ジャイルズ・コーリー

ジャイルズ・コーリー英語: Giles Corey, c. 1611年9月11日 - 1692年9月19日)は、妻マーサ・コーリーと共に、セイラム魔女裁判魔術を使ったとして告発された。逮捕された後、コーリーは有罪か無罪か裁定されることを拒否した。自白を強要するべく、彼は3日間拷問を受け、(アメリカ合衆国司法史上唯一の)石責めによる圧殺によって死亡した[1]

ジャイルズ・コーリー
Giles Corey restored.jpg
ジャイルズ・コーリーの圧殺
生誕c. 1611年8月
イングランド王国の旗 イングランド王国, ノーサンプトン
死没 (1692-09-19) 1692年9月19日(81歳没)
マサチューセッツ湾直轄植民地, セイラム
職業農家
罪名魔術
刑罰法令上はなし
犯罪者現況死刑
配偶者マーガレット (1664年 死別)
メアリー・ブライト (1664年-84年 死別)
マーサ・コーリー (1690年-92年 彼の死により死別)
子供デリヴァランス (1658年8月5日生)
ジャイルズとエリザベス・コーリー

コーリーは、彼を拘束していた刑務所に隣接する場所で死亡したと考えられているが、その後、1801年に開かれたセイラム のハワード・ストリート墓地に埋葬された。墓地で彼が眠っている位置は特定されておらず、不明である。近くのチャーター・ストリート墓地に彼の記念碑がある。

参考文献編集

  1. ^ アレン・ワインスタイン『ビジュアル・ヒストリー アメリカ―植民地時代から覇権国家の未来まで』p.67。

外部リンク編集