メインメニューを開く

ジェームズ "ジミー" ミラー (Jimmy Miller 1942年3月23日 - 1994年10月22日)はブルックリン生まれのプロデューサー、ドラマー、パーカッショニスト。

仕事編集

1960年代中期から1990年代初頭までに多くのアルバムを制作し、有名なものにブラインド・フェイストラフィックプラズマティックスモーターヘッド、The World Bank、プライマル・スクリームなど[1]

ローリング・ストーンズの重要なシングル、アルバムを1968年から5年間[2]制作し、批評的・商業的に歴史的な成功を収めた。

シングルは1968年の「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」を皮切りとしており、アルバムとして『ベガーズ・バンケット』(1968)、『レット・イット・ブリード』(1969)、『スティッキー・フィンガーズ』(1971)、『メイン・ストリートのならず者』(1972)、『山羊の頭のスープ』(1973)がある。


スペンサー・デイヴィス・グループの大ヒット曲「愛しておくれ」で成功し、続く「アイム・ア・マン」を共作、ヒットした。

パーカッションを多用したポリリズムに特色がある。『レコード・コレクターズ』誌のジミー・ミラー特集(2010年6月号)によると、ミラーは、後にPファンクを創始するジョージ・クリントンと若いころ(1950年代)友人であり、クリントンのドゥーワップ・グループ「パーラメンツ」のシングルを制作したこともある。

盤歴編集

参照編集