ジェントリフィケーション

ジェントリフィケーション(英語: gentrification)とは、ある地域における居住者の階層の上位化とともに、建物の改修やクリアランスの結果としての居住空間の質の向上が進行する現象のことである[1]

ニューヨークソーホーでかつて倉庫や工場に使われていたキャストアイアン建築。都心の廃屋となっていたが、1950年代以降の画家・ミュージシャン・詩人などの流入でカウンターカルチャーの中心地となった。彼らの文化やボヘミアニズムにあこがれたヤッピーなど若い富裕層の流入で高級アパートや高級レストランが増え家賃が上がり、1980年代以降高級住宅地と化し古くからの住民も芸術家も転出を余儀なくされた。

経緯編集

ジェントリフィケーションはロンドンで初めて確認され[2]、1964年にルース・グラス英語版により初めて言及された[注釈 1][1]。その地域では居住者の階層が労働者階級から中間階級に移行するとともに、伝統建築物の価値上昇や、粗末な住宅の高級な住宅への建て替えなどが起こっていた[3]

その後世界中でジェントリフィケーションが発生していった[4]

影響編集

1970年代ではインナーシティの再生と言われ[2]、ジェントリフィケーションに対する期待も高かった[5]。富裕層や経済活動が郊外移転していた先進国の大都市中心部では低所得者、高齢者、移民が集中していたことから、ジェントリフィケーションに伴う都心回帰の結果、都心部の人口のバランスの改善や地域の再活性化が起こった[6]。しかし、問題点として立ち退きがあり、特に低所得者や高齢者などがその対象となった[7]。ジェントリフィケーションに伴う家賃上昇の結果、居住環境の悪い場所への転居を余儀なくされ、地域コミュニティの崩壊やホームレスの発生を引き起こすこともある[8]

原因編集

ジェントリフィケーションの発生原因は2つあり、一方は、新中間階級によるインナーシティにおける住宅の再評価と移動であり、デイヴィッド・レイ英語版などが主張している[注釈 2][1]。他方はインナーシティにおける地代低下を利用し、開発による利潤確保を目的とした資本回帰で(地代格差論による説明)、ニール・スミスなどが主張した[注釈 3][1]

事例編集

日本においては、2000年代以降の東京都の都心部や湾岸地区で顕著である。再開発により旧来の住宅地が再開発され、高級マンションや高層オフィスに変貌している。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ Glass, R. (1964). “Aspects of change”. In Centre for Urban Studies. Aspects of Change. MacGibon. pp. 13-42 
  2. ^ Ley, D. (1996). The new middle class and the remaking of the central city. Oxford University Press 
  3. ^ Smith, N. (1996). The new urban frontier: Gentrification and the revanchist city. Routledge 

出典編集

  1. ^ a b c d 藤塚 2014, p. 118.
  2. ^ a b 藤塚 1994, p. 496.
  3. ^ 藤塚 1994, p. 497.
  4. ^ 藤塚 1994, p. 512.
  5. ^ 藤塚 1994, p. 501.
  6. ^ 藤塚 1994, pp. 497-498.
  7. ^ 藤塚 1994, pp. 498-499.
  8. ^ 藤塚 1994, pp. 499-500.

参考文献編集

  • 藤塚吉浩ジェントリフィケーション 海外諸国の研究動向と日本における研究の可能性」『人文地理』第46巻第5号、1994年、 496-514頁。
  • 藤塚吉浩「ジェントリフィケーション」『よくわかる都市地理学』藤井正・神谷浩夫、ミネルヴァ書房、2014年、118-119頁。ISBN 978-4-623-06723-7