ジャック・ブーランジェ

ジャック・ブーランジェ、本名ジャック=ロマン・ブーランジェ(Jacques-Romain Boulenger, 1870年 - 1944年)は、フランス作家文芸批評家、文学史家、ジャーナリスト

生涯編集

フランス国立古文書学校の出身者であり、『16世紀研究誌』(前身は『ラブレー研究誌』)の共同創刊者のひとりである。また彼は、ジャン・リヴァンJean Rivain)、ウジェーヌ・マルサンEugène Marsan)らとともに『思想・書物批評』誌(Revue critique des idées et des livres)の協力者にもなっていた。

中世文学とルネサンス文学の専門家で、円卓の騎士の翻案を手がけたほか、ガリマール出版社のプレイヤード叢書ではフランソワ・ラブレーの全集を手がけた。また、1911年にはルイ14世の大御世に関する歴史的な総括を上梓した。

ブーランジェはフランスの詩人たちをテーマにした文芸批評を多数出版しており、研究の対象となった詩人にはエミール・アンリオÉmile Henriot)、マルスリーヌ・デボルド=ヴァルモールMarceline Desbordes-Valmore)、ノストラダムスジェラール・ド・ネルヴァルポール=ジャン・トゥレPaul-Jean Toulet)らがいる。

作家としての創作活動には、小説である『双面の鏡』(Le Miroir à deux faces, 1928年)、『アダムとエヴァ』(Adam et Ève, 1938年)、短編の『晩と群島』(Les Soirs de l'archipel)、『我が女料理人の小話』(Contes de ma Cuisinière, 1935年)などがある。