ジェームズ・べック・「ジム」ゴードン (James Beck "Jim" Gordon, 1945年7月14日 - ) [2]は、アメリカ合衆国のミュージシャン、作曲家グラミー賞を受賞したゴードンは、1960年代後半から1970年代にかけて最も人気のあったセッションドラマーの一人であり、多くの著名なミュージシャンと共にアルバムを録音し[3]、またブルースロックのスーパーグループであったデレク・アンド・ザ・ドミノスのドラマーでもあった。

ジム・ゴードン
Derek and the Dominos.png
デレク・アンド・ザ・ドミノス、左端がジム・ゴードン
基本情報
出生名 James Beck Gordon
生誕 (1945-07-14) 1945年7月14日(77歳)
カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル ロック[1]
職業 ドラマー
担当楽器 ドラムス, パーカッション, ピアノ
活動期間 1963-1980
共同作業者 デラニー&ボニー, ジョー・コッカー, デレク・アンド・ザ・ドミノス, ジョージ・ハリスン, トラフィック, フランク・ザッパ, インクレディブル・ボンゴ・バンド, アリス・クーパー, Souther-Hillman-Furay Band, ジョニー・リバーズ, シールズ&クロフツ, ブレッド

1983年、ゴードンは母親を殺害し、懲役16年の判決を受け刑務所に収監された。2021年の時点で、彼はカリフォルニア州医療施設に投獄されたままである。

経歴編集

ゴードンは、ロサンゼルスサンフェルナンド・バレーで成長し、グラント高校に入学した[4]。彼はUCLAの音楽奨学生に合格し、1963年からプロとしての経歴を始める。17歳でエヴァリー・ブラザースのバックを務め、当時のロサンゼルスにおける最も需要の多いセッションドラマーの一人となった。ゴードンはセッションドラマーのハル・ブレインから指導を受け、60年代に多くの注目に値するセッションに参加した。その中にはザ・ビーチ・ボーイズの『ペット・サウンズ』、ジーン・クラークの『Gene Clark with the Gosdin Brothers』、ザ・バーズの『名うてのバード兄弟』、メイスン・ウィリアムズの『Classical Gas』などが挙げられる。経歴の絶頂時に彼はスタジオ・ミュージシャンとしても多忙であったため、毎日2、3時間のレコーディングのためにラスベガスからロサンゼルスに飛行機で訪れ、その日の内に戻ってシーザーズ・パレスで夜のステージに上がっていた。

1969年と70年、ゴードンはデラニー&ボニーのバックバンドとしてツアーに参加した。当時、バンドにはエリック・クラプトンも参加していた。クラプトンはバンドのリズムセクション - ゴードン、ベーシストのカール・レイドル、キーボード奏者のボビー・ウィットロックを誘い、彼らは後にデレク・アンド・ザ・ドミノスと呼ばれる新しいバンドを結成した。バンドは最初のスタジオレコーディングとして、ジョージ・ハリスンの初ソロアルバム『オール・シングス・マスト・パス』のバックバンドとしてのセッションを行った。

ゴードンは続いてドミノスの1970年の二枚組アルバム『いとしのレイラ』にドラマーとして参加し、「いとしのレイラ」では後半のピアノコーダ部分を作曲した。後年、ウィットロックはそのコーダ部分はゴードンが作った物では無いと語っている。「ジムはそのピアノのメロディーを元恋人のリタ・クーリッジから盗んだのさ。僕は知ってる。なぜならデラニー&ボニーの頃、僕はハリウッドヒルズのジョン・ガーフィールドの古い家に暮らしてて、そこのゲストハウスにはアップライトピアノがあったんだ。リタとジムがゲストハウスに来て、彼らが「タイム」って呼んでたその曲を作曲するのに僕を誘ったんだ。...彼女の姉のプリシラはその曲をブッカー・T・ジョーンズと録音した....ジムはリタの曲からメロディーを盗み、作曲のクレジットに彼女を入れなかった。彼女のボーイフレンドは彼女から盗んだんだ。[5]」彼の著書ではグラハム・ナッシュが一時のガールフレンドのために同じクレームを主張したとある[6]。「タイム」はプリシラ・クーリッジとブッカー・T・ジョーンズの1973年のアルバム『Chronicles』で発表された[7]

