メインメニューを開く
ジミー・サヴィル(2006年)

サー・ジェームス・ウィルソン・ヴィンセント・サヴィル(Sir James Wilson Vincent Savile,1926年10月31日 - 2011年10月29日)は、イギリスのBBCでの司会者DJ。死後、数百人に性的虐待を行ったとしてスキャンダルとなった。

来歴編集

1926年10月31日にリーズに生まれる。無名時代は炭鉱労働者やプロレスリングの選手を経て、ダンスホールのDJとして働きながら「ラジオ・ルクセンブルグ」のDJとしても活動。1960年にテレビ番組「Young at Heart」の司会者として抜擢される。

1964年から42年にわたって放映されたBBCの長寿音楽番組「トップ・オブ・ザ・ポップス」の初代司会者であり、憧れの有名人たちとの面会など少年少女の視聴者たちの夢を叶える企画を実施するBBCの番組「Jim'll Fix It」の司会も行っていた[1]

キューバ製の葉巻、金の宝石、トレーニング・ウェア、サングラスといった個性的なファッションの他[1]、パラリンピック発祥の地として有名なストーク・マンデヴィルや地元の病院などでのボランティア活動及びこれらの病院の運営資金とするための寄付金集めなどを行っており、また、90年にはナイトの爵位を受勲した[2]

2011年10月29日、84歳で肺炎により死去する。

性的虐待事件編集

しかし没後、当時10代だった複数の女性がサヴィルにレイプされたと証言しはじめ、その後の警察や独立調査委員会の調査で、サヴィルがBBCの楽屋にて彼の番組に出演する少年少女達に性的暴力を加えたことが判明した。被害者72人のうち、強姦被害者は8人。強姦未遂の被害者は1人という結果が判明した[2]。また、最年少の被害者は当時8歳だったという[2]

また、サヴィルがボランティアスタッフとして勤務していた国営病院施設の患者でも同様の性暴力を働いていた事が判明し、5歳~75歳までの少なくとも103人の犠牲者がいることがわかった。サヴィルは性暴行だけでなく、死体の義眼を取って指輪を作ったり、霊安室にて死体性愛をも行っていたことも判明した[3]

パンク・ロッカーのジョン・ライドンは当時からこの噂を耳にしていたようで、1978年のインタビューの中でそのことを指摘すると、BBCをしばらく出入り禁止になったと語っている[4]。この他にもBBCは事件発覚直後にサヴィルの犯行を追求する番組の放送を取りやめており[5]、BBCの信頼が揺らぐ結果となった。

この一件以降、イギリスでは芸能人による性的虐待への大規模な捜査が始まり(en:Operation Yewtree)[6]、オーストラリア出身の司会者で画家でもあるロルフ・ハリスや、グラム・ロッカーで過去にも児童ポルノの所持や東南アジアで児童への性虐待で有罪判決を受けていたゲイリー・グリッターといった大物芸能人が次々と逮捕された。

リンク編集

脚注編集

  1. ^ a b 故ジミー・サヴィル氏に児童性的虐待疑惑 BBCの責任を追及する声も”. ニュースダイジェスト (2012年10月12日). 2017年7月27日閲覧。
  2. ^ a b c BBC元人気司会者による性的虐待、プロデューサーは「ひとりにするな」と”. BBCニュースジャパン (2016年2月29日). 2017年7月27日閲覧。
  3. ^ レイプ、死体性愛も? 46年間もみ消され続けた、英・人気タレントの性犯罪が明らかに”. exciteニュース (2014年7月2日). 2017年7月27日閲覧。
  4. ^ ジョン・ライドン、人気司会者の悪口を言ったためにBBCから出入り禁止となったと明かす”. NMEニュース (2015年9月25日). 2017年7月27日閲覧。
  5. ^ 田中孝宜 (2012年12月). “元BBC人気司会者が少女暴行常習犯疑惑 追及番組の放送中止でBBCに厳しい批判”. 2017年7月27日閲覧。
  6. ^ ロルフ・ハリス被告が強制わいせつで有罪 自身の娘の友人を含む少女たちに不適切な行為”. ニュースダイジェスト (2014年7月3日). 2017年7月27日閲覧。