メインメニューを開く

ジャズ・シンガー』(The Jazz Singer)は、1952年アメリカ合衆国の映画で、初期のトーキーとして有名な1927年の映画ジャズ・シンガー』のリメイク作品。ダニー・トーマスペギー・リーエドワード・フランツ英語版が主演し、アカデミー作曲賞にノミネートされた。内容は、アル・ジョルスンが主演したオリジナルとほぼ同様のあらすじに沿って展開する。この作品も、オリジナル同様、ワーナー・ブラザースが配給した。

ジャズ・シンガー
The Jazz Singer
監督 マイケル・カーティス
脚本 サムソン・ラファエルソン英語版
フランク・デイヴィス (Frank Davis)
レナード・スターン英語版
Lewis Meltzer
製作 Louis F. Edelman
出演者 ダニー・トーマス
ペギー・リー
音楽 レイ・ヘインドルフ英語版
マックス・スタイナー
撮影 カール・E・ガスリー英語版
編集 アラン・クロスランドJr. (Alan Crosland Jr.)
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗
  • 1952年12月30日 (1952-12-30)
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 200万ドル[1]
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

朝鮮戦争から帰ってきた若い兵士ジェリー・ゴールディング (Jerry Golding) は、ショービジネスの世界で成功するが、ジェリーが6世代続いた家業であるユダヤ教ハッザーン(先唱者)を継承することを期待していた父親を失望させることとなる。先唱者デイヴィッド・ゴールディング (David Golding) は、自分にとって、息子は死んでしまったのだと、悲しみの中でカッディーシュを唱える。ジェリーが、病に倒れた父に代わって「コール・ニドレイ英語版」を歌うべく戻ってきたとき、涙の和解が遂げられる。

キャスト編集

俳優 配役
ダニー・トーマス ジェリー・ゴールディング
ペギー・リー ジュディ・レイン (Judy Lane)
エドワード・フランツ 先唱者デイヴィッド・ゴールディング
ミルドレッド・ダンノック英語版 ミセス・ルース・ゴールディング (Mrs. Ruth Golding)
アレックス・ジェリー (Alex Gerry) アンクル・ルイス (Uncle Louis)
アリン・ジョスリン英語版 ジョージ・ミラー (George Miller)
トム・タリー英語版 マクガーニー (McGurney)

脚注編集

  1. ^ 'The Top Box Office Hits of 1953', Variety, January 13, 1954

外部リンク編集