また、彼はその後のアメリカとイギリスのツアーでのバンドと共に演奏した。バンドはセカンドアルバムが完成する前の1971年春に解散した。

1970年、ゴードンはジョー・コッカーの『マッド・ドッグス&イングリッシュメン』ツアーに参加し、デイヴ・メイソンのアルバム『アローン・トゥゲザー』に参加した。1971年、彼はトラフィックとツアーを行い、『The Low Spark of High Heeled Boys』を含む2枚のアルバムに参加した。その年、彼はハリー・ニルソンのアルバム『ニルソン・シュミルソン』に参加し、「ジャンプ・イントゥ・ザ・ファイアー」でドラムソロを演奏した。

ゴードンは1972年にリリースされたインクレディブル・ボンゴ・バンドのアルバム『Bongo Rock』に参加し、LPバージョンの「アパッチ」での彼のドラムブレイクはラップミュージシャンによって頻繁にサンプリングされている[8]。1972年、ゴードンはフランク・ザッパの20ピースの「グランド・ワズー」ビッグバンドとそれに続く10ピースの「プチ・ワズー」バンドに参加した。おそらく彼のザッパとの最も有名なレコーディングは、1974年のアルバム『アポストロフィ (')』のタイトルトラックである。これは、ギターとしてザッパとトニー・デュラン、ベースのジャック・ブルースで行ったジャムセッションで、ブルースとゴードンの両名がクレジットされた。ザッパはゴードンをステージで紹介するとき、その若々しい容貌から、しばしば彼を「スキッピー」と呼んだ。また1972年、ゴードンはヘレン・レディのアルバム『私は女』でドラムを演奏した。

1973年にゴードンはジョニー・リバーズの「ブルー・スエード・シューズ」とアート・ガーファンクルの『エンジェル・クレア』で演奏し、1974年までリバーズと一緒にツアーを行い、ライブ・アルバム『ラスト・ブギー・イン・パリ』で演奏している。また1974年、ゴードンはシングル「Rikki Do n't Lose That Number」を含む、スティーリー・ダンのアルバム『プレッツェル・ロジック』に参加し、ほとんどのトラックでドラムをプレイした。彼は1973年から1975年までサウザー-ヒルマン-フューレイ・バンドのドラマーとして、クリス・ヒルマンと再び仕事をした。彼はまたアリス・クーパーの1976年のアルバム、『アリス・クーパー・ゴーズ・トゥ・ヘル』の3つのトラックでドラムを演奏した。

メンタルヘルス編集

ゴードンは統合失調症を発症し、母親の声を含む幻聴が聞こえるようになった。彼は自分自身を飢えさせ、眠ったり、リラックスしたり、ドラムを演奏することができなくなった[9]。医師は彼を正しく診断できず、アルコール中毒者用の治療を行った。[要出典]

1970年代初頭にジョー・コッカーとツアーをしている間、ゴードンはホテルの廊下で当時のガールフレンドのリタ・クーリッジを殴り、それによって彼らの関係を終わらせたと伝えられている[10]

母親の殺害、有罪判決と投獄編集

1983年6月3日、ゴードンは72歳の母親、オサ・マリー・ゴードンをハンマーで殴打した後、肉切り包丁で刺して殺害した。彼は声が彼に母親を殺すように言ったと主張した[8][11][12]

ゴードンは殺人で逮捕されて初めて、統合失調症と適切に診断された。裁判で、裁判所は彼が急性統合失調症であると認めたが、精神異常抗弁改革法によるカリフォルニア州法の変更のため、彼は精神異常抗弁を使用することを許可されなかった[9]

1984年7月10日、ゴードンは16年の刑を宣告された[13]。彼は1991年に最初に仮釈放の資格を得たが、仮釈放の聴聞会に一度も出席しなかったため、仮釈放は何度か拒否された。 2014年、彼は聴聞会への出席を辞退し、少なくとも2018年まで仮釈放を拒否された。ロサンゼルスの副地方検事は聴聞会で、彼はまだ「深刻な心理的無能力」であり、「薬を服用していないときの危険」であると述べた[14]。2017年11月、ゴードンは統合失調症と再診断された。2018年3月7日、ゴードンは10回目の仮釈放を拒否され、2021年3月に再び資格を得る予定である[15]。2020年の時点で、彼はカリフォルニア州バカビルにある医療および精神科の刑務所であるカリフォルニア医療施設に収監されている[16]

