ジャズ・スタンダード

ジャズ・スタンダードとは、ジャズ・ミュージシャンのレパートリーの重要な部分を占める楽曲であり、ジャズ・ミュージシャンに広く知られ、演奏され、録音され、聴衆に広く知られたものである。決定的なジャズ・スタンダードの一覧英語版と言ったものは存在せず、スタンダード・ナンバーは時代と共に変化する。著名なフェイク・ブック(ポピュラー曲のリード・シートを集めたもの)やジャズの参考書はどの曲がスタンダード曲とみなされているかの大まかな手引きを示している。

全てのジャズ・スタンダードがジャズの作曲家によって書かれたわけではない。多くの曲がティン・パン・アレーの人気のある曲、ブロードウェイショー・チューンハリウッドミュージカル映画の楽曲などのグレイト・アメリカン・ソングブックを起源としている[1]。ヨーロッパでは、ジャズ・スタンダードと「フェイク・ブック」には著名なジャズ演奏家によってジャズ的に演奏されたスカンジナビアなどの伝統的な民謡や、ジプシーのメロディーといった民族音楽の曲が含まれている。一般的な楽曲がジャズ・スタンダードとみなされるのはジャズ・ミュージシャンの間で広く演奏される楽曲の場合である。ジャズ・スタンダードにはブルースやポピュラー音楽のスタンダード曲と重複するものもある。

最も多く録音されているジャズ・スタンダードは1930年代から20年以上に渡ってW・C・ハンディ英語版の「セントルイス・ブルース」であったが、そのあとはホーギー・カーマイケルの「スターダスト」がとってかわった[2]。今日、この地位はジョニー・グリーン英語版による「ボディ・アンド・ソウル英語版」が保持している[3]。ジャズ・ミュージシャンによる楽曲で最も多く録音されているのはセロニアス・モンクの「ラウンド・ミッドナイト」である[4]

1920年以前編集

 
ニューヨーク市Reisenweber's Cafeで演奏するオリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンド、1918年のプロモーション用ポストカードから。(左から右に)ドラムのトニー・スバーバロ英語版(別名トニ―・スパーゴ)、トロンボーンのエディ・エドワーズ英語版、コルネットのD.ジェイムス・"ニック"・ラロッカ、クラリネットのラリー・シールズ英語版、ピアノのヘンリー・ラガス英語版

20世紀への変化でのそのコンセプトから、ジャズはダンスを目的とした音楽だった。このことが初期のジャズ・グループが演奏する素材の選択に影響を与え、キング・オリヴァークレオール・ジャズ・バンド英語版ニューオリンズ・リズム・キングス英語版などはティン・パン・アレーの人気曲を多数レパートリーに含んでおり、レコード会社はしばしば彼らの力を使ってどの曲が彼らのアーティストによって録音されるべきかを指定した。特定の曲はレコード会社の重役によってプッシュされため、1916年12月にブルー・アンベロールトーマス・A・エジソン社英語版のためにコリンズとハーラン英語版によって "That Funny Jas Band from Dixieland (1916)" が録音され[5]:80、1917年にオリジナル・ディキシーランド・ジャス・バンドが "Darktown Strutters' Ball" と "Indiana" を録音するとすぐにスタンダード曲となった[6]。ラベルに「Jass」と記された最初のレコード、The Original Dixieland One-Step は1917年にビクタートーキングマシン社からカタログ番号18255として発売された[7]:7。もともと単に「ジャズ」と呼ばれていた初期のジャズバンドの音楽は、その後のサブジャンルと区別するために、今日では「ディキシーランド」または「ニューオーリンズ・ジャズ」と呼ばれている[8]

