ジェームズ・フォーリー (ジャーナリスト)

ジェームズ・ライト・"ジム"・フォーリー英語: James Wright "Jim" Foley1970年10月18日 - 2014年8月19日頃)は、アメリカ合衆国フリーランスジャーナリストである。フリーランスの従軍記者としてシリア内戦を取材していた際に、2012年11月22日シリア北西部で拉致された。2014年8月イラクにおけるアメリカ軍の空爆への報復としてISILによって斬首され殺害された。彼はISILによって殺された最初のアメリカ市民となった[1]。家族が同国メディアに対し「身代金を支払わないよう国務省職員から脅された」と述べ、大きな議論となった[2]

ジェームズ・フォーリー
生誕 ジェームズ・ライト・フォーリー
1973年10月18日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州エバンストン
死没 (2014-08-19) 2014年8月19日(40歳没)
シリアの旗 シリアラッカ
死因 斬首刑
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 ジャーナリスト

ジャーナリストになる前、ティーチ・フォー・アメリカ教員をしていた。2009年アメリカ合衆国国際開発庁の開発プロジェクトでイラクに入り、2011年星条旗新聞の仕事でアフガニスタングローバルポスト英語版の仕事でリビアを取材。リビアではカダフィロイヤリスト軍によって拘束されたが、44日間で釈放された。翌年、フランス通信社とグローバルポストで仕事をしていたときに、シリアで拉致された。

脚注編集

[ヘルプ]

外部リンク編集