メインメニューを開く

人物編集

父親が道場を開いていた関係で5歳の時に柔道を始めた。その後、ブラウン大学に入学するが、柔道部がなかったのでレスリング部に所属しながら、出稽古中心で力を付けていった[2]。 1991年の世界選手権では65kg級で3位となった。1992年バルセロナオリンピックでは3回戦で丸山顕志に有効で敗れた。1993年の世界選手権では準決勝で中村行成出足払で一本負けするなどして5位に終わった。1994年からは階級を71kg級に上げて、1995年の世界選手権1996年アトランタオリンピックではそれぞれ3位となった。1999年の世界選手権では決勝でロシアのビタリー・マカロフを有効で破って優勝を果たした。しかし、翌年の2000年シドニーオリンピックでは5位に終わった。2004年アテネオリンピックでは2度目となる銅メダルを獲得した。多くの試合のセコンドには寝技師マイク・スウェインがついていた。米テレビのスポーツ専門チャンネルESPNマイク・スウェイン共同プロデュースで開催したプロ柔道イベントに参戦している。その後引退して、現在はアメリカの柔道ナショナルチームのコーチに就いている[3]

主な戦績編集

65kg級での戦績

71kg級での戦績

  • 1994年 - グッドウイル・ゲームズ 3位
  • 1995年 - ドイツ国際 優勝
  • 1995年 - パンアメリカン競技大会 優勝
  • 1996年 - フランス国際 3位
  • 1996年 - アトランタオリンピック 3位
  • 1997年 - フランス国際 3位
  • 1997年 - ドイツ国際 優勝
  • 1997年 - パンナム選手権 優勝

73kg級での戦績

脚注編集

  1. ^ Jimmy Pedro Biography and Olympic Results Archived 2011年5月19日, at the Wayback Machine.
  2. ^ a b [JUDO in USA WHO IS THAT GUY?] 近代柔道 ベースボールマガジン社、1993年10月号、40頁-41頁
  3. ^ Interview With U.S. Olympic Judo Coach Jimmy Pedro, Part 1

外部リンク編集