ジム・ワトキンス

アメリカ合衆国の実業家、元軍人

ジム・ワトキンス英語: James Arthur Watkins, 1963年11月20日 - )は実業家、元軍人。日本最大級の匿名掲示板2ちゃんねる」および「8chan」管理人。アメリカ合衆国ムキルテオ出身。フィリピンパシッグ在住[1]。息子は8chanの元管理人で陰謀論者のロン・ワトキンス万年筆オタク[2]

James Arthur Watkins
ジェームズ・アーサー・ワトキンス
Jim Watkins 1 (cropped).png
2015年のワトキンス
生誕 (1963-11-20) 1963年11月20日(57歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントン州ムキルテオ
住居フィリピンの旗 フィリピンパシッグ
別名ジム・ワトキンス
Jim
Grape Ape
Apparently admin
職業実業家
著名な実績8kun5ちゃんねるの運営
配偶者
子供ロン・ワトキンス

一部のジャーナリストや陰謀論研究者は、ワトキンス親子がQアノン陰謀論における「Q」の素性を知っているか、またはワトキンス自身が「Q」なのではないかと考えている[3][4]

来歴編集

本職はホスティングサーバの運営会社であるN.T. Technology Inc.の会長である。かつてはネットワーク構築・管理会社Pacific Internet ExchangeCOOであった。AERAの記事によれば、本人曰く元アメリカ陸軍の軍人であり、当時からインターネット関係の仕事に携わっていたという[5]

2001年1月、2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)からアダルト系の板が分離し、PINKちゃんねるが設置され、時期不明だがPINKちゃんねるの管理者にはワトキンスが就任していると一般には信じられている[6]

2005年2月24日、株式会社ゼロ(札幌市厚別区)の取締役に就く。

2007年7月25日、イベントのため来日[7]する。

2007年9月13日、PINKちゃんねるサーバーの大規模破損が発生する。

2013年5月26日、ワトキンスが代表を務めて2ch.netのサーバーを運営するN.T.Technologyのプレスリリースとして、2ちゃんねるビューア(通称:「●」/現・プレミアムRonin)のサポート受付業務を「2ch.net」開設者のひろゆきが取締役を務めるティーケーテクノロジー(札幌市北区)に、「BIG-server.com」の日本での代理店業務をIIS(札幌市北区)に、それぞれゼロから変更する事が発表された[8][リンク切れ]

2014年2月19日、2013年8月の2ちゃんねる個人情報流出事件を受けて2ちゃんねるビューアが販売停止となっていた状況下で大規模なサーバーダウンが発生し、この過程で2ちゃんねるの実質的管理権限が何らかの理由によりワトキンスに移転、ワトキンスが2ちゃんねるの実質的管理者となる。これに対してひろゆきは「こうしてささやかに終わり、時代は変わっていくんですなぁ」と当日中にツイートした[9]

その後すぐに、2ちゃんねるの各板に「Jim」名による「各関係者様」というタイトルの「924スレ」(書き込みなどができず、宣伝などに使われる特殊なスレッド)が立てられ、この中で「N.T.Technology会長のジム・ワトキンスがサーバー料金の未払いを理由に当時の運営陣であるひろゆきらを全員解任し、管理人にワトキンス本人とその親族が就任する」と言う主旨の発表があった[10][11]

2014年4月3日、各板に立った「Jim」名による「Racequeen incは、2ch.netというドメインの所有者であり」というタイトルの特殊スレッドによれば『「2ch.net」のドメインは「Racequeen inc」が所有し、現在の運営体制にも違法性は無いとした上で、何ら司法判断が存在しない状態でRacequeen incとの商取引に違法性があるとするひろゆきの主張に対しては法的対応も検討する』と言う主旨の発表があった[12]

2016年7月、アメリカ合衆国匿名画像掲示板8chan(現・8kun)のオーナーとなる。その後、8chanは2020年11月まで息子のロン・ワトキンスが管理人を務めた。しかし、ワトキンスのビジネスパートナーであった8chan開設者のフレドリック・ブレナンとは後に関係が悪化し、敵対関係となる。

2017年10月1日、掲示板トップページに『掲示板の管理運営権を「Racequeen, Inc」から「Loki Technology, Inc」に移転』する主旨が告知され、譲渡先とされた「Loki Technology, Inc」名義で、『権利関係で無用な紛争を生じさせないため、掲示板を新たに「5ちゃんねる(5ch.net)」として運営する』ことが発表された[13]。これにより2ちゃんねる(「2ch.net」)は5ちゃんねる(「5ch.net」)へと名称およびドメイン名が変更された。

