メインメニューを開く

ジャクメル (Jakmèl) は1698年に建設されたハイチ南部の都市。南東県の首都。タイノ語のヤキメル (Yaquimel) から。推定人口は4万人で町の様子は19世紀からあまり変わっていない。港町であり、ニューオーリンズ風の大邸宅に住む富裕なコーヒー商人の拠点となった。町の建物にはフランスで購入された鉄製の柱やバルコニーが据えられた。今日、これらの家の多くは、紙粘土の仮面や木彫の動物の置物などを売る工芸店となっている。近年の努力によりかつての葉巻とコーヒー産業が復興しつつある。ジャクメルはその相対的な静けさと首都の最近の政治的混乱からの距離のためハイチでも人気の観光地となっている。

ジャクメル
Jakmèl
JacmelView.jpg
位置
の位置図
歴史
建設 1698年
旧名 ヤキメル
行政
ハイチの旗 ハイチ
 県 南東県
 市 ジャクメル
市長 エド・ゼニー
その他
等時帯 東部標準時 (UTC-5)
夏時間 東部夏時間 (UTC-4)

歴史編集

ジャクメルは1698年にフランス領サン=ドマングの南東部の首都として建てられた。この辺りはタイノ族のボヘチョの治めるハラグア首長国の領域だった。フランス人が到来し町を建設してヤキメルからジャクメルに改名された。

ナイフ戦争編集

トゥーサン・ルヴェルチュール1799年6月に始まったいわゆるナイフ戦争でジャクメルでアンドレ・リゴーと戦った。11月に反乱軍はこの町に追詰められた。守備隊の司令官はアレクサンドル・ペションだった。1800年3月にジャクメルは陥落し戦争は終結した。ペションらムラートの指導者はフランスへ亡命した。

フランシスコ・デ・ミランダ ベネスエラの国旗を定める編集

シモン・ボリバルの前にラテンアメリカスペインによる植民地支配からの解放闘争を指導したフランシスコ・デ・ミランダはジャクメル近郊でベネスエラの最初の国旗を定めた。ジャクメル湾に停泊し、1806年3月12日コルベット艦リアンダー号の艦上で最初のベネスエラ国旗を掲げた。この日は今日もベネスエラで国旗の日として祝われる。

ラモン・エメテリオ・ベタンセス アンティル連合を模索編集

プエルトリコの独立派指導者ラモン・エメテリオ・ベタンセス1870年ドミニカ共和国の反乱への支持と自由政府の樹立のためジャクメルに一時滞在した。当時のハイチ大統領ニサージュ・サジェはベタンセスの全アンティル連合の構想を支持し彼の蜂起を支援した。

近年編集

2004年からジャクメル映画祭が開かれるようになった。2007年にはジャクメル音楽祭が開かれ、成功裡に終わった。謝肉祭の頃には近くの青い泉と砂浜に多くの観光客が訪れる。

2007年2月、新しく選出されたエド・ゼニー市長が就任した。

著名な人物編集

メディア編集

ラジオ編集

  • Radio Ambiance FM
  • Ambiance TV
  • Radio Anacaona
  • Radio TeleDiffusion Jacmelienne
  • Radio Tele-Express Continental
  • Radio Vibration Inter
  • Radio Jacmel Inter
  • Radio Détente
  • Radio Négritude

画像編集

外部リンク編集