ジャッキー・オリバー

キース・ジャック・"ジャッキー"・オリバーKeith Jack "Jackie" Oliver, 1942年8月14日 - )は、イギリスの元レーシングドライバー、チームオーナー。エセックスチャドウェル・ヒース出身。彼はレーシングドライバーであると共に、アロウズの創立者の一人としてよく知られる。レーシングドライバーとして彼はル・マン24時間レースカンナム・チャンピオンシップの両方のタイトルを獲得した。

ジャッキー・オリバー
Jackie Oliver
Jackie Oliver 1969 kl.JPG
ジャッキー・オリバー (1969年)
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
生年月日 (1942-08-14) 1942年8月14日(80歳)
出身地 キース・ジャック・オリバー
Keith Jack Oliver
イングランドの旗 イングランド
エセックス州チャドウェル・ヒース
基本情報
F1での経歴
活動時期 1967,1968-1970,1971,1972,1973,1977
所属チーム '67,'68 ロータス
'69-'70,'72 BRM
'71 マクラーレン
'73,'77 シャドウ
出走回数 52 (50スタート)
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 2
通算獲得ポイント 13
ポールポジション 0
ファステストラップ 1
初戦 1967年ドイツGP
最終戦 1977年スウェーデンGP
テンプレートを表示
ル・マン24時間での経歴
1968-1969,1971
チームJ.W.オートモーティヴ
最高位1位 (1969)
クラス優勝1 (1969)

レーサーとしての経歴編集

レース経歴を1961年から始め、初めはイギリスのクラブサルーンレースでミニをドライブした。続いてロータス・エランによるGTレースにステップアップ、何度か上位入賞し、その後フォーミュラ3で苦戦、彼の速さはメカニカルトラブルでしばしば無駄となった。

それにもかかわらず、1967年に彼はチーム・ロータスフォーミュラ2チームに移籍、ドイツグランプリでグランプリデビュー、F2クラス優勝、総合で5位という成績を上げた。1968年にはコーリン・チャップマンによってF1チームに引き上げられ、ジム・クラーク死去後のロータスF1のシートを得た。彼の契約はF2マシンのドライブは含まれていなかった。ハーツ・アンド・エセックス・エアロクラブの運営責任者であったトニー・ラドリンとの議論で、クラブのカラーで車を走らせるという取引が行われた。ロータスは車両とメカニックを供給し、ラドリンはチームマネージャーを務めた。F2チームの車両は完全なロータス仕様ではなかったが、運営は総じてうまく行った。年末にチームはアルゼンチン・テンポラーダの4レースに招待される。ハーツ・アンド・エセックスチームはシリーズランキング3位となる。F1のシーズンは苦戦し、オリバーはゴールのため苦闘した。イギリスグランプリではエンジントラブルでリタイアするまでトップを走行し、シーズンで完走したのは2度、彼の最高位は最終戦メキシコグランプリでの3位であった。

ヨッヘン・リント1969年ロータスと契約し、オリバーはBRMに移籍した。彼はBRMでの2年間を失意の内に過ごすこととなり、それは事実上、彼のグランプリキャリアを終わらせる原因となった。2年間で完走は4回のみで、ポイントを得たのは1969年メキシコグランプリでの6位と1970年オーストリアグランプリの5位のみであった。しかしながら彼は1970年シーズン、レース・オブ・チャンピオンズでは首位を走行してジャッキー・スチュワートを抑え、オランダグランプリやイギリスグランプリでは3位を走行して激しいバトルを繰り広げた。オリバーはオーストリアで5位に入ったが、彼がこのレースで優勝しなければならなかったと考えたチームのボス、ルー・スタンリーはこれを期待外れな結果ととらえ、その後良い車はチームメイトのペドロ・ロドリゲスに与えられた。しかしながらオリバーはその後イタリアグランプリでもレースをリードして見せた。スタンリーはオリバーについて「良いけれども、彼が考えるほどには全然良くはなかった。」と語っている[1]。BRMでのレースの大半はリタイアで終わった。メインスポンサーのヤードレーは彼が解雇されたのを知って驚き、失望した。ジャッキー・スチュワートはオリバーを大変良いグランプリ[2]およびカンナムドライバーであると判断している。[要出典]

