メインメニューを開く

ジェームズ・ティエン田俊James Tien、1942年5月28日 - )は、香港の俳優。主にブルース・リージャッキー・チェンサモ・ハン・キンポーなどのカンフーアクション作品に出演した。

ジェームズ・ティエン
中国語 田俊
漢語拼音 Tián Jùn
粤拼 Tin4 Zeon3
生誕 (1942-05-28) 1942年5月28日(77歳)
広東省潮安県(現・潮州市
英語名 James Tien
職業 俳優
テンプレートを表示

来歴編集

1942年広東省潮安県(現・潮州市)に生まれ、1958年に家族と香港に移住した。 そしてアンジェラ・マオフィリップ・クォックとともに台北国立台湾戯曲学院に入学。

1960年頃にショウ・ブラザーズに入社し、1969年ロー・ウェイ監督の映画『虎膽(Raw Courage)』で初の大役を務める。

それから多くのショウ・ブラザーズ作品に出演し、1970年頃にゴールデン・ハーベスト(嘉禾)に移籍し、ブルース・リー主演映画『ドラゴン危機一発』(1971年)でリーのいとこを演じる。

その後、同じくリー主演作品『ドラゴン怒りの鉄拳』(1972年)に出演。

引き続き1974年ジョン・ウー監督の『ジャッキー・チェンの秘龍拳/少林門』で後の"ゴールデン・トリオ"ジャッキー・チェンサモ・ハン・キンポーユン・ピョウと初共演。

1977年からは、サモ・ハン・キンポーの初監督作品『少林寺怒りの鉄拳』、ジャッキー・チェンの初監督作品「クレージーモンキー 笑拳』(1979年)などで脇役や悪役などを演じた。

1991年にはアンディ・ラウの作品に出演し、1996年の『運財五福星』を最後に俳優業を引退した。

主な出演作品編集