メインメニューを開く

ジェームズ・ポール・デヴィッド「ジム」バニングJames Paul David "Jim" Bunning1931年10月23日 - 2017年5月27日[1])は、アメリカ合衆国の政治家、共和党連邦上院議員ケンタッキー州選出1999年-2011年)。元メジャーリーグ投手、右投げ右打ち。

ジム・バニング
Jim Bunning, official photo portrait, 111th Congress.jpg
アメリカ合衆国上院議員
ケンタッキー州選出
任期
1999年1月3日 – 2011年1月3日
前任者 ウェンデル・フォード
後任者 ランド・ポール
アメリカ合衆国下院議員
ケンタッキー州第4選挙区選出
任期
1987年1月3日 – 1999年1月3日
前任者 ジーン・スナイダー
後任者 ケン・ルーカス
個人情報
生誕 (1931-10-23) 1931年10月23日
ケンタッキー州サウスゲート
死没 (2017-05-27) 2017年5月27日(85歳没)
政党 共和党
配偶者 メアリー・キャサリン・サイス
住居 ケンタッキー州サウスゲート
出身校 ザビエル大学 (B.A.)
専業 野球選手, 仲立人
宗教 ローマカトリック
ジム・バニング
Jim Bunning
Jim Bunning as ballplayer.jpg
新人時代のバニング(1955年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ケンタッキー州
生年月日 (1931-10-23) 1931年10月23日
没年月日 (2017-05-27) 2017年5月27日(85歳没)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1950年
初出場 1955年7月20日
最終出場 1971年9月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1996年
選出方法 ベテランズ委員会選出

生い立ちと家族編集

バニングはケンタッキー州サウスゲートでルイス・アロシウス・バニングおよびグラディス・バニング(旧姓:ベスト)夫妻の間に生まれる。シンシナティのセント・ザビエル高校を1949年に卒業し、ザビエル大学に入学、経済学の学位を得る。

1952年にバニングはメアリー・キャサリン・サイスと結婚、5人の娘と4人の息子をもうける。息子の一人、デヴィッド・L・バニングはケンタッキー州東地区地裁の連邦判事である。

メジャーリーガー時代編集

1950年デトロイト・タイガースと契約。1964年から1967年までフィラデルフィア・フィリーズ1968年から1969年途中までピッツバーグ・パイレーツ、その後ロサンゼルス・ドジャースに所属。1970年にフィリーズに復帰したが、1971年シーズン後引退した。

1955年7月20日にメジャーデビュー。1957年には20勝8敗で最多勝のタイトルを獲得。1958年7月20日ボストン・レッドソックス戦でノーヒットノーランを達成、1964年6月21日ニューヨーク・メッツ戦では史上7人目、ナショナルリーグでは初の完全試合を達成した。両リーグでノーヒットノーランを達成したのはサイ・ヤングに次いで史上2人目である。また、両リーグで1000奪三振を達成したのはバニングが最初である(現在はノーラン・ライアンなどもこの記録を達成している)。