ディスコグラフィ編集

その経歴の中でゴードンは多くのミュージシャンの作品に参加した。以下はその一部:[17]

脚注編集

  1. ^ Jim Gordon - Biography & History”. AllMusic. 2018年1月25日閲覧。
  2. ^ greggp (2009年7月14日). “Happy Birthday Jim Gordon”. Daily Kos. 2012年7月8日閲覧。
  3. ^ Jim Gordon”. Drummerworld. 2012年7月8日閲覧。
  4. ^ Kent Hartman, The Wrecking Crew: The Inside Story of Rock and Roll's Best-Kept Secret (Macmillan Publishers, 2012), ISBN 978-0312619749, p. 235. Excerpts available at Google Books.
  5. ^ Layla’s 40th: The Where’s Eric! Interview With Bobby Whitlock”. 2011年4月26日閲覧。
  6. ^ "Wild Tales" - Crown Publishing Group
  7. ^ http://www.discogs.com/Booker-T-Priscilla-Jones-Chronicles/release/2285764
  8. ^ a b Hermes, Will (2006年10月29日). “All Rise for the National Anthem of Hip-Hop”. New York Times. https://www.nytimes.com/2006/10/29/arts/music/29herm.html 2006年11月1日閲覧。 
  9. ^ a b The Haunted Talent Behind 'Layla' Jim Gordon Won A Grammy For Co-writing The Song That Eric Clapton Reprised In The '90s. But Honors Mean Little. Gordon Is Serving Time For The 1983 Slaying Of His Mother.”. The Philadelphia Inquirer. 2011年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月1日閲覧。
  10. ^ Getlen, Larry (2016年4月3日). “Rita Coolidge was muse to rock icons - and this is how they treated her”. New York Post. https://nypost.com/2016/04/03/rita-coolidge-was-muse-to-rock-icons-and-this-is-how-they-treated-her/ 2016年4月4日閲覧. "They walked into the hallway, and something in Coolidge's mind told her this might be when Gordon would propose. As they got to the hallway, Coolidge slightly nervous in anticipatory delight, Gordon "hit me so hard that I was lifted off the floor and slammed against the wall on the other side of the hallway." As his fist met her eye, she "literally went flying" and was knocked unconscious. Then Gordon walked back into the room - alone - as if nothing had happened. The relationship was over, although Gordon was not removed from the tour - everyone worked to make sure she and Gordon were separated, she writes, and that she was safe." 
  11. ^ Robinson, John (2011年3月16日). “The curse of the Dominos”. Daily Telegraph (London). https://www.telegraph.co.uk/culture/music/rockandpopfeatures/8386038/The-curse-of-the-Dominos.html 2011年5月1日閲覧。 
  12. ^ Kirby, Terry (2006年11月11日). “Bloc Party's drummer is latest casualty of toughest job in rock”. The Independent (London). オリジナルの2012年2月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120221153130/https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/music/news/bloc-partys-drummer-is-latest-casualty-of-toughest-job-in-rock-423852.html 2011年5月1日閲覧。 
  13. ^ “Names.. In The News”. The Union Democrat. (1984年7月11日). https://news.google.com/newspapers?id=iRhZAAAAIBAJ&pg=4202,1079941&dq=jim-gordon+murder&hl=en 2011年5月1日閲覧。 
  14. ^ Flanary, Patrick (May 17, 2013) Jailed Drummer Jim Gordon Denied Parole Rolling Stone Magazine. Retrieved June 28, 2015.
  15. ^ Derek and the Dominos' Jim Gordon, Jailed for Killing His Mom, Denied Parole for Fear 'He'd Hurt Somebody Else'”. 2018年4月30日閲覧。
  16. ^ CDCR Inmate Locator”. California Department of Corrections & Rehabilitation (2018年1月14日). 2018年1月14日閲覧。
  17. ^ Jim Gordon credits”. AllMusic. 2019年9月11日閲覧。
  18. ^ Power To The People. JohnLennon.com. Retrieved June 26, 2020.
  19. ^ Myers, Marc, Anatomy of a Song:The Oral History of 45 Iconic Hits That Changed Rock, R&B and Pop, Grove Press, New York, 2016 p. 103

外部リンク編集