メインメニューを開く

ジム・ジャームッシュ

来歴編集

オハイオ州カヤホガフォールズに生まれた。ドイツアイルランドチェコの血を引くヨーロッパ系アメリカ人の家系で、母親は地元紙で映画や舞台などの批評家をしており、父親はグッドリッチに勤務する会社員だった。幼少期からB級映画やテレビ、芸術に親しんだジャームッシュは、高校を卒業するとシカゴへ移住。ノースウェスタン大学へ進学してジャーナリズムを専攻した。だがすぐにコロンビア大学へ編入して作家を目指すが、パリへ移って10カ月過ごした。その後ニューヨークへ戻り、ニューヨーク大学大学院映画学科修了。1980年の処女作『パーマネント・バケーション』で注目される。同作は大学の卒業制作作品であるにもかかわらず劇場公開された。1984年の第二作『ストレンジャー・ザン・パラダイス』が、その独特のユーモアと、新鮮な演出で絶賛され、カンヌ国際映画祭カメラ・ドールを受賞。ジョン・セイルズとともに「ニューヨーク・インディーズ派」の若手映画監督として注目を浴びる。

以降も話題作を発表。2005年には、カンヌ国際映画祭で『ブロークン・フラワーズ』が審査員特別グランプリを受賞した。

初期は、ジョン・ルーリートム・ウェイツジョー・ストラマーなど、自身が愛好するミュージシャンたちを俳優としてキャスティングすることが多かった。

また、同世代のインディーズ系映画監督たちとも親交があり、『スリング・ブレイド』(ビリー・ボブ・ソーントン監督)、『ストレート・トゥ・ヘル』(アレックス・コックス監督)、『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』(アキ・カウリスマキ監督)などに、俳優としてゲスト出演している。

ニューヨーク・メッツのファンでもある。

主な監督作品編集

主な出演作品編集

  • ストレート・トゥ・ヘル Straight to Hell (1987)
  • キャンディ・マウンテン Candy Mountain (1988)
  • レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ Leningrad Cowboys Go America (1989)
  • フィッシュング・ウィズ・ジョン Fishing with John (1991)
  • イン・ザ・スープ In the Soup (1992)
  • アイアン・カウボーイズ・ミーツ・ゴーストライダー Iron Horsemen (1994)
  • ザ・カンヌ・プレイヤー Cannes Men (1995)
  • ブルー・イン・ザ・フェイス Blue in the Face (1995)
  • スリング・ブレイド Sling Blade (1996)
  • スポンジ・ボブ SpongeBob SquarePants (2000)
  • スクリーミン・ジェイ・ホーキンス伝説 Screamin' Jay Hawkins: I Put a Spell on Me (2001)
  • ロンドン・コーリング Joe Strummer: The Future Is Unwritten (2008)
  • ザ・シンプソンズ The Simpsons (2008) 声のゲスト出演

脚注編集

外部リンク編集