メインメニューを開く

ジャガー・R2 (Jaguar R2) は、ジャガー・レーシング2001年のF1世界選手権参戦用に開発し投入したフォーミュラ1カー

ジャガー・R2
ペドロ・デ・ラ・ロサがドライブするR2(カナダGP)
ペドロ・デ・ラ・ロサがドライブするR2(カナダGP)
カテゴリー F1
コンストラクター ジャガー
デザイナー ゲイリー・アンダーソン
スティーヴ・ニコルズ
先代 ジャガー・R1
後継 ジャガー・R3
主要諸元
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド, トーションバー,
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド, トーションバー,
エンジン コスワース CR3 2,998 cc (182.9 cu in) 72度, V10 NA
トランスミッション ジャガー製 7速 縦置き セミAT シーケンシャル
燃料 テキサコ
タイヤ ミシュラン
主要成績
チーム ジャガー・レーシング
ドライバー 18. アイルランドの旗 エディ・アーバイン
19. ブラジルの旗 ルチアーノ・ブルティ
19. スペインの旗 ペドロ・デ・ラ・ロサ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 2001年オーストラリアグランプリ
出走優勝ポールFラップ
17000
テンプレートを表示

開発と背景編集

前年のR1の不振によりテクニカルディレクターのゲイリー・アンダーソンが解任され、2000年末に加入したスティーブ・ニコルズが後を受け継いだ。

ドライバーはチーム2年目になるエディ・アーバインと、2000年オーストリアグランプリでアーバインの代役を務めたルチアーノ・ブルティがドライブした。しかしながらブルティは4戦を走ったのみでペドロ・デ・ラ・ロサと交代した。

 
整備中のR2

ジャガーチームにとってデビューイヤーの2000年シーズンは4ポイントしか獲得できず、2001年シーズンは強化の年となった。R2は前年のR1よりも保守的な設計となり信頼性も向上した。モナコGPではアーバインがチーム初の3位表彰台を獲得。これを含め4戦で入賞し、最終的に9ポイントを得て、コンストラクターズランキング8位でシーズンを終えた。

チームは契約関係でシーズン中の注目を集めることとなった。マクラーレンのテクニカル・ディレクター、エイドリアン・ニューウェイがチームとの契約を交わしたが、すぐに翻意し移籍を取りやめることとなった。この契約はジャガーのチーム代表であったボビー・レイホールが取り決めたものであった。また、アーバインをジョーダンに譲るという契約も失敗に終わり、レイホールはチームを離脱することとなる。後任のチーム代表にはニキ・ラウダが着任した。


F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント 順位
2001年 ジャガー コスワース V10 M AUS
 
MAL
 
BRA
 
SMR
 
ESP
 
AUT
 
MON
 
CAN
 
EUR
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
USA
 
JPN
 
9 8位
  アーバイン 11 Ret Ret Ret Ret 7 3 Ret 7 Ret 9 Ret Ret DNS Ret 5 Ret
  ブルティ 8 10 Ret 11
  デ・ラ・ロサ Ret Ret Ret 6 8 14 12 Ret 11 Ret 5 12 Ret

参照編集

外部リンク編集