メインメニューを開く

ジャイアンツ プレ&ポストゲームショー

ジャイアンツ プレ&ポストゲームショー』は、2015年度から、プロ野球セントラル・リーグ読売ジャイアンツ東京ドーム主管試合開催日に日テレジータスで放送する読売ジャイアンツ専門の情報ワイド番組である。

これまで、日テレジータスでは、巨人主管・東京ドーム開催試合の一部で、『巨人練習中「直生」』と題した、試合前の事前練習の模様を放送する番組と、BS日テレの開局時には同時放送で『速報!!デジナマ巨人』というハイライト番組を放送していたが、2015年からは試合開始前と試合終了後に、試合前後の選手の表情や、選手談話、試合のハイライト番組を放送することになった。放送は日テレと資本関係がある東京ケーブルネットワーク(TCN)の提携により、東京ドーム内の特設スタジオから放送される(番組中の字幕は中継映像以外はTCN仕様[1]のフォントが使われている)。

但し8月の特定の1カード[2]については、汐留本社での「超☆汐留パラダイス」で当番組解説者によるパブリックビューイングイベントが行われているため、汐留本社のスタジオ(本来は『徳光和夫の週刊ジャイアンツ』の生放送で使用するスタジオ)から放送が行われている。

基本の放送時間編集

  • ジャイアンツ プレゲームショー 試合開始1時間前〜15分前(45分)
  • UNDER ARMOURプレゼンツ ジャイアンツ ポストゲームショー 原則として試合開始4時間後から4時間半後(30分 アンダーアーマー[3]協賛)
ナイターの場合は18時開始であるので、「プレゲームショー」は17:00-17:45、「ポストゲームショー」は22:00-22:30の時間枠を設定している。
レギュラーシーズンに加え、ポストシーズンに進出した場合でも、レギュラーシーズンに準じた体裁で同様の放送が行われる。

放送内容編集

  • 試合ハイライト・展望
  • 会場に来られたファンへのインタビュー
  • 解説者が選ぶ激!アツG戦士(ポストゲームショーのみ)

特記事項編集

  • 「ポストゲームショー」は試合の進行状況により開始時間を延期する場合があるほか、土・日曜の一部試合ではMoto GP世界選手権や、IAAFダイヤモンドリーグ陸上競技)が放送される場合、それらの関係で、定時番組枠としての「ポストゲームショー」を放送しない日がある。
  • また、定時放送の終了予定時間(試合開始4時間後)よりも前に早く試合が終了した場合は「先出し!! ポストゲームショー」をフィラーとして放送するため、実質「ポストゲームショー」の時間が延長となる(この場合でも、アンダーアーマー協賛は試合開始4時間後からで、それまではノンスポンサーである)。土・日に上記のイベントの開催・放送の都合で定時番組の「ポストゲームショー」が休止となる場合、極端に試合が長引かなければ「先出し!! ポストゲームショー」は放送されるため事実上の代替となる。
  • なお、再放送は基本的に行わないが、試合当日深夜(デーゲームは夜間のゴールデンタイム枠になる場合有。まれに編成の都合で翌日廻しになることもある)に行う中継そのもののディレイ(再放送)での「先出し!! ポストゲームショー」については再放送される。
  • 東京ドーム以外で行われる地方での巨人主管開催、およびビジター(阪神・広島戦)の放送カードである場合は当番組は放送せず、試合終了後は直ちに従来の「GIANTS in 東京ドーム」をフィラー放送するが、まれに東京ドームでの主管試合が長引いた場合にも左記番組を流す場合がある。さらに、東京ドーム巨人1軍主催試合が極端に早く終了し、定刻まで時間が余った場合[4]は本番組開始を16時59分か17時04分(デーゲームの場合)又は20時59分(ナイトゲームの場合)にし、その時間まで、「GIANTS in 東京ドーム」を流すケースもある。

出演編集

解説者

高橋はNHK BS1TBSラジオ兼任であるが、日テレ系の放送は日テレジータスのみである。

MC
※2015・16年度は主にプレ・ゲームショーは日テレアナウンサー、ポスト・ゲームショーは阿出川が担当していたが、2017年度からプレ・ゲームも阿出川が担当するようになった。なお阿出川は東京ドームでの主管試合開始前に、同球場前の東京ドームシティーで行われるホームゲームイベントの司会を担当しており、その模様がプレ・ゲームショーで度々登場している。
アシスタント・レポーター
ゲスト
  • 糸井重里(2015年8月28日・巨人対中日戦。この日、糸井が編集長を務めるウェブ新聞ほぼ日刊イトイ新聞」と巨人軍がコラボレーションした「野球で遊ぼう!2015」[5]が開催され、試合終了後東京ドームの特設会場を訪れた。なお当日は会場内ミニFMを開局し、日テレジータス専属解説の古城ともども試合の解説を行った)
主題歌

脚注編集

  1. ^ 自局で年に1-2回程度東京ドームで行われる巨人主管の2軍戦の中継、およびGAORA北海道日本ハムファイターズ主管試合や、都市対抗野球大会のコミュニティーチャンネル向け中継(2013年までのGAORA向けも同じ。2014年J SPORTS向けはJ SPORTSの自社出し)で使うものと同じ。なお、TCN制作のこれらの試合中継では、日テレ仕様に似せた字幕表示のものを一部年度を除いて使用している
  2. ^ 2015年8月19日-8月21日2017年8月8日-8月10日の「巨人対阪神」戦、2016年8月23日-8月25日の「巨人対広島」戦
  3. ^ 2015年度以降の巨人軍ユニフォームスポンサーであり、日テレG+の中継においてもシーズン協賛スポンサー(巨人主管試合に限る)としてクレジットされている。
  4. ^ 2017年7月10日(月)の対ヤクルト戦中継時が該当している。
  5. ^ 野球で遊ぼう。2015

外部リンク編集