メインメニューを開く

ジェレミー・ブライヒJeremy Bleich, 1987年6月18日 - )は、アメリカ合衆国ルイジアナ州ジェファーソン郡メテリー出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBフィラデルフィア・フィリーズ傘下所属。

ジェレミー・ブライヒ
Jeremy Bleich
フィラデルフィア・フィリーズ (マイナー)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ルイジアナ州ジェファーソン郡メテリー
生年月日 (1987-06-18) 1987年6月18日(32歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 MLBドラフト1巡目追補
初出場 2018年7月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入りとヤンキース傘下時代編集

2008年MLBドラフト1巡目追補(全体44位)でニューヨーク・ヤンキースから指名され、プロ入り。契約後、傘下のA-級スタテンアイランド・ヤンキースでプロデビューし、1試合に登板。

2009年はまずA+級タンパ・ヤンキースでプレーし、14試合に先発登板して6勝4敗、防御率3.40、57奪三振を記録した。6月末にAA級トレントン・サンダーに昇格。13試合に先発登板して3勝6敗、防御率6.65、60奪三振を記録した。

2010年はAA級トレントンでプレー。8試合に先発登板して3勝2敗、防御率4.79、26奪三振を記録したが、シーズン中盤に左肩上唇の手術のため離脱した[1]

2011年はリハビリのためシーズンを棒に振った。

2012年はルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ヤンキースで復帰。3試合(先発2試合)に登板した。7月からA-級スタテンアイランドに昇格し、5試合(先発4試合)に登板。7月下旬からA+級タンパで8試合(先発2試合)に登板した。

2013年はAA級トレントンでプレーし、27試合(先発4試合)に登板して2勝1敗2セーブ、防御率2.76、57奪三振を記録した。

2014年はAA級トレントンとAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースでプレーし、2球団合計で26試合(先発20試合)に登板して5勝10敗、防御率4.31、92奪三振を記録した。オフの11月4日にFAとなった。

パイレーツ傘下時代編集

2014年11月18日にピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約を結び、2015年スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった。

2015年は傘下のA+級ブレイデントン・マローダーズ、AA級アルトゥーナ・カーブ、AAA級インディアナポリス・インディアンスでプレーし、3球団合計で39試合に登板して1勝2敗5セーブ、防御率2.88、42奪三振を記録した。オフの11月6日にFAとなった[2]

フィリーズ傘下時代編集

2016年1月25日にフィラデルフィア・フィリーズとマイナー契約を結んだ。この年は傘下のAA級レディング・ファイティン・フィルズとAAA級リーハイバレー・アイアンピッグスでプレーし、2球団合計で30試合(先発1試合)に登板して4勝2敗1セーブ、防御率4.04、24奪三振を記録した。7月16日に自由契約となった[2]

独立リーグ時代編集

2016年7月28日に独立リーグアトランティックリーグサマセット・ペイトリオッツと契約[3]。17試合に登板して2勝2敗、防御率2.45、28奪三振を記録した。

また、8月26日に第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)予選のイスラエル代表に選出された。この予選4組において決勝戦でイギリスに勝利し、本大会初出場を決めた。

2017年1月18日に第4回WBC本戦のイスラエル代表に選出された[4]

2月11日にアリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を結んだが、3月29日に自由契約となった。その後、サマセットに復帰し、2試合に登板した。

ドジャース傘下時代編集

2017年4月29日にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだ。この年は傘下のAA級タルサ・ドリラーズとAAA級オクラホマシティ・ドジャースでプレーし、2球団合計で38試合に登板して5勝4敗3セーブ、防御率3.77、52奪三振を記録した。オフの11月6日にFAとなった[2]

アスレチックス時代編集

2018年1月9日にオークランド・アスレチックスとマイナー契約を結んだ[2]。シーズンでは開幕を傘下のAAA級ナッシュビル・サウンズで迎え、7月13日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[5]。同日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦でメジャーデビューを果たした[6]。AAA級ナッシュビル降格後の8月6日にマイク・ファイヤーズの加入に伴ってDFAとなり[7]、10日にマイナー契約に変更された(そのままAAA級ナッシュビルに所属)。オフの11月2日にFAとなった[2]

フィリーズ傘下復帰編集

2018年12月21日にフィリーズとマイナー契約を結び、2019年スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[8]

詳細情報編集

脚注編集

  1. ^ Yankees Prospect Jeremy Bleich Headed for Shoulder Sugery” (英語). bleacher report (2010年5月22日). 2013年12月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e MLB公式プロフィール参照。2019年2月21日閲覧。
  3. ^ Somerset Patriots Add LHP Jeremy Bleich” (英語). Somerset Patriots.com (2016年7月28日). 2018年7月22日閲覧。
  4. ^ Kelly, Fuld Among Players Confirmed for Team Israel WBC Israel Association of Baseball - האיגוד הישראלי לבייסבול (英語) (2017年1月18日) 2018年7月22日閲覧
  5. ^ Athletics' Jeremy Bleich: Called up Friday” (英語). CBS Sports (2018年7月13日). 2018年7月22日閲覧。
  6. ^ Oakland Athletics at San Francisco Giants Box Score, July 13, 2018” (英語). Baseball-Reference.com. 2018年7月22日閲覧。
  7. ^ Eric He (2018年8月6日). “A's get Fiers from Tigers for players to be named” (英語). MLB.com. 2018年8月7日閲覧。
  8. ^ Phillies' Jeremy Bleich: Inks deal with Phillies” (英語). CBS Sports (2018年12月21日). 2019年2月21日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集