ジャズはブラスバンドの音楽、ブルースラグタイム霊歌といった20世紀初頭のニューオリンズの音楽的伝統を起源としており[9]、もっとのもポピュラーな初期のスタンダード曲のいくつかはこれらの影響を受けている。ラグタイム曲「12番街のラグ (Twelfth Street Rag)」と「タイガー・ラグ (Tiger Rag)」はジャズ・アーティストに人気の曲となり、ブルース曲の「セントルイス・ブルース (St. Luis Blues))」や「セント・ジェームス病院 (St. James Infirmary)」も同様だった。ティン・パン・アレーのソングライターたちは「インディアナ (Indiana)」や「アフター・ユーヴ・ゴーン (After You've Gone)」などの数曲をジャズ・スタンダードに付け加えた。そのほかの「サム・オブ・ジーズ・デイズ英語版」や "Darktown Strutters' Ball" といった曲はヴォードヴィル芸人によって広められた。この期間に最も多く録音されたスタンダード曲はW・C・ハンディ英語版の「セントルイス・ブルース」、ターナー・レイトン英語版ヘンリー・クリーマー英語版の「アフター・ユーヴ・ゴーン」、ジェイムズ・ハンリー英語版バラード・マクドナルド英語版の「インディアナ」である[10]

1920年代編集

ジャズ・エイジ」と知られている期間は1920年代にアメリカ合衆国で始まった。年配の世代がジャズを不道徳で、古くからの文化的価値への脅威だとみなしていたにもかかわらず、ジャズは全米で人気の音楽となった[11]チャールストンブラック・ボトム英語版といったダンスはこの時期に非常に人気となり、ジャズ・バンドは7人から12人のミュージシャンで編成されていた。ニューヨークの主要な楽団はフレッチャー・ヘンダーソンポール・ホワイトマン英語版デューク・エリントンらに率いられていた。多くのニューオーリンズのジャズマンが1910年代に職を求めてシカゴに移住しており、その中でもニューオリンズ・リズム・キングス英語版クレオール・ジャズ・バンド英語版ジェリー・ロール・モートンたちは当地でレコーディングした。しかしながら、1920年代の終わりにはジャズ界の中心としてのシカゴの重要性はニューヨークの熱狂の前に薄らいでいた[12]

ジャズの初期のころ、レコード会社はしばしば彼らのミュージシャンがどの曲を録音するのかをとても決めたがっていた。1920年代の人気曲は「スウィート・ジョージア・ブラウン英語版」、「ダイナ」、「バイ・バイ・ブラックバード英語版」といったポップヒットだった。最初に選曲の自由を手にしたジャズ・アーティストはルイ・アームストロングであり、彼のバンドは1920年代と30年代に初期のスタンダード曲を数多く世に広めた[6]

ジャズ・アーティストによって作られたいくつかの曲はスタンダード曲として持ちこたえ、その中にはファッツ・ウォーラーの 「ハニーサックル・ローズ」と「浮気はやめた」が含まれている。1920年代のスタンダード曲で最も録音されたのはホーギー・カーマイケルミッチェル・パリッシュの「スターダスト」である[13]。1920年代にはジョージ・ガーシュウィンアイラ・ガーシュウィンの「私の彼氏英語版」(1924年)、アーヴィング・バーリンの「ブルー・スカイ」(1927年)、コール・ポーターの「恋とは何でしょう(1929年)といったいくつかの曲がブロードウェイの作曲家によって作られ、スタンダード曲となった。しかしながら、ブロードウェイ曲のハーモニーやメロディが洗練されてミュージシャンにとって心地よいものとなって彼らのレギュラー・レパートリーに加え始めるのは1930年代になってからだった[12]

1930年代編集

ブロードウェイ・シアターは1930年代に最も人気のあった何曲かのスタンダード曲に貢献し、その中にはジョージ・ガーシュウィンアイラ・ガーシュウィンの「サマータイム」(1935年)、リチャード・ロジャースロレンツ・ハートの「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」(1937年)、ジェローム・カーンオスカー・ハマースタイン2世の「オール・ザ・シングス・ユー・アー英語版」(1939年)などが含まれている。これらの曲は、今でも史上最も録音されたスタンダード曲に数えられている[13]。1930年代にもっとも人気があったスタンダード曲、ジョニー・グリーン英語版の「ボディ・アンド・ソウル英語版」はブロードウェイで披露され、1939年にコールマン・ホーキンスによって録音されてから大ヒットした[3]

