メインメニューを開く

ジャック・ドニス・ショアジー(Jacques Denys (Denis) Choisy、1799年4月5日 - 1859年11月26日)は、スイスプロテスタント牧師植物学者である。オーギュスタン・ピラミュ・ドゥ・カンドールの植物カタログ、"Prodromus Systematis Naturalis Regni Vegetabilis"に貢献した。

略歴編集

ジュネーヴ州のジュシーに生まれた。ジュネーヴ大学(Académie de Genève)で神学法律人文科学自然科学を学んだ。1821年に叙階され牧師(minister)となった。翌年、パリで学び、パリでは自然史協会(Société d'histoire naturelle)の会員となった。1824年にジュネーヴに戻り、ジュネーヴ大学の自然哲学の教授となり、その職を1847年まで続けた[1]

学生時代から、オーギュスタン・ピラミュ・ドゥ・カンドールに影響を受け、ドゥ・カンドールの植物カタログ、"Prodromus Systematis Naturalis Regni Vegetabilis"の主要な執筆者であり、多くの科の植物の章の執筆を担当した。神学・哲学の分野で、"Des doctrines exclusives en philosophie rationelle" (1828) や "Les lois morales: Fragment d'un cours de philosophie morale" (1836)の著作がある。

ミカン科の植物の属名、Choisya献名されている[2]

著作の一部編集

  • Prodromus d'une monographie de la famille des hypéricinées, (9 editions issued from 1821 to 1983) – Prodomus of a monograph on Hypericineae.
  • Descriptions des Hydroléacées, 1830 – Descriptions of Hydroleaceae.
  • Convolvulaceae orientales, 1834 – Convolvulaceae Oriental
  • Mémoire sur les familles des Ternstroemiacées et Camelliacées, 1854 – Treatise on the families Ternstroemiaceae and Camelliaceae.[3]

参考文献編集