ジェームス・プラディエ

フランスの彫刻家

ジェームズ・プラディエと名乗ったジャン=ジャック・プラディエ(James Pradier、本名:Jean-Jacques Pradier、1790年5月23日 - 1852年6月4日)はスイス生まれのフランスの彫刻家である。

ジェームズ・プラディエ
James Pradier
Jean Jacques Pradier (IW 03-1855 S 220).jpg
1855年の出版物"llustrirte Welt"の肖像画
生誕1790年5月23日
スイスジュネーヴ
死没1852年6月4日
フランスの旗 フランス共和国リュエイユ=マルメゾン

略歴編集

ジュネーヴで、プロテスタントのフランスからの難民の息子に生まれた。兄にフランスで版画家として活躍するようになるシャルル=シモン・プラディエ(Charles-Simon Pradier: 1786-1847)がいた。プラディエの育った時代のスイスはフランス革命の後、1798年にフランス共和国軍の侵略を受け、1803年までヘルヴェティア共和国が作られていた。10歳を少し越えたころから、時計職人の徒弟として働いていたが、美術の才能のある若者に奨学金を与えて、学ばせる制度の奨学生に1804年に兄とともに選ばれ、1807年に兄のいるパリに移り、彫刻家、フランソワ=フレデリック・ルモ(François-Frédéric Lemot)の工房で修行した。1811年にエコール・デ・ボザールに入学した。この頃の流行にしたがって英語の名前、ジェームスを名乗るようになった[1]

1813年にローマ賞を受賞し、1814年からローマの在ローマ・フランス・アカデミーで学んだ。ローマに滞在していたジャン=ピエール・コルトー(Jean-Pierre Cortot)、ジュール=ロベール・オーギュスト(Jules-Robert Auguste)、ダヴィッド・ダンジェ(David d'Angers)といったフランスの彫刻家と知り合い、ローマのアカデミア・ディ・サン・ルカで絵も学び、イタリアの彫刻家、アントニオ・カノーヴァやイタリアで活動していたベルテル・トルバルセンの工房も訪れた。ローマで5年間、修行して1819年にパリに戻った[1].。

パリで高い評価をえるようになり、1819年のサロンで金メダルを取得し、1819年に国からの注文を受けるようになった。1827年に芸術アカデミーの会員に選ばれ、1828年にフランソワ=フレデリック・ルモの後任としてエコール・デ・ボザールの教授に任命され、レジオンドヌール勲章(シュヴァリエ)を受勲した[2]

ローマで作品のモデルをした女性とパリに戻ったが、1825年から女優のジュリエット・ドルエと愛人関係になり、女児をもうけた。アルフレッド・ド・ミュッセヴィクトル・ユーゴーテオフィル・ゴーティエといった文学者たちと友人になり、ジュリエット・ドルエは1833年からヴィクトル・ユーゴーの愛人になったことで知られる。

1833年に有名な化学者、ジャン=ピエール=ジョゼフ・ダルセ(Jean-Pierre-Joseph d'Arcet)の娘と結婚した[2]。この女性は金使いが荒く、浮気者で、ギュスターヴ・フローベールの小説、『ボヴァリー夫人』の主人公の人物設定にヒントを与えた女性ともいわれている[3]。この結婚で3人の子供が生まれたが1845年に離婚した[4]。1852年に旅行中に急死した。

新古典派の彫刻家であるが「サテュロスとバッカント」のような官能的な作品も制作した。

作品編集

脚注編集

  1. ^ a b Claude Lapaire, James Pradier et la sculpture française de la génération romantique, catalogue raisonné, Milan, Institut suisse pour l'étude de l'art,‎ , 512 p. (ISBN 978-88-7439-531-6), p. 13-237
  2. ^ a b Kjellberg, Pierre (1994). Bronzes of the 19th Century. Atglen, Pennsylvania: Schiffer Publishing, Ltd.. pp. 554–558. ISBN 0-88740-629-7 
  3. ^ inspiration for Flaubert’s Madame Bovary. Encyclopaedia Britannica.
  4. ^ Louise d'Arcet. in' Édition des Lettres de Juliette Drouet à Victor Hugo.

参考文献編集

  • Monique Bourguet, James Pradier (1790-1852), un sculpteur néoclassique ? (lire en ligne [archive])
  • Étienne-Antoine Parrocel, Annales de la peinture, Ch. Albessard et Bérard, 1862, 614 p. (lire en ligne [archive]), p. 507-516.
  • Pierre Kjellberg, Le Nouveau guide des statues de Paris, Paris, La Bibliothèque des Arts, 1988.
  • Emmanuel Schwartz, Les Sculptures de l'École des Beaux-Arts de Paris. Histoire, doctrines, catalogue, Paris, École nationale supérieure des Beaux-Arts, 2003.
  • Stanislas Lami, Dictionnaire des sculpteurs de l'École française au dix-neuvième siècle. T. IV. N-Z, Paris, H. Champion, 1914-1921 (lire en ligne [archive]), p. 100-112.
  • Collectif, Statues de Chair, sculptures de James Pradier (1790-1852), Paris-Genève, 1985-1986. — Catalogue de l'exposition éponyme.
  • Claude Lapaire, James Pradier et la sculpture française de la génération romantique (1790-1852). Catalogue raisonné, comprenant 578 œuvres répertoriés, Lausanne-Zurich, Institut suisse pour l'étude de l'art (SIK-ISEA), Milan 5 continents Éditions, 2010, 1 volume relié, texte en français, 504 p., 800 illustrations en bichromie (ISBN 978-88-7439-531-6).