メインメニューを開く
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ジェイ・クラウダー

コーリー・ジェイ・クラウダー (Corey Jae Crowder 1990年7月6日 - )は、アメリカ合衆国ジョージア州ヴィラ・リカ英語版出身のバスケットボール選手。NBAユタ・ジャズに所属している。ポジションはスモールフォワード

ジェイ・クラウダー
Jae Crowder
Jae Crowder (34583020956) (cropped).jpg
ボストン・セルティックスでのクロウダー (2017年)
メンフィス・グリズリーズ  No.99
ポジション SF
背番号 99
身長 198cm (6 ft 6 in)
体重 107kg (236 lb)
ウィングスパン 206cm  (6 ft 9 in)[1]
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Corey Jae Crowder
ラテン文字 Jae Crowder
誕生日 (1990-07-06) 1990年7月6日(29歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州ヴィラ・リカ英語版
出身 マーケット大学英語版
ドラフト 2012年 34位 
選手経歴
2012-2014
2014-2017
2017-2018
2018-2019
2019-
ダラス・マーベリックス
ボストン・セルティックス
クリーブランド・キャバリアーズ
ユタ・ジャズ
メンフィス・グリズリーズ

WOWOW楽天TVの放送、「NBA.com JAPAN」「バスケットボールキング」「Basket Count」などのサイトでは『ジェイ・クラウダー』と表記されている。

来歴編集

生い立ち編集

ジョージア州の地元の高校を卒業後、大学を数校転々とした後にマーケット大学英語版に転校。2年生時に平均17.5ポイントしたところでアーリーエントリーを表明[2]

ダラス・マーベリックス編集

2012年のNBAドラフトではクリーブランド・キャバリアーズから34位で指名された後、交渉権がダラス・マーベリックスに移り、NBA入り[3]。マーベリックスではストッパー役として出場機会を得た。

ボストン・セルティックス編集

2014年12月19日、レイジョン・ロンド絡みの大型トレードボストン・セルティックスに移籍[4]。セルティックス加入後は出場時間も増え、2年ぶりのプレーオフ出場に貢献したが、1回戦のクリーブランド・キャバリアーズ戦の第4戦で、J・R・スミスに肘打ちを顔面に受け、転倒した際に左膝の前十字靭帯を損傷する重傷を負った。2015年7月1日、セルティックスと5年3500万ドルで契約を延長した。

クリーブランド・キャバリアーズ編集

2017年8月20日、カイリー・アービング絡みの大型トレードでクリーブランド・キャバリアーズに移籍した[5]。キャバリアーズでは先発出場を続けるも、パワーフォワードレブロン・ジェームズがいる中で目立った活躍を見せられなかった。

ユタ・ジャズ編集

2018年2月8日、キャバリアーズ、サクラメント・キングスの絡んだ三角トレードでユタ・ジャズに移籍した[6]。ジャズでは途中出場ながら平均11.8得点3.8リバウンド1.5アシスト0.9スティールの成績を残した。プレーオフではリッキー・ルビオの離脱もあり2試合で先発起用されるなど、11試合平均29.4分で10.0得点5.1リバウンド1.7アシスト1.4スティールを記録した。

プレースタイル編集

粘り強いディフェンスが持ち味でチームディフェンスの要となることが多い好ディフェンダー。セルティックス加入後はスターターに定着し、シューティング能力が開花。3ポイントショットの安定性が増し2016-17シーズンでは157本を決め、3&Dプレイヤーとして存在感を増している。

その他編集

父のコーリーもバスケットボール選手で、主にヨーロッパ各国でプレーしていたが、短期間ながらユタ・ジャズサンアントニオ・スパーズに所属した経験を持つ[7]

個人成績編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン

レギュラーシーズン編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2012–13 DAL 78 16 17.3 .384 .328 .644 2.4 1.2 .8 .2 .6 5.0
2013–14 78 8 16.1 .439 .331 .754 2.5 .8 .8 .3 .5 4.6
2014–15 25 0 10.6 .434 .342 .909 1.2 .5 .6 .2 .4 3.6
BOS 57 17 24.2 .418 .282 .762 4.6 1.4 1.0 .4 .7 9.5
2014-15計 82 17 20.1 .420 .293 .773 3.6 1.1 .9 .3 .6 7.7
2015–16 73 73 31.6 .443 .336 .820 5.1 1.8 1.7 .5 1.1 14.2
2016–17 72 72 32.4 .463 .398 .811 5.8 2.2 1.0 .3 1.1 13.9
2017–18 CLE 53 47 25.4 .418 .328 .848 3.3 1.1 .8 .2 .8 8.6
UTA 27 0 27.6 .386 .316 .768 3.8 1.5 .9 .3 1.2 11.8
2017-18計 80 47 26.1 .404 .323 .818 3.4 1.2 .8 .3 .9 9.7
2018–19 80 11 27.1 .399 .331 .721 4.8 1.7 .8 .4 1.1 11.9
Career 543 244 24.2 .423 .339 .778 3.9 1.4 1.0 .3 .8 9.5

プレーオフ編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2014 DAL 7 0 11.6 .444 .429 --- 1.7 .3 .3 .1 .4 2.7
2015 BOS 4 1 25.0 .517 .300 .769 5.0 2.0 1.0 .8 1.3 10.8
2016 6 6 32.8 .278 .244 .636 6.5 2.2 1.5 .5 1.2 9.5
2017 18 18 33.1 .435 .352 .833 6.4 2.7 1.1 .3 .7 13.6
2018 UTA 11 2 29.4 .324 .333 .643 5.1 1.7 1.4 .2 1.3 10.0
2019 5 3 26.0 .370 .300 .737 5.8 .8 1.0 .0 .2 10.0
Career 51 30 28.0 .385 .322 .748 5.3 1.8 1.1 .3 .8 10.4

脚注編集

外部リンク編集