メインメニューを開く

ジミー・リード(Jimmy Reed, 1925年9月6日 - 1976年8月29日)は、米国ブルースシンガー。本名はマティス・ジェイムズ・リード。南部出身らしい力の抜けた緩いサウンドが特徴的だが、R&Bポップ色を織り込み、1950年代から1960年代にかけてヴィージェイ・レコードより数多くのヒットを生み出した。また、ハーモニカホルダーを使用し、1stポジションによる高音部のブロウベンドを駆使した特徴的なハーモニカ演奏は、個性的なものとしてよく知られている。

ジミー・リード
出生名 Mathis James Reed
生誕 1925年9月6日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシシッピ州ダンレイス
死没 (1976-08-29) 1976年8月29日(50歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州オークランド
ジャンル ブルース
職業 シンガーギタリスト、ハーピスト
担当楽器 ギターハーモニカ
活動期間 1950年 - 1976年
レーベル ヴィージェイ・レコード
ABC-ブルースウェイ・レコード
共同作業者 エディー・テイラー
アルバート・キング

彼の影響はブルースの枠にとどまることなく、ローリング・ストーンズエルヴィス・プレスリーなどのロック・アーティストなどにも広がっている。代表曲は、"Ain't That Lovin' You Baby"、"Honest I Do"、"Bright Lights, Big City"など。

来歴編集

1925年ミシシッピ州ダンレイスに生まれた。のちにシカゴのシーンで共演者となるギタリストのエディー・テイラーとは同郷の幼なじみであり、彼からギターやハーモニカを教わった。

15歳の頃、シカゴに移住。兵役に就いた後、インディアナ州ゲイリーに移住する。やがてジョン・ブリムと出会い、彼のサイドマンとして活動するようになった。このとき、ブリムのバンドでドラマーを務めていたのが、後にギタリストとして大ブレイクすることになるアルバート・キングだった。

1953年、そのアルバートの紹介で新興レーベル、ヴィージェイ・レコードと契約。同年、"High and Lonesome"でレコード・デビューを果たした。以後、リードはヴィージェイが倒産する1966年までレーベルに在籍し、計10枚のアルバムをリリース。アルコール中毒てんかんでときに体調を崩しながらも、音楽活動を続け、レーベルの看板スターとして活躍し、黄金期を築いた。

ヴィージェイ倒産後は、ABC-ブルースウェイ・レコードへ移籍し、1973年までの間に計5枚のアルバムをリリースするなど活動を続けるが、ヴィージェイ在籍時のような成功を収めることは出来なかった。

1976年8月29日、50歳で死去した。1991年、彼はロックの殿堂入りを果たしている。

ディスコグラフィー編集

  • 1958年 I'm Jimmy Reed (Vee-Jay)
  • 1959年 Rockin' with Reed (Vee-Jay)
  • 1960年 Found Love (Vee-Jay)
  • 1960年 Now Appearing (Vee-Jay)
  • 1961年 Jimmy Reed at Carnegie Hall (Vee-Jay)
  • 1962年 Just Jimmy Reed (Vee-Jay)
  • 1963年 T'aint No Big Thing But He Is...Jimmy Reed (Vee-Jay)
  • 1963年 Jimmy Reed Sings the Best of the Blues (Vee-Jay)
  • 1963年 12 String Guitar Blues (Vee-Jay)
  • 1966年 At Soul City (Vee-Jay)
  • 1967年 The New Jimmy Reed Album (BluesWay)
  • 1967年 Soulin' (BluesWay)
  • 1968年 Big Boss Man (BluesWay)
  • 1969年 Down in Virginia (BluesWay)
  • 1973年 I Ain't from Chicago (BluesWay)

編集盤編集

  • 1995年 Classic Recordings (Tomato)
  • 1998年 The Vee-Jay Box (P-Vine)
  • 2001年 Big Box Man (Collectables) (box set)
  • 2007年 The Best of the Vee-Jay Years (Shout! Factory)

シングル編集

リリース年 曲名 レーベル/No. R&Bチャート ポップ・チャート
1955年 "You Don't Have to Go" Vee-Jay 119 #5 -
1956年 "I Don't Go for That" Vee-Jay 153 #12 -
1956年 "Ain't That Lovin' You Baby" Vee-Jay 168 #3 -
1956年 "Can't Stand to See You Go" Vee-Jay 186 #10 -
1956年 "I Love You Baby" Vee-Jay 203 #13 -
1956年 "You Got Me Dizzy" Vee-Jay 226 #3 -
1957年 "Honey, Where You Going?" Vee-Jay 237 #10 -
1957年 "Little Rain" Vee-Jay 237 #7 -
1957年 "The Sun is Shining" Vee-Jay 248 #12 #65
1957年 "Honest I Do" Vee-Jay 253 #4 #32
1957年 "I'm Gonna Get My Baby" Vee-Jay 298 #5 -
1958年 "Down in Virginia" Vee-Jay 287 - #93
1959年 "I Told You Baby" Vee-Jay 304 #19 -
1960年 "Baby, What You Want Me to Do" Vee-Jay 333 #10 #37
1960年 "Found Love" Vee-Jay 347 #16 #88
1960年 "Hush-Hush" Vee-Jay 357 #18 #75
1961年 "Close Together" Vee-Jay 373 #12 #68
1961年 "Big Boss Man" Vee-Jay 380 #13 #78
1961年 "Bright Lights, Big City" Vee-Jay 398 #3 #58
1962年 "Aw Shucks, Hush Your Mouth" Vee-Jay 425 - #93
1962年 "Good Lover" Vee-Jay 449 - #77
1963年 "Shame, Shame, Shame" Vee-Jay 509 - #52
1966年 "Knockin' at Your Door" Exodus 2005 #39 -


[1][2][3]
注: ビルボードは1963年11月30日から1965年1月23日までの間、R&Bチャートを発行していない。よってこの間のリードのシングルはR&Bヒットになっていない[3]

参考文献編集

外部リンク編集