

クラブ編集

FCバーゼル
バイエルン・ミュンヘン
リヴァプール

個人編集

  • UEFA EURO2016 ベストゴール賞
  • UEFA ネーションズリーグFinals ベストイレブン 2019

脚注編集

  1. ^ Bayern secure Shaqiri signing”. Sky Sports. 2012年2月10日閲覧。
  2. ^ バーゼルのシャキリ、来季からバイエルンへ”. UEFA.com. 2012年2月9日閲覧。
  3. ^ インテルがスイス代表MFシャキリを獲得”. 日刊スポーツ. 2015年1月9日閲覧。
  4. ^ サッカー=リバプール、スイス代表シャキリを長期契約で獲得”. ロイター (2018年7月14日). 2018年7月14日閲覧。
  5. ^ リバプールが伝統のダービーで“圧勝”! 完敗のマンUはポグバがまたもベンチで SD WEB 2018年12月17日
  6. ^ リヴァプールが奇跡の大逆転! 4得点でバルサを粉砕、2季連続の決勝進出”. サッカーキング (2019年5月8日). 2019年5月31日閲覧。
  7. ^ “Liverpool 5-2 Everton: Marco Silva sees pressure build after derby loss”. (2019年12月4日). https://www.bbc.com/sport/football/50568387 2019年12月5日閲覧。 
  8. ^ “XHERDAN SHAQIRI À L’OL JUSQU’AU 30 JUIN 2024”. (2021年8月23日). https://www.ol.fr/fr-fr/contents/Articles/2021/08/23/communique-arrivee-shaqiri 2021年8月24日閲覧。 
  9. ^ ジェルダン・シャチリ選手がリヨンへ完全移籍”. リヴァプールFC (2021年8月24日). 2021年8月24日閲覧。
  10. ^ Chicago Fire FC Acquire Switzerland International Xherdan Shaqiri as Designated Player” (英語). Chicago Fire FC (2022年2月10日). 2022年2月11日閲覧。
  11. ^ シャキリがハットトリック、スイスが2大会ぶり16強…ホンジュラスは敗退”. SOCCERKING (2014年6月26日). 2018年6月26日閲覧。
  12. ^ オーバヘッドで同点弾のスイスMFシャキリ、敗戦悔やむも「誇らしい」”. サッカーキング (2016年6月26日). 2021年7月15日閲覧。
  13. ^ “大惨事”回避…スイスのシャキリら3選手は罰金処分のみ”. ゲキサカ (2018年6月26日). 2018年6月27日閲覧。
  14. ^ シャキリ左右で2発も…スイスは得失点差で及ばず3位通過の結果待ち”. ゲキサカ (2021年6月21日). 2021年6月21日閲覧。
  15. ^ 2戦連続延長もスペインがPK戦制して準決勝進出、守護神ゾンマー躍動の10人スイスは奮闘も敗退”. 超ワールドサッカー (2021年7月3日). 2021年7月3日閲覧。

外部リンク編集