ジェームズ・ウィームズ (第5代ウィームズ伯爵)

第5代ウィームズ伯爵ジェームズ・ウィームズ英語: James Wemyss, 5th Earl of Wemyss1699年8月30日1756年3月21日)は、スコットランド貴族。1715年12月16日から1720年までエルホー卿儀礼称号を使用した[1]

生涯編集

第4代ウィームズ伯爵デイヴィッド・ウィームズと1人目の妻アン・ダグラス(Anne Douglas、1700年2月23日没、初代クイーンズベリー公爵ウィリアム・ダグラスの娘)の次男として、1699年に生まれた[1]。1720年3月15日に父が死去すると、ウィームズ伯爵の爵位を継承した[1]

1720年10月4日、裕福な相続人ジャネット・チャータリス(Janet Charterisフランシス・チャータリス英語版の娘)と結婚[1]、3男4女をもうけた[2]

1743年から1744年までスコットランド・グランドロッジのグランドマスター英語版を務めた[4]

1756年3月21日にノートン英語版で死去、4月8日にウィームズ英語版で埋葬された[1]。爵位は相続人である長男デイヴィッド英語版が私権剥奪されていたため、爵位は剥奪された扱いとなったが、デイヴィッドは引き続きウィームズ伯爵の称号を使用した[1]。財産についてはデイヴィッドが私権剥奪された後の1750年7月31日、三男ジェームズ英語版への限嗣相続を定めることで解決した[2]

出典編集

  1. ^ a b c d e f Cokayne, George Edward, ed. (1898). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (U to Z, appendix, corrigenda, occurrences after 1 January 1898, and general index to notes, &c.) (英語). 8 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 86.
  2. ^ a b "Wemyss, Earl of (S, 1633)". Cracroft's Peerage (英語). 8 July 2019. 2019年8月31日閲覧
  3. ^ Haden-Guest, Edith Lady (1964). "HAMILTON (formerly DALRYMPLE), John (1715-96), of Bargany, Ayr.". In Namier, Sir Lewis; Brooke, John (eds.). The House of Commons 1754-1790 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年8月31日閲覧
  4. ^ Graham, John Hamilton (1892). Outlines of the history of freemasonry in the province of Quebec (英語). Montreal: John Lovell & Son. p. 16.
フリーメイソン
先代:
キルマーノック伯爵英語版
スコットランド・グランドロッジ・グランドマスター英語版
1743年 – 1744年
次代:
マリ伯爵
スコットランドの爵位
先代:
デイヴィッド・ウィームズ
ウィームズ伯爵
1720年 – 1756年
次代:
デイヴィッド・ウィームズ英語版(自称)