2018年6月22日、ひろゆき(東京プラス株式会社)が「NTテクノロジー社」を相手取った日本国内の民事訴訟で、NTテクノロジー社の債務不履行を認め、同社に損害賠償および前払いのサーバー使用料の返還を命じる東京地裁判決(日本国内における司法判断)が出た[14]

2019年4月25日、8chan(@infinitechan)のツイッターアカウントが「東京高等裁判所にて一審判決を破棄し、東京プラス社の請求が全て棄却された」と発表[15][16]、同年12月4日には5ちゃんねる(@5chan_nel)のツイッターアカウントが「最高裁判所での上告棄却および不受理決定により、東京高裁の請求棄却判決が確定した」と発表した[17]

2019年8月15日、8chanのユーザーが3度にわたる銃乱射事件を起こしたことを受け、アメリカ合衆国下院はワトキンスに対し、議会での証言を求めて召喚状を出した[2]。ワトキンスは、8chanを言論の自由の「世界最後の砦」だとして召喚に応じ[2]、その中で

8chanとはレトロゲームの攻略法や家庭料理のレシピの情報交換や、時には政府の検閲を逃れるための情報を書き込むような匿名掲示板であり、差別や無知にもとづく投稿をしているのは、ほんの一部にすぎない。アメリカ合衆国憲法に規定された言論の自由を最大限まで尊重するウェブサイトが8chanであり、言論の自由を制限したからといって過激主義を根絶することはできない。

と回答した[18]

これに対して米Cloudflare社のマシュー・プリンスCEOは、8chanへのサービス打ち切りについて次のように述べている[19]

理論的根拠は単純なことです。彼らは自身を無法者と認めており、その無法ぶりが多くの悲惨な死を招いたからだ。8chanが、差別主義者コミュニティーの抑制を拒否したことが法律の文面には違反していなかったとしても、その精神に反することを喜び、はしゃぐ環境を作り出した。8chanは繰り返し、自らヘイトの肥溜めであることを証明した。

またSplinter News英語版8chanを「世界で最も卑劣なウェブサイト」「インターネットを不気味な場所にする肥えだめ」と評した[20]

2020年11月3日、8kunの管理人権限がワトキンスに移譲されたと一般には信じられている。

災難編集

ワトキンス一家は、1994年1月17日のノースリッジ地震で、震源地の直上にあたるロサンゼルスレシーダ区英語版に居住していたがコンドミニアムが倒壊[21]し、のちに地震がほとんど発生しないウェストバージニア州ホイーリングへ転居したが、1996年1月に豪雪に伴い河川が氾濫(1996年の北米ブリザード英語版)して自宅が流された[21]

2009年9月29日に、フィリピンのパシッグ市にある自宅が台風16号による記録的豪雨のため水没し、一時消息不明となった[22]

Qアノン編集

Qアノンとは、世界的な児童性的人身売買組織を運営している、悪魔崇拝小児性愛者カバールが、それらと戦いを繰り広げているドナルド・トランプ大統領に対して陰謀を企てていると主張する極右陰謀論である。この陰謀論は、「Q」と呼ばれる素性不明の個人またはグループによって広められた。Qは元々この主張を4chanに投稿していたが、後に8chanに投稿するようになった。 Qは8chan以外には投稿しないと述べている[3]

多くのジャーナリストや陰謀論研究者は、ワトキンス親子がQと協力しているか、Qの素性を知っているか、またはワトキンス自身がQであると考えている[23][3][4][24][25][26]。2019年8月に発生した3回の銃乱射事件の後、8chanがインターネット上から消失した時、Qは投稿を停止した。11月に再開されると、Qが再び出現した。一部の研究者は、8chanが閉鎖された時、他の場所に投稿するのではなく、再開されるのを待つというQの選択は、ワトキンスがQの背後にいることを示していると考えている[3][4]

2020年6月の『アトランティック』の記事によると、フレドリック・ブレナンは、「Qはジムまたは(その息子の)ロン・ワトキンス(ロナルド・ワトキンス)を知っているか、ジムまたはロン・ワトキンスに雇われたと100%確信している」と述べた[25]

