メインメニューを開く

ジャック・コンウェイJack Conway, 1887年7月17日 - 1952年10月11日)は、アメリカ合衆国映画監督俳優映画プロデューサーである[1]メトロ・ゴールドウィン・メイヤー初のトーキー侠盗ヴァレンタイン』を監督した[1]。本名ヒュー・ライアン・コンウェイHugh Ryan Conway)、ジョン・コンウェイJohn Conway)とも名乗った[1]

ジャック・コンウェイ
Jack Conway
Jack Conway
本名 ヒュー・ライアン・コンウェイ
Hugh Ryan Conway
別名義 ジョン・コンウェイ
John Conway
生年月日 (1887-07-17) 1887年7月17日
没年月日 (1952-10-11) 1952年10月11日(65歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミネソタ州グレイスヴィル
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス郡パシフィック・パリセーズ
職業 映画監督俳優映画プロデューサー
ジャンル サイレント映画トーキー
活動期間 1909年 - 1948年
配偶者 ヴィオラ・バリー (離婚)
ヴァージニア・ブッシュマン
(1926年 - 1952年死別)
著名な家族 パット・コンウェイ (長男)
フランシス・X・ブッシュマン (岳父)
テンプレートを表示

人物・来歴編集

1887年(明治20年)7月17日、アメリカ合衆国のミネソタ州グレイスヴィルに生まれる[1]

ヒュー・ライアン・コンウェイの最初のキャリアは舞台俳優であった[2]。満22歳となる1909年(明治42年)、D・W・グリフィスの助手となる[2]。1913年(大正2年)、映画監督に昇進する[2]。その後もグリフィスの監督した映画『國民の創生』(1915年)や『イントレランス』(1916年)の助監督を務めている[1]

1928年(昭和3年)、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー製作・配給による同社初のトーキー『侠盗ヴァレンタイン』の監督を務める[3]。同作は、1920年(大正9年)にエドマンド・モーティマーアーサー・リップリーが共同監督したサイレント映画『ヴァレンタイン』のリメイクである[4]

1934年(昭和9年)、監督作の『奇傑パンチョ』が、第2回ヴェネツィア国際映画祭でムッソリーニ杯にノミネートされてコンペティション上映され、特別賞を受賞した[1]

1952年(昭和27年)10月11日カリフォルニア州ロサンゼルス郡パシフィック・パリセーズで死去した[1]。満65歳没。同州グレンデールのフォレスト・ローン・メモリアル・パークに眠る[5]。映画産業への貢献によりハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの星をヴァイン街1500番地に刻む[1]

おもなフィルモグラフィ編集

特筆以外はすべて監督作[1]

関連事項編集

編集

  1. ^ a b c d e f g h i Jack Conway, Internet Movie Database, 2010年4月14日閲覧。
  2. ^ a b c Jack Conway, allmovie, 2010年4月14日閲覧。
  3. ^ Alias Jimmy Valentine - trivia, Internet Movie Database, 2010年4月14日閲覧。
  4. ^ 侠盗ヴァレンタインキネマ旬報映画データベース、2010年4月14日閲覧。
  5. ^ Jack Conway, Find A Grave, 2010年4月14日閲覧。

外部リンク編集