ジェームズ・ティレル

ジェームズ・ティレルまたはジェームズ・ティレル卿(1455年頃– 1502年5月6日)[1]はイギリスの騎士であり、リチャード3世の家臣である。ウィリアム・シェイクスピアは、1593年の演劇『リチャード三世』で王子の殺害を謀略した男としてティレルを描いている[2]

ジェームズ・ティレル
James Tyrrell

出生 1455年
死去 1502年5月6日
埋葬 イギリスロンドンオースティン・フライヤーズ
父親 ウィリアム・ティレル
母親 マーガレッド・ダーシー
テンプレートを表示

家族編集

ジェームズ・ティレルはサフォークに住むウィリアム・ティレルの長男である。また、母のマーガレット・ダーシーはジョン・ティレルの孫である[3]

生涯編集

ジェームズ・ティレルの父親、ウィリアム・ティレルは斬首された。オックスフォードの第13伯爵であるジョン・ド・ヴィアーは、その父親と共にエドワード4世を殺害する計画をし、それが発覚した後、それぞれ2月20日と2月26日に処刑された。ジェームズはこの事件とウィリアム・ティレルの関係を証明するためとの理由で生き残れた[4]。ジェームズは私権剥奪されなかった。

ジェームズ・ティレルは、1471年5月4日のテュークスベリーの戦いでヨーク朝側に味方し、エドワード4世によって騎士の称号を与えられた。数ヶ月後、彼は将来のリチャード3世グロスター公に仕えはじめた[1][5]。彼は1485年からフランスに滞在していたため、ボズワースの戦いに参加しなかった。ホグワースの戦いにより、仕えていたヨーク朝が滅亡しチューダー朝が王家となった。

 
1550年頃のロンドンのオースティンフライヤーズ。ジェームズ・ティレルの埋葬地。

翌年、ジェームズはイギリスに戻り、チューダー朝のヘンリー7世から恩赦を受けた。そして、ヘンリー7世は、ジェームズをイギリス領のカレーの総督に任命した。しかし、1501年にジェームズは、亡命していたヨーク朝の家臣であるサフォークの第3代公爵であるエドムンド・ポールに支援をした。 そのことによって、1501年の春にヘンリー7世はジェームズとその息子であるトーマスを含む多くの人々を逮捕した[1]

死刑執行から数年後、トマス・モアは『リチャード3世の歴史』の中で、ジェームズはエドワード5世と、ヨーク公リチャード・オブ・シュルーズベリーらを殺害したことを逮捕時の調査で自白したと書いている[6]。しかし、他の記述、特にポリドール・ヴァージルの記述には、ジェームズの自白について言及していない。

ティレルは1502年5月2日にロンドンのギルドホールで、反逆罪で裁判にかけられ有罪判決を受け、4日後の5月6日に[1]サフォーク公を支援した共犯者の一人であるジョン・ウィンダムと共に処刑された。ティレルはロンドンのオースティン兄弟教会に埋葬された。彼は1504年1月25日に私権剥奪された[1]

妻子編集

最初の妻であるエリザベス・モーリーと結婚し 、その後、1469年、ジェームズはランハーンのジョン・アランデルの娘であるアン・アランデル結婚をした。下記の合わせて3人の息子と1人の娘をもうけた[7]

  • トーマス・ティレル( ?~1551)
  • ジェームズ・ティレル(?~1539)[8]
  • ウィリアム・ティレル[9]
  • アン・ティレル[10]

出典編集

  1. ^ a b c d e Horrox 2004.
  2. ^ Shakespeare and History: James Tyrrell
  3. ^ Horrox 2008.
  4. ^ Ross 2011, pp. 39, 42.
  5. ^ Hughes, A. (1898). List of Sheriffs for England and Wales from the Earliest Times to A.D. 1831. London: Eyre & Spottiswoode. p. 22. https://books.google.com/books?id=AF4sAAAAYAAJ&pg=RA1-PR1 
  6. ^ More, Thomas(英語) 『The History of King Richard the Third』不明、n.d.http://www.r3.org/on-line-library-text-essays/marius-richard-the-history-of-king-richard-iii/thomas-more-index/the-history-of-king-richard-the-third-sir-thomas-more/2018年5月4日閲覧。"...syr Iames Tirell was in the Tower, for Treason committed agaynste the moste famous prince king Henry the seuenth, bothe Dighton an he were examined, & confessed the murther in maner aboue writen, but whither the bodies were remoued thei could nothing tel."。 
  7. ^ Metcalfe 1882, p. 74.
  8. ^ Bright 1858, p. 228.
  9. ^ Richardson III 2011, p. 184.
  10. ^ Richardson III 2011, pp. 184–5.

参考文献編集

  • Bright, J.B. (1858). The Brights of Suffolk, England. Boston: John Wilson and Son. p. 228. https://archive.org/details/brightssuffolk00briggoog 2013年7月16日閲覧。 
  • Burke, John (1835). A Genealogical and Heraldic History of the Commoners of Great Britain and Ireland. I. London: Henry Colburn. p. 25. https://books.google.com/books?id=uo9AAAAAcAAJ&pg=PA25 2013年7月16日閲覧。 
  • Metcalfe, Walter C., ed (1882). The Visitations of Suffolk. Exeter: William Pollard. p. 74. https://archive.org/stream/visitationsofsuf00harvuoft#page/74/mode/2up 2013年8月1日閲覧。 
  • Richardson, Douglas (2011). Everingham, Kimball G.. ed. Magna Carta Ancestry: A Study in Colonial and Medieval Families. III (2nd ed.). Salt Lake City. pp. 183–4. ISBN 978-1449966393 
  • Richardson, Douglas (2011). Everingham, Kimball G.. ed. Magna Carta Ancestry: A Study in Colonial and Medieval Families. IV (2nd ed.). Salt Lake City. ISBN 978-1460992708 
  • Ross, James (2011). John de Vere, Thirteenth Earl of Oxford (1442–1513); 'The Foremost Man of the Kingdom'. Woodbridge, Suffolk: The Boydell Press. ISBN 978-1-84383-614-8 

参考文献編集

外部リンク編集