ジエチルアミン
ジエチルアミン
IUPAC名ジエチルアミン
別名N-エチルエタンアミン
分子式C4H11N
示性式(CH3CH2)2NH
分子量73.14
CAS登録番号109-89-7
形状無色液体
密度0.7074 g/cm3,
融点−50 °C
沸点55.5 °C
SMILESCCNCC

ジエチルアミン (diethylamine) は、有機化合物の一種で、第二級アミンである。

性状編集

無色でアミン臭を持つ可燃性の液体。水やエタノールと自由に混和し、強塩基性を示す。

ジエチルアミンは腐食性を持ち、皮膚に触れるとひりひりしたり化学火傷を起こしたりすることがある。

日本では消防法により危険物第4類の引火性液体(第1石油類 水溶性液体)に分類されている。

製法編集

ジエチルアミンは、工業的にはアセトアルデヒドまたはエチルアルコールと、アンモニアおよび水素の反応で製造される。エチルアミントリエチルアミンとともに生成する。

用途編集

ジエチルアミンの主な使用用途は、医薬品界面活性剤ゴム除草剤塗料等の製造である。

参考文献編集

  • Merck Index, 12th ed., 3160.