メインメニューを開く
XK140
リアスタイル
室内

ジャガー・XK140Jaguar XK140 )はイギリスの自動車メーカージャガー1954年[1][2]から1957年まで[2]生産していたスポーツカーである。

概要編集

1954年のロンドンモーターショーにマークVII Mと同時に、XK120の後継改良型として発表された[2]。XK140という名前は最高速度が140mph(約225km/h)であることによる。

外観はXK120と似ている[2]が、「フロントグリルの、縦バーの本数が少ない[2]」「バンパーが大型化された[2]」点で識別できる。またクーペモデルはイメージそのままに室内が165mm延長され、2+2になった[2]

クーペの場合ボディは全長4,470mm、全幅1,640mm、全高1,400mm[1]。ホイールベース2,590mm、車両重量1,295kg[1]

搭載された直列6気筒XKエンジンは内径φ84.0mm×行程106.0mmの3,442cc[1]で、圧縮比は8.0[1]SU製1 3/4のツインキャブレター[1]を装備し出力はマークVII Mと同様190hp[2][1]/5,500rpm[1]、トルク28.1kgm/3,000rpm[1]に向上、SE仕様ではCタイプのシリンダーヘッドを流用し210hp/5,700rpmを発揮した[2]。搭載位置はキャビン足元スペースを確保するため76.2mm前方へ移動、これにより重量配分が50:50になり、ハンドリング向上にも寄与している[2]

トランスミッションはオーバードライブ付きの4MT[1]

ブレーキも前後ともドラム[1]ながら改良された。

ステアリングもCタイプと同じく[2]ラック・アンド・ピニオン[2][1]を装備した。

1957年5月XK150発売に伴い製造中止された[2]

関連項目編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『ワールド・カー・ガイド12ジャガー』pp.165-185「プロダクション・モデルのスペック」。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 『ワールド・カー・ガイド12ジャガー』pp.47-70「ジャガー・カーズの誕生」。

参考文献編集

  • 『ワールド・カー・ガイド12ジャガー』ネコ・パブリッシング ISBN 4-87366-105-6