メインメニューを開く

ジェレミー・ハントJeremy Hunt1966年11月1日 - )は、イギリス政治家保守党所属の庶民院議員。2005年の総選挙で初当選。第1次キャメロン内閣で文化・オリンピック・メディア・スポーツ担当閣内相を務める(2010年から2012年)。その後第1次メイ内閣および第2次メイ内閣で保健相(2012年から2018年)を務めた後、2018年7月9日より外務・英連邦大臣を務めている(現職)。2019年、メイ首相の保守党党首退任表明を受けて、保守党党首選挙への立候補を表明した。

ジェレミー・ハント
Jeremy Hunt
Jeremy Hunt Official.jpg
ジェレミー・ハント
生年月日 (1966-11-01) 1966年11月1日(52歳)
出生地 イギリスの旗 イギリスサリーGodalming
出身校 オックスフォード大学
所属政党 保守党

内閣 第2次メイ内閣
在任期間 2018年7月9日 -

内閣 第1次キャメロン第1次改造内閣
第1次キャメロン第2次改造内閣
第2次キャメロン内閣
第1次メイ内閣
第2次メイ内閣
在任期間 2012年9月4日 - 2018年7月9日

イギリスの旗 文化・オリンピック・メディア・スポーツ担当閣内相
内閣 第1次キャメロン内閣
在任期間 2010年5月11日 - 2012年9月4日

在任期間 2007年7月2日 - 2010年5月11日

選挙区 南西サリー選挙区
当選回数 4回
在任期間 2005年5月5日 -
テンプレートを表示

1990年(平成2年)から2年間、日本英語教師を務めた経歴を有し、また、日本語の堪能な話者であり、モダン日本文化愛好家である。

目次

政治経歴編集

オックスフォード大学在学中から保守党を支持しており、党員として長い活動歴を誇る。また、実業家としても幼少時からの親友Mike Elmsと共に起業した教育関係メディアで成功を収めている。

労働党のブレア政権下で行われた、2005年の総選挙で下院議員に初当選。当時野党の保守党党首選(2005年12月)に立候補したデービッド・キャメロンを支援したことで、党首に就任した後のキャメロンから重用され、2005年から影の内閣で、障害者担当閣外相、2007年から影の内閣文化・メディア・スポーツ担当閣内相を務めた。

保守党の政権奪取後、2010年に文化・オリンピック・メディア・スポーツ担当相に任命された。この役職は2012年のロンドンオリンピックを主管するものだったが、実業界での経験も十分に生かしこの大会を成功裡に終了させ、英国の国威発揚、景気浮揚に著しい貢献を果たした。

2012年4月10日味の素ナショナルトレーニングセンターを訪れ、吉田沙保里伊調馨北島康介らを激励した。

2012年から2018年までは、デーヴィッド・キャメロンおよびテリーザ・メイ首相の下で保健大臣を務めた。

2018年7月9日ボリス・ジョンソンの辞任を受けて外務・英連邦大臣に任命された[1]

ブレグジットへのスタンス編集

2016年に行われたBrexitに関する国民投票では、残留派の中心メンバーであった。[2]

その後、メイ首相の政権の閣僚として、国民投票の結果を尊重する政治スタンスを採っている。

私生活編集

2009年に中国西安市出身のルシア夫人と結婚し、一男二女をもうけている[3][4]2018年7月30日に訪中した際、妻を「日本人です」と言い間違え、様々な憶測を呼んだ。2019年の旧正月のメッセージでは、改めて「私の妻は日本人ではなく中国人」と紹介している[5]

注釈・典拠編集

外部リンク編集