ジゼル・ド・ブルゴーニュ (サヴォイア伯妃)

ジゼル・ド・ブルゴーニュフランス語:Gisèle de Bourgogne, 1075年ごろ - 1133年以降)は、サヴォイア伯ウンベルト2世妃、のちモンフェッラート侯ラニエリ1世妃。

ジゼル・ド・ブルゴーニュ
Gisèle de Bourgogne
Gisele de Bourgogne.jpg

出生 1075年ごろ
死去 1133年以降
配偶者 サヴォイア伯ウンベルト2世
  モンフェッラート侯ラニエリ1世
子女 本文参照
家名 アンスカリ家
父親 ブルゴーニュ伯ギヨーム1世
母親 エティエネット
テンプレートを表示

生涯編集

ジゼルはブルゴーニュ伯ギヨーム1世とその妻エティエネットの間に1075年ごろに生まれた[1][2][3]ローマ教皇カリストゥス2世の妹である[3]

最初の結婚編集

1090年ごろ、ジゼルはサヴォイア伯ウンベルト2世と結婚した。この結婚で6人の子女が生まれた[1][2]

ウンベルト2世は1103年10月に死去し、ジゼル、モーリエンヌ司教コナン1世、ジュネーヴ伯アイモーネ1世、ミリベル領主ギーからなる伯領の評議会がつくられたが、ジゼルが伯領の摂政となった[4][5]。息子アメデーオ3世は指導者に任命されたジュネーヴ伯アイモーネ1世の管理下に置かれた[4][5]

2度目の結婚編集

1103年[1]または1105年ごろに、ジゼルはモンフェッラート侯ラニエリ1世と再婚し、以下の子女をもうけた[1][3]

ビアンドラーテ伯グイードと結婚したイザベラも2人の子である可能性がある(もしくはラニエリ1世と2番目の妃ジョヴァンナの子の可能性もあり)。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f Palluel-Guillard, p. 9.
  2. ^ a b Claude Genoux, Histoire de Savoie depuis la domination romaine jusqu'à nos jours, F. Saillet, 1852, 482 p., p. 85-86.
  3. ^ a b c Alexander Daniel Beihammer, Maria G. Parani et Christopher David Schabel, Diplomatics in the Eastern Mediterranean 1000-1500 : Aspects of Cross-cultural Communication, Leiden/Boston, BRILL, 2008, 467 p. (ISBN 978-90-04-16547-2), p. 182-183.
  4. ^ a b Previté-Orton 1912, p. 278
  5. ^ a b Laurent Ripart, « Non est consuetum in comitatu Sabaudie quod filia succedit patri in comitatu et possessione comitatus Genèse de la coutume savoyarde de l’exclusion des filles », Cahiers lausannois d'histoire médiévale, 2000, p. 295-331

参考文献編集

  • Bernard Demotz, Le comté de Savoie du xie au xve siècle : Pouvoir, château et État au Moyen Âge, Genève, Slatkine, 2000, 496 p. (ISBN 2-05-101676-3). Ouvrage utilisé pour la rédaction de l'article.
  • Réjane Brondy, Bernard Demotz, Jean-Pierre Leguay, Histoire de Savoie : La Savoie de l'an mil à la Réforme, xie au début du xvie siècle, Ouest France Université, 1984, 626 p. (ISBN 2-85882-536-X). Ouvrage utilisé pour la rédaction de l'article.
  • Charles William Previté-Orton, The Early History of the House of Savoy : 1000-1233, Cambridge, Cambridge University Press (réimpr. 2013) (1re éd. 1912), 512 p., p. 261-278, Chapter III The attempt to recover the mark of Turin - Section I. Humbert II.