メインメニューを開く

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

ジプシー男爵』(ジプシーだんしゃく、ドイツ語: Der Zigeunerbaron)は、ヨハン・シュトラウス2世オペレッタ。『こうもり』に次いで有名である。1885年10月24日、シュトラウスの60歳の誕生日の前日に、『こうもり』と同じくウィーンアン・デア・ウィーン劇場で初演された。

目次

概要編集

 
劇中の一場面

ハンガリー人の作家ヨーカイ・モールハンガリー語版の短編小説『シャーッフィ』(Sáffi)を基に、ハンガリー人ジャーナリストのイグナーツ・シュニッツァードイツ語版が書き上げた台本には、ハンガリー情緒がふんだんに盛り込まれている。わずか6週間で書き上げたといわれる『こうもり』とは異なり、シュトラウスはこの作品を2年の歳月をかけて作曲した。初演は大成功を収め、以後ハンガリーを題材にしたオペレッタが数多く作曲され、人気を博していくことになる。序曲や第3幕で演奏される凱旋の入場行進曲、そして劇中で使われるワルツを用いて作曲された『宝のワルツ』などは、演奏会で単独でも演奏される。

逸話編集

芝居を好んだという当時のオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世は、この『ジプシー男爵』を大いに気に入り、劇場の皇帝席にシュトラウスを呼び寄せた[1]。シュトラウスは非常に興奮しながら、その時のことを友人グスタフ・レヴィにこう語った[1]

皇帝は大満足の様子であった。そして仰せられた。シュトラウス君、君のオペラをとても余は気に入ったよ。とてもすばらしい。皇帝は仰せられたのだ。「オペラ」だって!

シュトラウスは当初『ジプシー男爵』を、オペレッタではなく「喜劇的オペラ」と名付けようとしていたという[2]。シュトラウスは、オペレッタばかりでなくオペラにも進出したいと考えるようになっていた。皇帝から不用意に飛び出た「オペラ」発言は、そんなシュトラウスに大きな喜びをあたえたのである。

出典編集

  1. ^ a b 渡辺(1997) p.156
  2. ^ 小宮(2000) p.185

参考文献編集

  • 渡辺護ハプスブルク家と音楽:王宮に響く楽の音』 音楽之友社、1997年(平成9年)。ISBN 4-276-37076-0
  • 増田芳雄ウィーンのオペレッタ 2:ヨハン・シュトラウスのオペレッタ:「ヴェネチアの一夜」、「ジプシー男爵」、および「ウィーン気質」について」、『人間環境科学』8巻、帝塚山大学、1999年、 39-102頁。
  • 小宮正安ヨハン・シュトラウス:ワルツ王と落日のウィーン中央公論新社中公新書〉、2000年12月。ISBN 4-12-101567-3

関連項目編集

  ウィキメディア・コモンズには、ジプシー男爵に関するカテゴリがあります。

  • 2010年9月に宝塚歌劇団月組公演として、現代版ミュージカルとしてリメイクされる作品が上演された。タイトルは、同名の『ジプシー男爵』。脚本・演出は谷正純。主演は霧矢大夢