メインメニューを開く

ジェームズ・ウィリアム・ギリアムJames William Gilliam, 1928年10月17日 - 1978年10月8日)は、アメリカ合衆国テネシー州ナッシュビル出身の元プロ野球選手内野手)。右投両打。

ジム・ギリアム
Jim Gilliam
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テネシー州ナッシュビル
生年月日 (1928-10-17) 1928年10月17日
没年月日 (1978-10-08) 1978年10月8日(49歳没)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 二塁手三塁手
プロ入り 1951年 ブルックリン・ドジャースと契約
初出場 1953年4月14日
最終出場 1966年9月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ロサンゼルス・ドジャース (1965 - 1978)

目次

経歴編集

ニグロリーグボルチモア・エリートジャイアンツ英語版を経て1951年ブルックリン・ドジャースと契約。1953年にメジャーデビューすると、17三塁打(ナショナルリーグ1位)、新人記録の100四球が評価されて新人王を受賞した。

1950年代から1960年代にかけてリードオフマンまたは二番を務め、抜群の選球眼で5度90四球を選び、盗塁も3回リーグ2位となった。少ない得点を守り抜く当時の「ドジャースの戦法」において、その機動力は重要な要素だった[1]。現役最末期になって2回引退を宣言しながら、チーム事情もあって2回とも引退を撤回しており、最終的には1966年に現役引退[2]

 
ギリアムの背番号「19」。
ロサンゼルス・ドジャースの永久欠番1978年指定。

1965年から兼任コーチを務め、前述の通り1966年に現役を引退、その後は専任でコーチとして現場に立ち、長くチームを支えていたが、1978年リーグ優勝決定翌日の10月8日脳出血のため急死した。ドジャースはそれまでの功績を評価し、2日後のワールドシリーズ第1戦にギリアムが現役・コーチ時代まで一貫して着けていた背番号『19』を永久欠番に指定した[3]。なお、ドジャースの永久欠番選手は基本的にアメリカ野球殿堂選出者だが、ギリアムのみ、唯一の殿堂未選出選手である。

詳細情報編集

獲得タイトル・表彰・記録編集

MiLB
MLB

背番号編集

  • 19 (1953年 - 1978年)

脚注編集

  1. ^ 「永久欠番名鑑」『大リーグ永久欠番物語』 ベースボール・マガジン社 78頁
  2. ^ 出野哲也『改訂新版 メジャー・リーグ人名事典』言視社、2013年、141頁。ISBN 978-4-905369-67-7
  3. ^ 「球団別永久欠番物語 第1回 ロサンゼルス・ドジャース」『月刊メジャー・リーグ』 2000年5月号 ベースボール・マガジン社 81頁

関連項目編集

外部リンク編集