彼の時期における耐久レースでの最高成績はジャッキー・イクスとともにドライブしたジョン・ワイアーのガルフ・フォード・GT40による、1969年のセブリング12時間レースル・マン24時間レースでの優勝と、ペドロ・ロドリゲスと組んで優勝した1971年のモンツァ1000kmレースである。

1969年、彼はカンナムオートコーストからデビューし[3]、続いて ドン・ニコルズシャドウから出走した。1971年、彼は再びF1にフル参戦しマクラーレンのサードカーを走らせた。1972年はシャドウからカンナムへの参戦に集中し、F1はイギリスグランプリにBRMからスポット参戦、リタイアに終わった。

1973年にシャドウはF1に参入し、オリバーはチームリーダーに指名された。シャドウ・DN1は難しいマシンであり、彼の活躍の機会はメカニカルトラブルで失われた。しかしながら、カナダでは好走し、多くがオリバーがこのレースで実際には優勝したと考えている。しかしレースでは、にわか雨のため多くのピットストップが発生し、さらにオーガナイザーが極めて不適当な形でペースカーを導入したことでラップチャートは混乱した。結果オリバーは3位に入賞したと認定されることとなり、これがこのシーズンで獲得した唯一のポイントとなった。

1974年はカンナムのタイトル獲得のために集中する。彼はその後シャドウの経営にも関わるようになっていたが、フォーミュラ5000にも3シーズン参戦し、1977年にはF1にもスポット参戦、レース・オブ・チャンピオンズでは5位に入賞、スウェーデングランプリでは9位となった。

アロウズ編集

1977年の終わりに彼はシャドウを離れ、企業家のフランコ・アンブロジオ、デザイナーのトニー・サウスゲートアラン・リース、エンジニアのデイブ・ウォスとともにアロウズを設立する。ドライバーはシャドウでの走りを評価し若手のリカルド・パトレーゼを引き抜いた。

アロウズはF1史上最長の未勝利記録を持ち、F1参戦開始から382戦に出走して1勝も挙げられなかった。しかしながら、チームは常に中位以上の競争力を持つマシンを提供し、フロントランナーにはなれなかったものの、しばしば有能な若いドライバーに活躍の場を与えた。創設時に起用したパトレーゼをはじめ、ティエリー・ブーツェンゲルハルト・ベルガーマルク・スレールマーティン・ドネリーらはF1経歴の初期にアロウズをドライブし成長していった。

1990年、オリバーはチームの株式の大半をフットワーク・コーポレーションに売却した。以後も彼はチームディレクターとしてピット内で指揮を執り続けたが、フットワーク社は1993年に金融トラブルでF1から撤退。オリバーは再びチームを手に入れたが、F1のハイテク化により膨大な参戦資金が必要な時代になると活動資金が足りず1996年にトム・ウォーキンショー率いるTWRに再び株式の大半を売却した。オリバーは1999年までチームに留まったが、その後残った株式を全て売却してアロウズから手を引いた。

