ジミー・ジュフリー

ジミー・ジュフリーJimmy Giuffre1921年4月26日2008年4月24日)は、アメリカ合衆国ジャズ・ミュージシャン。作曲家編曲家として活躍する一方で、サクソフォーン奏者やクラリネット奏者としても活動した。演奏者同士の自由なインタープレイを取り入れたジャズの形式を発展させたことで知られ、フリー・インプロヴィゼイションの先駆けとなった。フリー・インプロを代表するベーシストであるバール・フィリップスも「(共演したことのある人物のなかでも)彼は天才だった」と讃えている。

ジミー・ジュフリー
Jimmy Giuffre
出生名 James Peter Giuffre
生誕 (1921-04-26) 1921年4月26日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州ダラス
死没

2008年4月24日(2008-04-24)(86歳)

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州ピッツフィールド
ジャンル クール・ジャズ
フリー・ジャズ
職業 作曲家編曲家管楽器奏者
担当楽器 サクソフォーン
クラリネット
共同作業者 ウディ・ハーマンショーティ・ロジャースジム・ホールポール・ブレイスティーヴ・スワロウ徳永清志、ランディ・ケイなど

略歴編集

テキサス州ダラスに生まれる。ダラス工業高校とノーステキサス州教育大学(現・ノーステキサス大学)を卒業後、ウディ・ハーマンビッグバンドオーケストレーターとして名を揚げた。ハーマン楽団のために、スタンダードとなった楽曲「フォア・ブラザーズ(Four Brothers)」(1947年)を作曲した。ここでサックスを演奏しているのが、スタン・ゲッツズート・シムズサージ・チャロフアル・コーンの4名である。

また、生涯を通じて、創造力あふれる非凡な編曲を続け、アニタ・オデイリー・コニッツビル・エヴァンスMJQなどとの作業を行った。

ウェストコースト・ジャズクール・ジャズ、そしてサード・ストリームの中心人物となり[1]ショーティ・ロジャースのグループを経てソロに転身した。クラリネットのほかに、テナー・サクソフォーンやバリトン・サクソフォーンを吹いたが、結局のところクラリネットに専念した。

ギタリストのジム・ホールとベース奏者のラルフ・ペナを迎えて最初のトリオを結成する。ペナは後にジム・アトラスと交代した。1957年に、テレビ特番『ザ・サウンド・オブ・ジャズ(The Sound of Jazz)』においてジュフリーの「トレイン・アンド・ザ・リヴァー(The Train and the River)」が目玉となり、ささやかなヒットに恵まれた。このトリオは、ジュフリーが言うところの「ブルースを基調とした大衆的ジャズ(blues-based folk jazz)」を探究した。同じような臨時の出来事としては、ジュフリーはクラリネット奏者仲間のピー・ウィー・ラッセルと組んで、ただ「ブルース」と呼ばれた気楽なジャム・セッションを行なったことが挙げられる。ダブルベースのアトラスがトリオを去ると、ジュフリーはトロンボーン奏者のボブ・ブルックマイヤーを後任に据えた。この珍しい楽器編成は、部分的にアーロン・コープランドに感化されている。後にこの編成は、ジョン・ゾーンのアルバム『ニュース・フォー・ルル』に踏襲された。

1958年ニューポート・ジャズ・フェスティバルで撮影された映画『真夏の夜のジャズ』には、このトリオが「トレイン・アンド・ザ・リヴァー」を演奏している風景が収録されている。

1961年にピアニストのポール・ブレイとダブルベース奏者のスティーヴ・スワロウを迎えて、新規にトリオを結成した。ジュフリー=ブレイ=スワロウ・トリオは、現役中はほとんど注目されなかったが、ジャズの歴史において最も重要なグループと認める好楽家やミュージシャンも後に現れた[2]。このトリオは、アルバート・アイラーアーチー・シェップのような喧しく攻撃的な手法にはよらずに、むしろ室内楽に似た、和みや親密さに焦点を置いたフリー・ジャズを探究した。トム・ジュレック(Thom Jurek)は、同トリオの録音について、「1960年代初頭のジャズの別の側面に関して、最も欠かすことのできない資料の一つである」と記した[3]。ジュフリーやブレイ、スワロウは、ヨーロッパにおけるフリー・インプロヴィゼイション熱に先駆けること数年早く、完全な即興演奏を試みた。ジュレックは、同トリオの最後のアルバム『Free Fall』が「あまりにも過激な音楽なので、誰も――文字どおりに誰も――このような音楽に心構えが出来ていなかったし、グループは、アルバム1枚につき35セントしか稼ぎがなくなると、一夜にしてたちまち解散してしまった」[4]

1970年代初頭に、ベース奏者の徳永清志とドラマーのランディ・ケイを迎えて新たなトリオを結成する。ジュフリーは自分の武器として、バス・フルートやソプラノ・サクソフォーンを付け加えた。その後グループは、シンセサイザー奏者のピート・レヴィンと、徳永の後任としてエレクトリックベース奏者のボブ・ニースケを新たに迎えている。このグループはイタリアのソウルノート・レーベルに3枚のアルバムを録音した[5]