2020年、ワトキンスはQアノンを推進する政治家候補者を支援することを目的に、「ディープステートの武装解除」という政治行動委員会を設立した[3]

メディア出演編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 本人の発言
  2. ^ a b c “ヘイト掲示板「8chan」の管理人は“万年筆フェチ”の変なおっさん”. クーリエ・ジャポン (講談社). (2019年9月9日). オリジナルの2020年8月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200811011941/https://courrier.jp/news/archives/173868/ 
  3. ^ a b c d e Gilbert, David (2020年3月2日). “QAnon Now Has Its Very Own Super PAC” (英語). Vice. 2020年8月29日閲覧。
  4. ^ a b c Rothschild, Mike (2020年8月28日). “Did an IP address accidentally reveal QAnon's identity?” (英語). The Daily Dot. 2020年8月29日閲覧。
  5. ^ AERA 2004年7月12日号 サーバーは米国に
  6. ^ 2ちゃんねるでも実施? 「PINKちゃんねる」が過去ログを無料公開」『ねとらぼ』。2018年6月29日閲覧。
  7. ^ Jimさん来日! アダルトトレジャーエキスポ!
  8. ^ “2ちゃんねるビューア 日本におけるサポート受付 変更のご案内” (プレスリリース), N.T.Technology, (2013年5月25日), http://www.nttec.com/news 2014年5月3日閲覧。 
  9. ^ ひろゆきのツイート 2014年2月19日
  10. ^ “「2ちゃんねる」に何が起きたのか 運営費がひっ迫?”. ITmedia. (2014年2月19日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1404/12/news012.html 2014年5月3日閲覧。 
  11. ^ 「サーバーを確保しました」 「2ちゃんねる」に何が起きたのか 運営費がひっ迫? ITmedia News” (日本語). 2014年2月22日閲覧。
  12. ^ “現2ch管理者、ひろゆき氏に反論”. ITmedia. (2014年4月4日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1404/04/news045.html 2014年4月29日閲覧。 
  13. ^ 「2ちゃんねる」が運営譲渡で「5ちゃんねる」に名称変更 「なんだこれ」「マジかよ」の声” (日本語). 2017年10月1日閲覧。
  14. ^ https://www.zaikei.co.jp/article/20180627/450555.html
  15. ^ https://twitter.com/infinitechan/status/1121382610423275520
  16. ^ https://twitter.com/infinitechan/status/1121382768540209152
  17. ^ 5channel (5ch.net) (2019年12月4日). “「東京プラス株式会社(代表取締役西村博之)が原告として、NTテクノロジー社に対して起こしていた損害賠償請求訴訟について請求を棄却する判決が、最高裁判所の上告棄却及び不受理決定(令和元年11月21日)により確定しましたことをご報告致します。1/2” (日本語). @5chan_nel. 2020年1月17日閲覧。
  18. ^ 清義明 (2021年3月29日). “Qアノンと日本発の匿名掲示板カルチャー【3】匿名掲示板というフランケンシュタインの怪物/上” (日本語). 論座(RONZA). 朝日新聞出版. 2021年6月27日閲覧。
  19. ^ Cloudflareは掲示板8chanへのサービスを停止、「ヘイトの肥溜め」とCEOが批判”. TechCrunch (2019年8月7日). 2020年1月14日閲覧。
  20. ^ 清義明 (2021年3月29日). “Qアノンと日本発の匿名掲示板カルチャー【3】匿名掲示板というフランケンシュタインの怪物/上” (日本語). 論座(RONZA). 朝日新聞出版. 2021年7月1日閲覧。
  21. ^ a b Youtubeの本人インタビュー
  22. ^ 公式ページ「BIG-server.com会長ジム・ワトキンス台風で遭難」
  23. ^ QAnon Struggles After Trump Election Defeat - The New York Times”. 2020年11月23日閲覧。
  24. ^ Farley, Donovan (Spring 2020). “Free Speech, Hate Speech and the King of the Trolls” (英語). Playboy. 2020年9月7日閲覧。
  25. ^ a b LaFrance, Adrienne (2020年6月). “The Prophecies of Q”. The Atlantic. ISSN 1072-7825. https://www.theatlantic.com/magazine/archive/2020/06/qanon-nothing-can-stop-what-is-coming/610567/ 2020年8月29日閲覧。 
  26. ^ Francescani, Chris (2020年9月22日). “The men behind QAnon” (英語). ABC News. 2020年9月22日閲覧。

外部リンク編集