1959年8月2日のボストン・レッドソックス戦では、9回表にメジャー史上10人目の3者連続3球三振を記録している。

1996年ベテランズ委員会推薦で野球殿堂入りを果たした(殿堂のプレートは現役時代に最も活躍したフィリーズの帽子を被っている)。

 
バニングのフィリーズ在籍時の背番号「14」。
フィラデルフィア・フィリーズの永久欠番2001年指定。

2001年、バニングのフィリーズ在籍時の背番号14』が永久欠番に指定された。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1955 DET 15 8 0 0 -- 3 5 1 -- .375 241 51.0 59 8 32 2 3 37 1 0 38 36 6.35 1.78
1956 15 3 0 0 -- 5 1 1 -- .833 245 53.1 55 6 28 4 0 34 3 0 24 22 3.71 1.56
1957 45 30 14 1 -- 20 8 1 -- .714 1081 267.1 214 33 72 5 11 182 4 1 91 80 2.69 1.07
1958 35 34 10 3 -- 14 12 0 -- .538 923 219.2 188 28 79 4 10 177 5 3 96 86 3.52 1.22
1959 40 35 14 1 -- 17 13 1 -- .567 1037 249.2 220 37 75 0 11 201 1 1 111 108 3.89 1.18
1960 36 34 10 3 -- 11 14 0 -- .440 1024 252.0 217 20 64 7 11 201 2 0 92 78 2.79 1.12
1961 38 37 12 4 -- 17 11 1 -- .607 1110 268.0 232 25 71 3 9 194 2 0 113 95 3.19 1.13
1962 41 35 12 2 -- 19 10 6 -- .655 1103 258.0 262 28 74 3 13 184 4 0 112 103 3.59 1.3
1963 39 35 6 2 -- 12 13 1 -- .480 1051 248.1 245 38 69 3 5 196 4 0 119 107 3.88 1.26
1964 PHI 41 39 13 5 -- 19 8 2 -- .704 1145 284.1 248 23 46 3 14 219 2 0 99 83 2.63 1.03
1965 39 39 15 7 -- 19 9 0 -- .679 1191 291.0 253 23 62 10 12 268 1 0 92 84 2.60 1.08
1966 43 41 16 5 -- 19 14 1 -- .576 1254 314.0 260 26 55 8 19 252 5 1 91 84 2.41 1.00
1967 40 40 16 6 -- 17 15 0 -- .531 1216 302.1 241 18 73 20 13 253 4 1 94 77 2.29 1.04
1968 PIT 27 26 3 1 -- 4 14 0 -- .222 684 160.0 168 14 48 6 8 95 3 0 75 69 3.88 1.35
1969 25 25 4 0 -- 10 9 0 -- .526 654 156.0 147 10 49 4 6 124 4 1 74 66 3.81 1.26
LAD 9 9 1 0 -- 3 1 0 -- .750 238 56.1 65 5 10 0 1 33 0 0 23 21 3.36 1.33
'69計| 34 34 5 0 -- 13 10 0 -- .565 892 212.1 212 15 59 4 7 157 4 1 97 87 3.69 1.28
1970 PHI 34 33 4 0 -- 10 15 0 -- .400 937 219.0 233 19 56 9 8 147 1 0 111 100 4.11 1.32
1971 29 16 1 0 -- 5 12 1 -- .294 484 110.0 126 11 37 7 6 58 1 0 72 67 5.48 1.48
MLB:17年 591 519 151 40 -- 224 184 16 -- .549 15618 3760.1 3433 372 1000 98 160 2855 47 8 1527 1366 3.27 1.18
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 「-」は記録なし

受賞歴・記録編集

  • オールスター:7回出場(1957年、1959年、1961年 - 1964年、1966年)
  • 最多勝1回(1957年)
  • 最多奪三振3回(1959年、1960年、1967年)
  • ノーヒットノーラン(1958年7月20日)
  • 完全試合(1964年6月21日)

政治家として編集

1977年からケンタッキー州フォート・トマス市の市議会議員を2年間務め、1987年から1999年まで下院議員を務めた。

1998年、ケンタッキー州選出の上院議員を24年間務めたウェンデル・H・フォードが辞任を表明すると出馬を表明。接戦を制し上院議員に初当選した。2004年に再選された。

在任当時、上院の最も保守的な議員のうちの1人とされた。2006年4月にはタイム誌の「アメリカの上院議員ワースト5」の一人に選ばれたほどである。

2008年12月、世界金融危機に伴う所謂「ビッグスリー救済法案」に反対票を投じたといわれ、ビッグスリーのお膝元であるミシガン州で行なわれる予定だった野球ファン向けのサイン会が中止になる騒ぎになった。

 
ランド・ポール上院議員と。(2010年)

2010年の中間選挙で出馬を辞退し引退。2011年1月3日を以って同じ共和党のランド・ポールへ連邦上院議員職を引き継いだ。

その後は隠居生活を送っていたが、2016年脳梗塞に罹患し、翌2017年5月27日に死去した[2]。85歳没。


脚注編集

外部リンク編集

受賞や功績
先代:
フランク・ラリー
アメリカンリーグ最多勝投手
1957年
ビリー・ピアースと共に)
次代:
ボブ・ターリー
先代:
アーリー・ウィン
アメリカンリーグ・ストライクアウト・チャンピオン
1959年 - 1960年
次代:
カミロ・パスカル
先代:
ボブ・キーガン
サンディー・コーファックス
ノーヒットノーラン投手
1958年7月20日
1964年6月21日
次代:
ホイト・ウィルヘルム
ジム・マロニー
先代:
ドン・ラーセン
完全試合投手
1964年6月21日
次代:
サンディー・コーファックス
先代:
サンディー・コーファックス
ナショナルリーグ・ストライクアウト・チャンピオン
1967年
次代:
ボブ・ギブソン
先代:
ビリー・ウィリアムズ
プレイヤー・オブ・ザ・マンス
1964年6月
次代:
ロン・サント
アメリカ合衆国下院
先代:
ジーン・スナイダー
ケンタッキー州選出下院議員
ケンタッキー州第4選挙区

1987年 - 1999年
次代:
ケン・ルーカス
アメリカ合衆国上院
先代:
ウェンデル・フォード
ケンタッキー州選出上院議員(第3部)
1999年 - 2011年
同職:ミッチ・マコーネル
次代:
ランド・ポール
党職
先代:
ルイ・B・ナン
共和党ケンタッキー州知事候補
1983年
次代:
ジョン・ハーパー
先代:
デヴィッド・L・ウィリアムズ
共和党選出上院議員ケンタッキー州候補
1998年, 2004年
次代:
ランド・ポール