ジュフリーは、1970年代を通じて、ニューヨーク大学より附属ジャズ・アンサンブルの監督に迎えられ、サクソフォンや作曲法の個人指導を行なった。1990年代に入ってからも、教育活動や演奏活動を続けた。この時期の教え子に藤井郷子等がいる。

晩年にはジョー・マクフィーと録音を行い、ブレイやスワロウとトリオを再結成している(ただしスワロウはすでにエレクトリックベース奏者に転向しており、グループの音色は以前と違うものになった)。1990年代の半ばまで、ニューイングランド音楽院でも教鞭を執った。最晩年はパーキンソン症候群に罹って、もはや音楽活動ができなかった。2008年に肺炎のため、87歳の誕生日をあと2日前にしてマサチューセッツ州ピッツフィールドにて逝去。

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • 『ジミー・ジュフリー』 - Jimmy Giuffre (1955年、Capitol)
  • Tangents in Jazz (1955年、Capitol)
  • 『ジミー・ジュフリー・クラリネット』 - The Jimmy Giuffre Clarinet (1956年、Atlantic)
  • 『ジミー・ジュフリー3』 - The Jimmy Giuffre 3 (1956年、Atlantic)
  • 『ミュージック・マン』 - The Music Man (1958年、Atlantic)
  • 『トラヴェリン・ライト』 - Trav'lin' Light (1958年、Atlantic)
  • 『フォー・ブラザーズ・サウンド』 - The Four Brothers Sound (1958年、Atlantic)
  • 『ウェスタン組曲』 - Western Suite (1958年、Atlantic)
  • 『アド・リブ』 - Ad Lib (1959年、Verve) ※ジミー・ジュフリー・カルテット名義
  • 『ジミー・ジュフリー・スリー』 - 7 Pieces (1959年、Verve) ※ジミー・ジュフリー・トリオ名義
  • Herb Ellis Meets Jimmy Giuffre (1959年、Verve) ※with ハーブ・エリス
  • 『リー・コニッツ・ミーツ・ジミー・ジュフリー』 - Lee Konitz Meets Jimmy Giuffre (1959年、Verve) ※with リー・コニッツ
  • 『モダン・タッチ』 - The Easy Way (1959年、Verve)
  • Piece for Clarinet and String Orchestra/Mobiles (1959年、Verve) ※with the Sudwestfunk Orchestra of Baden Baden
  • Princess (1959年、Fini Jazz) ※ジミー・ジュフリー・トリオ名義。イタリア盤
  • The Jimmy Giuffre Quartet in Person (1960年、Verve) ※ジミー・ジュフリー・カルテット名義
  • 『ヒュージョン』 - Fusion (1961年、Verve) ※ジミー・ジュフリー・トリオ名義
  • 『強韻 - モダンの究極』 - Thesis (1961年、Verve) ※ジミー・ジュフリー・トリオ名義
  • Free Fall (1963年、Columbia)
  • 『ミュージック・フォー・ピープル』 - Music for People, Birds, Butterflies and Mosquitoes (1973年、Choice)
  • 『リヴァー・チャント』 - River Chant (1975年、Choice)
  • IAI Festival (1978年、Improvising Artists) ※with リー・コニッツ、ビル・コナーズポール・ブレイ
  • Dragonfly (1983年、Soul Note) ※ジミー・ジュフリー・カルテット名義
  • Quasar (1985年、Soul Note) ※ジミー・ジュフリー・カルテット名義
  • Eiffel: Live in Paris (1988年、CELP) ※with アンドレ・ジョーム
  • Liquid Dancers (1989年、Soul Note) ※ジミー・ジュフリー・カルテット名義
  • The Life of a Trio: Saturday (1990年、Owl) ※with スティーヴ・スワロウ、ポール・ブレイ
  • The Life of a Trio: Sunday (1990年、Owl) ※with スティーヴ・スワロウ、ポール・ブレイ
  • River Station (1991年、CELP) ※with アンドレ・ジョーム、ジョー・マクフィー
  • Fly Away Little Bird (1992年、Owl) ※with スティーヴ・スワロウ、ポール・ブレイ
  • Emphasis, Stuttgart 1961 (1993年、hatArt) ※1961年録音。with スティーヴ・スワロウ、ポール・ブレイ
  • Flight, Bremen 1961 (1993年、hatArt) ※1961年録音。
  • Conversations with a Goose (1996年、Soul Note) ※with スティーヴ・スワロウ、ポール・ブレイ
  • Momentum, Willisau 1988 (1997年、hatOLOGY) ※1988年録音。with アンドレ・ジョーム
  • Talks & Plays (2000年、CELP) ※1992年録音
  • New York Concerts: The Jimmy Giuffre 3 & 4 (2014年) ※1965年録音

註釈編集

  1. ^ Berendt, Joachim E (1976). The Jazz Book. Paladin. pp. 20 
  2. ^ Lock, Graham (1994). Chasing the Vibration: Meetings with Creative Musicians. Exeter: Stride. p. 133–134. ISBN 1873012810 
  3. ^ Free Fall review
  4. ^ 1961 review
  5. ^ Lock, p132

外部リンク編集