ジェローラマ・オルシーニ

ジェローラマ・オルシーニGerolama Orsini, 1504年 - 1590年)は、パルマ公ピエール・ルイージ・ファルネーゼの妻。名前はジローラマGirolama Orsini)と表記される場合もある。

ジェローラマ・オルシーニ
Gerolama Orsini
パルマ公
Ritratto di principessa Farnese - Galleria nazionale di Parma.jpg
在位 1545年 - 1547年

出生 1504年
Flag of the Papal States (pre 1808).svg 教皇領ローマ
死去 1590年
Flag of the Duchy of Parma.svg パルマ公国ピアチェンツァパラッツォ・ファルネーゼ英語版
埋葬 Flag of the Duchy of Parma.svg パルマ公国パルマサンタ・マリーア・デッラ・ステッカータ聖堂英語版
結婚 1519年 ヴァレンターノ
配偶者 パルマ公ピエール・ルイージ・ファルネーゼ
子女 アレッサンドロ
ヴィットーリア
オッターヴィオ
ラヌッチョ
オラーツィオ
家名 オルシーニ家
父親 ロドヴィーコ・オルシーニ
母親 ジュリア・コンティ
テンプレートを表示

生涯編集

ロドヴィーコ・オルシーニと妻ジュリア・コンティの娘としてローマに生まれた。後に教皇パウルス3世となるアレッサンドロ・ファルネーゼ枢機卿の息子ピエール・ルイージと1513年婚約、1519年ヴァレンターノで結婚[1]

愛のない結婚だったにもかかわらず、ジェローラマは誠実で献身的な妻であり、ピエール・ルイージの不貞行為、暴力、体面を保つための浪費に耐えた[1]。1534年岳父が教皇に選出されると、夫は同年に教会軍総司令官に任命された。さらに1537年カストロ公、1545年パルマ及びピアチェンツァ公に叙爵されたが、1547年暗殺された。

ジェローラマは1590年ピアチェンツァパラッツォ・ファルネーゼ英語版で死去した[1]。遺体はサンタ・マリーア・デッラ・ステッカータ聖堂英語版に葬られた。

夫との間に5人の子があった。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c van de Pas, Leo. “Gerolama Orsini”. Genealogics.org. 2013年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月25日閲覧。