ジェームス・ダグラス

ジェームス・ダグラスJames Douglas1960年4月7日 - )は、アメリカ合衆国男性プロボクサーオハイオ州コロンバス出身。“バスター”(破壊者)のニックネームで呼ばれる。

ジェームス・ダグラス
基本情報
本名 ジェームス・ダグラス
通称 バスター(Buster)
階級 ヘビー級
身長 192cm
リーチ 211cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1960-04-07) 1960年4月7日(61歳)
出身地 オハイオ州コロンバス
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 46
勝ち 38
KO勝ち 25
敗け 6
引き分け 1
無効試合 1
テンプレートを表示
ジェームス・ダグラス

父:ビル・ダグラス(Billy Douglas)もミドル級の元世界ランカーで来日経験のある親子ボクサーでもあった。

1990年2月11日、東京ドームで当時無敗のWBAWBCIBF世界ヘビー級王者マイク・タイソンからKO勝ちで王座を奪取した[1]

来歴編集

高校とコミュニティ・カレッジではバスケットボールの選手だった。

1981年5月31日、21歳でプロボクシングデビュー。

1987年5月30日、空位のIBF世界ヘビー級王座をトニー・タッカーと争い、10回TKO負け。

1990年2月11日、マイク・タイソンの持つWBAWBC・IBF世界ヘビー級王座に挑戦し、10回KO勝ちで王座を獲得(マイク・タイソン 対 ジェームス・ダグラス戦)。リングマガジン アップセット・オブ・ザ・イヤーに選出された。強打で恐れられたタイソンに勇気を持って立ち向かい、タイソンを初めて破った選手となった。しかしこの試合はダグラスがダウンした際に実質13秒のロングカウントが為されたとされ、試合後に法廷闘争に発展。「疑惑のロングカウント」によりダグラス自身もボクサーとして正当な評価を得られなかった。タイソン戦を巡っての法廷闘争は後に1度目の引退後に至るまで深刻な精神的ダメージを与えた。ダグラスは当時を「私はチャンピオンになったが、それは悪夢だった」と振り返っている[2][3]

1990年2月23日、プロレス団体のWWE(当時WWF)に特別レフェリーとして出演。試合を裁いた。元々はタイソンが特別レフェリーを務める予定だったが、KO負けしたことでダグラスが代わりを務めることになった。

タイソンとプロモーターのドン・キングが再戦を要求したが、ダグラスはその要求を断ってイベンダー・ホリフィールドと対戦することを選択した。

1990年10月25日、イベンダー・ホリフィールドに3回KO負けし、王座から陥落。試合後に1度目の引退を表明する。ダグラスはこの試合で2460万ドルのファイトマネーを稼いだ[2]。番狂わせで世界チャンピオンに上り詰めたことで環境が激変し、コンディション調整の失敗も理由であった。この敗戦でダグラスの評価は一段と下がり、メディアでは「まぐれでタイソンに勝った男」と評されるようになった。

引退後に体重が400ポンド(約180キロ)近くに達し、うつ病を発症。これに加えアルコール依存症となり糖尿病も併発した。一時は生死をさまようほど病状が悪化し、ダグラスは当時を「人生に無関心だった」と振り返っている[2]。このためトレーニングを再開。

1996年6月22日、6年ぶりに現役復帰し、復帰戦から6連勝を記録。

1998年6月25日、ルー・サバリースとのマイナータイトルのIBAヘビー王座決定戦で、3度のダウンを奪われ初回KO負け。

1999年、2度目の引退。

現在は現役時代に患った糖尿病と向き合いながら、出身地のオハイオ州コロンバスのコミュニティーセンターでボクシングのインストラクターをしている[2]

戦績編集

  • プロボクシング: 46戦 38勝(25KO) 6敗 1分 1NC

獲得タイトル編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
マイク・タイソン
WBA世界ヘビー級王者

1990年2月11日 - 1990年10月25日

次王者
イベンダー・ホリフィールド
前王者
マイク・タイソン
WBC世界ヘビー級王者

1990年2月11日 - 1990年10月25日

次王者
イベンダー・ホリフィールド
前王者
マイク・タイソン
IBF世界ヘビー級王者

1990年2月11日 - 1990年10月25日

次王者
イベンダー・ホリフィールド