メインメニューを開く

ジャスティン・ジェームズ・ウィルソンJustin James Wilson, 1987年8月18日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州アナハイム出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBニューヨーク・メッツ所属。愛称はJウィリー[1]

ジャスティン・ウィルソン
Justin Wilson
ニューヨーク・メッツ #38
Justin Wilson pitching for the Mets, March 2, 2019 (cropped).jpg
ニューヨーク・メッツ時代
(2019年3月2日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州アナハイム
生年月日 (1987-08-18) 1987年8月18日(32歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 MLBドラフト5巡目
初出場 2012年8月20日 サンディエゴ・パドレス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入り前編集

2005年MLBドラフト37巡目(全体1126位)でロサンゼルス・ドジャースから指名されたが、契約せずにカリフォルニア州立大学フレズノ校へ進学した。大学時代は3年時の2008年にエースとして大学全米一を経験し、決勝戦では勝利投手となった[2]。この時のチームメイトにジャスティン・ミラーがいる。

プロ入りとパイレーツ時代編集

2008年のMLBドラフト5巡目(全体144位)でピッツバーグ・パイレーツから指名を受けてプロ入り。2009年にA-級リンチバーグ・ヒルキャッツでプロデビューした。

マイナーでは先発投手として起用され、2010年はAA級アルトゥーナ・カーブで11勝、2011年はAAA級インディアナポリス・インディアンスで10勝、2012年はAAA級インディアナポリスで9勝を挙げた。

2012年8月20日のサンディエゴ・パドレス戦でメジャーデビュー。同年パイレーツでは6試合全てリリーフで登板して勝敗なしの防御率1.93だった。

2013年からは左の中継ぎとして完全にメジャーに定着し、同年は58試合に登板して6勝1敗、防御率2.08、15ホールドの好成績で、チームの21年ぶりのシーズン勝ち越し及びポストシーズン進出に貢献した。

ヤンキース時代編集

2014年11月12日にフランシスコ・セルベーリとのトレードで、ニューヨーク・ヤンキースへ移籍した[3]

2015年は、2年連続70試合以上・チームトップタイとなる74試合でマウンドに登り、無敗で5勝を挙げて防御率3.09・WHIP1.13という好成績を記録、大きく躍進するとともにチームのプレーオフ進出にも多大な貢献を示した。

タイガース時代編集

2015年12月9日にチャド・グリーンルイス・セッサとのトレードで、デトロイト・タイガースへ移籍した[4]

2016年は、66試合に登板したが、防御率4.14、6被本塁打、WHIP1.33とやや打ち込まれた。なお同年、メジャー初セーブを記録した。

2017年フランシスコ・ロドリゲスの不調に伴い、シーズン途中からクローザーを任され、42試合で3勝4敗13セーブ、防御率2.68を記録した。

カブス時代編集

2017年7月31日にヘイメル・キャンデラリオアイザック・パレデス英語版後日発表選手とのトレードで、アレックス・アビラと共にシカゴ・カブスへ移籍した[5]。移籍後は調子を崩し、23試合で1勝0敗、防御率5.09、WHIP2.09を記録した。

2018年は71試合に登板して4勝5敗、防御率3.41、69奪三振を記録した。オフの10月29日にFAとなった[6]

メッツ時代編集

2019年1月28日にニューヨーク・メッツと2年総額1000万ドルの契約を結んだ[7]

投球スタイル編集

投球の約8割を速球が占めるパワーピッチャー。2015年シーズン終了時の左右別被打率は左打者.235、右打者.209と右も苦にしない[8][9]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2012 PIT 8 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 26 4.2 10 0 3 0 0 7 1 0 1 1 1.93 2.79
2013 58 0 0 0 0 6 1 0 15 .857 295 73.2 50 4 28 1 3 59 5 0 17 17 2.08 1.06
2014 70 0 0 0 0 3 4 0 16 .429 256 60.0 49 4 30 5 3 61 4 0 30 28 4.20 1.32
2015 NYY 74 0 0 0 0 5 0 0 29 1.000 244 61.0 49 3 20 0 2 66 4 0 21 21 3.10 1.13
2016 DET 66 0 0 0 0 4 5 1 25 .444 251 58.2 61 6 17 2 1 65 4 0 29 27 4.14 1.33
2017 42 0 0 0 0 3 4 13 8 .429 157 40.1 22 5 16 0 0 55 3 0 12 12 2.68 0.94
CHC 23 0 0 0 0 1 0 0 1 1.000 91 17.2 18 0 19 1 1 25 1 0 11 10 5.09 2.09
'17計 65 0 0 0 0 4 4 13 9 .500 248 58.0 40 5 35 1 1 80 4 0 23 22 3.41 1.29
2018 71 0 0 0 0 4 5 0 16 .444 236 54.2 45 5 33 1 0 69 4 1 22 21 3.46 1.43
MLB:7年 412 0 0 0 0 26 19 14 110 .578 1556 370.2 304 27 166 10 10 407 26 1 143 137 3.33 1.27
  • 2018年度シーズン終了時

背番号編集

  • 61(2012年)
  • 37(2013年 - 2014年、2017年8月1日 - 2018年)
  • 41(2015年)
  • 38(2016年 - 2017年7月30日、2019年 - )

脚注編集

  1. ^ Explaining Cubs Players Weekend nicknames MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月29日閲覧
  2. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』廣済堂出版、2014年、352頁。ISBN 978-4-331-51809-0
  3. ^ “Yankees acquire left-handed pitcher Justin Wilson” (英語) (プレスリリース), MLB.com (New York Yankees), (2014年11月13日), http://m.yankees.mlb.com/news/article/101285834/yankees-acquire-left-handed-pitcher-justin-wilson 2015年12月11日閲覧。 
  4. ^ Jason Beck (2015年12月10日). “Bullpen need filled as Tigers land Wilson” (英語). MLB.com. 2015年12月11日閲覧。
  5. ^ Carrie Muskat (2017年7月31日). “Cubs add LHP Wilson, C Avila from Tigers” (英語). MLB.com. 2017年8月3日閲覧。
  6. ^ MLB公式プロフィール参照。2019年3月15日閲覧。
  7. ^ Mets officially sign Wilson, designate Cecchini” (英語). MLB.com (2019年1月28日). 2019年3月15日閲覧。
  8. ^ 「デトロイト・タイガース」『2016MLB選手名鑑全30球団コンプリートガイド』 日本スポーツ企画出版社 38頁
  9. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2016』廣済堂出版、2016年、168頁。ISBN 978-4-331-52002-4

関連項目編集

外部リンク編集