レース戦績編集

フォーミュラ1編集

エントラント シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1967年 ロータス 48 (F2) フォードコスワース FVA 1.6 L4 RSA MON NED BEL FRA GBR GER
5
CAN ITA USA MEX NC 0
1968年 49 フォードコスワース DFV 3.0 V8 RSA ESP MON
Ret
15位 6
49B BEL
5
NED
NC
FRA
DNS
GBR
Ret
GER
11
ITA
Ret
CAN
Ret
USA
DNS
MEX
3
1967年 オーウェンBRM P133 BRM P101 3.0 V12 RSA
7
17位 1
BRM P142 3.0 V12 ESP
Ret
MON
Ret
NED
Ret
FRA GBR
Ret
P138 GER
Ret
P139 ITA
Ret
CAN
Ret
USA
Ret
MEX
6
1970年 P153 RSA
Ret
20位 2
BRM ESP
Ret
MON
Ret
BEL
Ret
NED
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
AUT
5
ITA
Ret
CAN
NC
USA
Ret
MEX
7
1971年 マクラーレン M14A フォードコスワース DFV 3.0 V8 RSA ESP MON NED FRA GBR
Ret
GER ITA
7
CAN USA NC 0
M19A AUT
9
1972年 BRM P160B BRM P142 3.0 V12 ARG RSA ESP MON BEL FRA GBR
Ret
GER AUT ITA CAN USA NC 0
1973年 シャドウ DN1 フォードコスワース DFV 3.0 V8 ARG BRA RSA
Ret
ESP
Ret
BEL
Ret
MON
10
SWE
Ret
FRA
Ret
GBR
Ret
NED
Ret
GER
8
AUT
Ret
ITA
11
CAN
3
USA
15
14位 4
1977年 シャドウ DN8 フォードコスワース DFV 3.0 V8 ARG BRA RSA USW ESP MON BEL SWE
9
FRA GBR GER AUT NED ITA USA CAN JPN NC 0

フォーミュラ1 (ノン・チャンピオンシップ)編集

エントラント シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8
1967年 ロータス・コンポーネンツ Ltd. ロータス41B (F2) フォードコスワース FVA 1.6 L4 ROC SPR
4
INT SYR OUL
Ret
ESP
1968年 ゴールド・リーフチーム・ロータス ロータス49B フォードコスワース DFV 3.0 V8 ROC INT OUL
3
1969年 オーウェン・レーシング・オーガニゼーション BRMP133 BRM P101 3.0 V12 ROC
5
INT MAD
スポーツ・カーズ・スウィッツァランド ローラT142 (F5000) シボレー 5.0 V8 OUL
Ret
1970年 ヤードレー・チーム・BRM BRMP153 BRM P142 3.0 V12 ROC
Ret
INT OUL
3
1971年 ブルース・マクラーレン・モーター・レーシング マクラーレンM19A フォードコスワース DFV 3.0 V8 ARG ROC QUE SPR INT RIN OUL VIC
Ret
1973年 UOPシャドウ・レーシング・チーム シャドウDN1 フォードコスワース DFV 3.0 V8 ROC INT
Ret
1977年 シャドウ・レーシング・チーム シャドウDN8 フォードコスワース DFV 3.0 V8 ROC
5

ル・マン24時間レース編集

チーム コ・ドライバー 車両 クラス 周回数 総合
順位
クラス
順位
1968年   JW・オートモーティヴ・エンジニアリング   ブライアン・ミュアー フォード・GT40 S
5.0
15 DNF DNF
1969年   ジャッキー・イクス S
5.0
372 1位 1位
1971年   JW・オートモーティヴ・エンジニアリング   ペドロ・ロドリゲス ポルシェ・917L S
5.0
187 DNF DNF

参照編集

  • DRIVER: Oliver, Jackie”. Autocourse Grand Prix Archive. 2007年9月11日閲覧。
  • Jackie Oliver”. Grand Prix Racing. 2007年9月11日閲覧。
  • Widdows, R. 2007. Jackie Oliver: Nearly Man. Motor Sport. 83/4 (April 2007), 84-88
  1. ^ L. Stanley. Grand Prix. The Legendary Years.
  2. ^ T.Simon. Champion Year1970)
  3. ^ Stucker, Mike. “VintageRPM”. Can-Am History of Shadow. VintageRPM. 2014年11月25日閲覧。

外部リンク編集

タイトル
先代
ペドロ・ロドリゲス
ルシアン・ビアンキ
ル・マン24時間歴代勝者
1969年 with:
ジャッキー・イクス
次代
ハンス・ヘルマン
リチャード・アトウッド
先代
マーク・ダナヒュー
カンナム 勝者
1974年
次代
パトリック・タンベイ (1977年)