1930年代にはスウィング・ジャズがアメリカ音楽の支配的なスタイルとして台頭してきた。デューク・エリントンと彼のバンドメンバーは後にスタンダード曲となった「スウィングしなけりゃ意味ないね英語版」(1932年)、「ソフィスティケイテッド・レディ」(1933年)、「キャラバン」といった数多くのスウィング時代のヒット曲を作った。この時期の影響力のあるバンドリーダーとしては、ほかにベニー・グッドマンカウント・ベイシーが挙げられる。

1940年代編集

スウィング時代は1940年代のなかばまで続き、デューク・エリントンの「コットン・テイル英語版」(1940年)やビリー・ストレイホーンの「A列車で行こう」などの人気曲を生み出した。第二次世界大戦が始まるとビッグ・バンドを維持することが困難になり、小さなグループに対する人気への移行がおこった。ルイ・ジョーダンなどのスウィング時代のミュージシャンの何人かは、1950年代のロックンロールの源流となる「リズム・アンド・ブルース」と呼ばれる種類の音楽で、のちに人気を得た[14]

ビバップは1940年代初頭に登場し、チャーリー・パーカーディジー・ガレスピーセロニアス・モンク達が先陣を切った。これは洗練されたハーモニー、速いテンポとしばしば名人芸の演奏法によって、初期のスタイルのジャズよりも特別な聴衆にアピールした。ビバップのミュージシャンはしばしば1930年代の、特にブロードウェイ・シアターのミュージカルからのスタンダード曲を自身のレパートリーの一部として使用した[14]。ビバップ・ミュージシャンによって書かれたスタンダード曲の中にはガレスピーの「ソルト・ピーナッツ英語版」(1941年)と「チュニジアの夜」(1942年)、パーカーの「アンソロポロジー英語版」(1946年)、「ヤードバード組曲」(1946年)と「スクラップル・フロム・ジ・アップル英語版」(1947年)、そしてジャズ・ミュージシャンによって書かれたスタンダード曲のなかでもっとも録音された曲であるモンクの「ラウンド・ミッドナイト」などがある[4]

1950年代とその後編集

マイルス・デイヴィスの『カインド・オブ・ブルー』などのモード・ジャズのレコードが1950年代後半にはポピュラーなものになっていた。モード・ジャズの人気のあるスタンダード曲としてはデイビスの「オール・ブルース」や「ソー・ホワット英語版」(ともに1959年)、ジョン・コルトレーンの「インプレッションズ英語版」(1963年)とハービー・ハンコックの「処女航海」(1965年)などが挙げられる。その後、サクソフォン奏者のウェイン・ショーターとピアニストのハービー・ハンコックが参加したデイヴィスの「第二期グレートクインテット」は1960年代半ばから終盤にかけて高く評価されている一連のアルバムを録音した。このセッションからのスタンダード曲としては、ショーターの「フットプリンツ英語版」(1966年)とエディ・ハリス英語版による「フリーダム・ジャズ・ダンス英語版」(1966年)がある。

ブラジルでは1950年代後半にボサノヴァと呼ばれる新しいスタイルの音楽が発展していた。ジャズと共にブラジルのサンバを基礎とし、ジョアン・ジルベルトアントニオ・カルロス・ジョビンルイス・ボンファ英語版らによって提唱された。ジルベルトとスタン・ゲッツは1963年の共同アルバム『ゲッツ/ジルベルト』でアメリカ合衆国にボサノヴァ・ブームを巻き起こした。このジャンルの楽曲の中ではボンファの「カーニバルの朝」(1959年)、マルコス・ヴァーリの「サマー・サンバ英語版」(1966年)および「デサフィナード」(1959年)、「イパネマの娘」(1962年)、「静かな夜英語版」(1962年)を含む数多くのジョビンの曲が今日もスタンダード曲と見做されている。その後、エドゥ・ロボエグベルト・ジスモンチといった作曲家が"Casa Forte"、"Frevo Rasgado"、"Loro"となどの楽曲でブラジルのジャズ・レパートリーに大きな貢献をした。

