ジェーンズ・アディクション

ジェーンズ・アディクションJane's Addiction)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身のロックバンドR.E.M.ピクシーズレッド・ホット・チリ・ペッパーズらと共に、オルタナティヴ・ロックの土台を作り上げた。

ジェーンズ・アディクション
Jane's Addiction
Janes Addiction @ Steel Blue Oval (1 3 2010) (4416154323).jpg
デイヴ・ナヴァロ(左)とペリー・ファレル(2010年)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル オルタナティヴ・ロック
オルタナティヴ・メタル
活動期間 1985年 - 1991年
1997年
2001年 - 2004年
2008年 -
レーベル ワーナー・ミュージック・グループキャピトル・レコードEMI、Triple X Records
共同作業者 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
ポルノ・フォー・パイロス
サテライト・パーティー
パニック・チャンネル
公式サイト www.janesaddiction.com
メンバー ペリー・ファレル
デイヴ・ナヴァロ
スティーヴン・パーキンス
クリス・チェイニー
旧メンバー エリック・アヴェリー
マット・チェイキン
クリス・ブリンクマン
フリー
マーティン・レノブル
ダフ・マッケイガン
2009年のノースカロライナ州シャーロットでのライブにて

略歴編集

1985年、ロサンゼルスでボーカルのペリー・ファレルを中心に結成される。

1987年、ライブ・アルバム『ジェーンズ・アディクション』をインディーズのトリプルX・レコードから発表。その後ワーナー・ブラザース・レコードとの契約を得て、1988年にメジャー第1弾アルバム『ナッシングス・ショッキング』を発表。

メジャー第2弾アルバム『リテュアル・デ・ロ・ハビテュアル』が大ヒットする。

1991年に解散し、ペリーとスティーヴンはポルノ・フォー・パイロス(Porno For Pyros)で活動し、デイヴは一時期、レッド・ホット・チリ・ペッパーズに在籍していた。1997年にフリーを迎えた編成で短期間だけ再結成して、新曲も含むコンピレーション・アルバム『ケトル・ホウィッスル』を発表。

2001年に新しいベーシストとして、クリス・チェイニー(Chris Chaney)を呼び、再結成する。キャピトル・レコードから新アルバム『ストレイズ』もリリースし、2002年にはFUJI ROCK FESTIVALにて初来日をはたすも、ツアー終了後の2004年に3度目の解散が決まる。ペリーはヌーノ・ベッテンコートと共に、サテライト・パーティー(Satellite Party)を結成。デイヴとスティーヴンも、パニック・チャンネル(The Panic Channel)として活動した。

2008年、活動再開。ツアーを実施し、バンドの存在をアピールした。

2011年、8年ぶりのスタジオ・アルバム『ザ・グレート・エスケイプ・アーティスト』を発表。

2015年、OZZFEST JAPAN 2015で13年ぶりの再来日を果たした。

メンバー編集

現在のメンバー編集

  • ペリー・ファレル (Perry Farrell) – リード・ボーカル、ギター、プログラミング、ピアノ (1985年–1991年、1997年、2001年–2004年、2008年– )
この名前は「peripheral」(意味は「周囲の」「外面の」)という言葉をモジったものらしい。
  • デイヴ・ナヴァロ (Dave Navarro) – ギター、キーボード、ピアノ (1986年–1991年、1997年、2001年–2004年、2008年– )
  • スティーヴン・パーキンス (Stephen Perkins) – ドラム、パーカッション、スティール・パン (1986年–1991年、1997年、2001年–2004年、2008年– )
  • クリス・チェイニー (Chris Chaney) – ベース (2002年–2004年、2011年– )

旧メンバー編集

  • クリス・ブリンクマン (Chris Brinkman) – ギター (1985年–1986年)
  • マット・チェイキン (Matt Chaikin) – ドラム (1985年–1986年)
  • エリック・アヴェリー (Eric Avery) – ベース、アコースティックギター (1985年–1991年、2008年–2010年)
  • フリー (Flea) – ベース (1997年)、トランペット (1988年、1997年)
  • マーティン・レノブル (Martyn LeNoble) – ベース (2001年–2002年)
  • ダフ・マッケイガン (Duff McKagan) – ベース (2010年)

レッド・ホット・チリ・ペッパーズフリーは『ナッシングス・ショッキング』にホーン・セクションの一員として参加し、1997年の『ケトル・ホウィッスル』にベースとトランペットで参加している。 2010年4月1日、元ガンズ・アンド・ローゼス、現ヴェルヴェット・リヴォルヴァーダフ・マッケイガンを公式メンバーとして迎えることが、公式サイトにて発表された(既に離脱)。

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

ライブ・アルバム編集

コンピレーション・アルバム編集

  • 『ライヴ・アンド・レア』 - Live and Rare (1991年)
  • ケトル・ホウィッスル』 - Kettle Whistle (1997年) ※21位、ゴールド(US)
  • Up from the Catacombs: The Best of Jane's Addiction (2006年)
  • A Cabinet of Curiosities (2009年)

外部リンク編集