ジャズ・フュージョン・ムーヴメントが、有名なところではファンクロックなどのほかのスタイルの音楽と、ジャズとを融合させた。その黄金時代は1960年代後半から1970年代半ばまでだった。ウェザー・リポートチック・コリアリターン・トゥ・フォーエヴァー、ハービー・ハンコックとザ・ヘッドハンターズマンハッタン・トランスファーマハヴィシュヌ・オーケストラなどのトップ・フュージョン・アーティストはジャンル横断的な人気を博したが、1980年代に切り替わるころにはこのジャンルへの一般の関心は薄れていた。フュージョンでの最大級のヒット曲、コリアの「スペイン」(1971年)、ハンコックの「カメレオン英語版」(1973年)、ジョー・ザヴィヌルの「バードランド英語版」(1977年)などはその後も何度もカバーされ、モダン・ジャズのスタンダード曲と見做されている。

リンダ・ロンシュタットジェームス・イングラムが歌った「サムホエア・アウト・ゼア」、ビートルズの「イエスタデイ」、ザ・ビーチ・ボーイズの「神のみぞ知る」、ヴァン・モリソンの「ムーン・ダンス」などのポップやロック・アーティストによって書かれた多くの曲もスタンダード曲となっている。

脚注編集

出典編集

  1. ^ What Types of Compositions Become Jazz Standards?, jazzstandards.com - retrieved on March 20, 2009
  2. ^ St. Louis Blues at jazzstandards.com - retrieved on February 20, 2009
  3. ^ a b Body and Soul at jazzstandards.com - retrieved on February 20, 2009
  4. ^ a b 'Round Midnight at jazzstandards.com - retrieved on February 20, 2009
  5. ^ Hoffmann, Frank; B. Lee Cooper; Tim Gracyk (2012-11-12). Popular American Recording Pioneers: 1895-1925. Routledge. ISBN 9781136592294 
  6. ^ a b Tyle, Chris. “Jazz History”. JazzStandards.com. 2009年5月18日閲覧。
  7. ^ Hancoff, Steve (2005-10-26). New Orleans Jazz for Fingerstyle Guitar. Mel Bay Publications. ISBN 9781610658294 
  8. ^ Kernfeld 1995, p. 2
  9. ^ Hardie 2002, p. 27
  10. ^ Tyle, Chris. “Jazz History: The Standards (Early Period)”. JazzStandards.com. 2009年6月18日閲覧。
  11. ^ Faulkner, Anne Shaw (August 1921). “Does Jazz Put the Sin in Syncopation?”. Ladies Home Journal: 16–34. オリジナルの20 June 2010時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100620065510/http://faculty.pittstate.edu/~knichols/syncopate.html 2010年3月20日閲覧。. 
  12. ^ a b Tyle, Chris. “Jazz History: The Standards (1920s)”. JazzStandards.com. 2009年8月20日閲覧。
  13. ^ a b Songs – Top 50”. JazzStandards.com. 2009年8月15日閲覧。
  14. ^ a b Jazz History: The Standards (1940s) on jazzstandards.com - retrieved on May 18, 2009

参考文献編集

追加資料
  • Hardie, Daniel (2002). Exploring Early Jazz: The Origins and Evolution of the New Orleans Style. iUniverse. ISBN 0-595-21876-8 
  • Kernfeld, Barry Dean (1995). The Blackwell Guide to Recorded Jazz. Wiley-Blackwell. ISBN 0-631-19552-1