ジャック・ルーズマ

ジャック・ルーズマ(Jack Robert Lousma、1936年2月29日-)は、アメリカ合衆国航空宇宙工学者、アメリカ海兵隊の軍人、海軍飛行士、アメリカ航空宇宙局宇宙飛行士、政治家である。1973年にスカイラブの2度目の飛行(スカイラブ3号)の乗組員となった。1982年には、3度目のスペースシャトルのミッションであるSTS-3の船長を務めた。

ジャック・ルーズマ
Jack Lousma
Lousma.jpg
NASA 宇宙飛行士
国籍 アメリカ人
現況 引退
生誕 Jack Robert Lousma
(1936-02-29) 1936年2月29日(85歳)
ミシガン州グランドラピッズ
他の職業 海軍飛行士、技術者
出身校 ミシガン大学, B.S. 1959
アメリカ海軍大学院, M.S. 1965
階級 US-O6 insignia.svg アメリカ海兵隊大佐
宇宙滞在期間 67日11時間13分
選抜試験 1966 NASA Group 5
宇宙遊泳回数 2
宇宙遊泳時間 11時間01分
ミッション スカイラブ3号, STS-3
記章 Skylab2-Patch.png Sts3-patch.png
退役 1983年10月1日
受賞 NASA Distinguished Service Medal.jpg

後に、1984年アメリカ合衆国上院議員選挙ミシガン州共和党候補となったが、2期目を狙う現職のカール・レヴィンに破れた。

生い立ちと教育編集

ルーズマは、1936年2月29日[1]、ミシガン州グランドラピッズフリース人の家系[2]に生まれた。父の名前は、Louwsmaと綴ったが、綴りやすくするために、息子が生まれた際に、出生証明書の表記から'w'を除いた[3]。エンジェル小学校、タッパン中学校を経て1954年にミシガン州アナーバーのパイオニア高校を卒業した[4]ボーイスカウトに所属し、テンダーフットのランクまで進んだ[5]

1959年にミシガン大学で航空宇宙工学の学士号を取得した[6]。肘の怪我をするまで、フットボールのチームで控えのクオーターバックを務めた[2]。1965年にアメリカ海軍大学院で航空宇宙工学の修士号を取得した[7]

軍事のキャリア編集

ルーズマは、1959年にアメリカ海兵隊に入隊し、w:Naval Air Training Commandでの訓練を終えた後の1960年にw:aviator wingを得た。その後、攻撃機のパイロットとして、第2海兵航空団VMA-224に配属され、その後、日本の岩国飛行場の第1海兵航空団VMA-224に配属された。ノースカロライナ州チェリー・ポイント海兵隊航空基地で第2海兵航空団VMCJ-2の偵察パイロットを務めた後、テキサス州ヒューストンの有人宇宙船センター(現ジョンソン宇宙センター)に配属された[7]

7000時間の飛行経験を持ち、そのうち700時間がゼネラル・アビエーション航空機、1619時間が宇宙、4500時間がジェット機、240時間がヘリコプターである[8]

NASAでのキャリア編集

ルーズマは、1966年4月にNASAに選考された19人の宇宙飛行士の1人である[9]アポロ9号10号13号のミッションではastronaut support crewを務めた[2]。アポロ13号のミッションでは、CAPCOMとして"Houston, we've had a problem"のメッセージを受けた[10]アポロ20号では月モジュールの操縦手に選ばれたが、ミッションはキャンセルされた[11]

1973年7月28日から9月25日まで、スカイラブ3号の操縦手を務め、1982年3月22日から3月30日のSTS-3では船長を務めた。合計の宇宙滞在時間は、1619時間になる[12]

また、スカイラブからの2度の船外活動を11時間に亘り行っている。1975年7月に成功裏に終了したアポロ・ソユーズテスト計画では、ドッキングモジュールの米国側の操縦手のバックアップを務めた[2]

宇宙飛行経験編集

 
The Skylab 3 crew, from left: Owen Garriott, Jack Lousma, and Alan Bean
 
Lousma during one of the experiments aboard the Skylab 3

この59.5日間のミッションで、船長のアラン・ビーンとルーズマ、オーウェン・ギャリオットは、宇宙船の姿勢制御に使用される6つのレートジャイロを交換し、熱制御に使用される双極サンシェードを設置し、9つの主要実験機器や運用機器を修理した。

地球を858周し、軌道上2400万マイルを移動する間にこれらのミッションは全て達成された。彼らは、305人時間を大気上空の広範囲の太陽の観察に費やし、2つの大きな太陽フレア、沢山のより小さな太陽フレアやコロナ質量放出を観察した。また、地球の資源を観測した16000万枚の写真と18マイルの磁気テープを地球に持ち帰った。乗組員は333の医学実験を行い、無重力が人体に及ぼす影響に関する貴重なデータを収集した。スカイラブ3号は、太平洋に着水し、ニューオーリンズに回収された[8]

 
The STS-3 crew, from left: Jack Lousma and Gordon Fullerton

スペースシャトルコロンビア号の3度目の軌道試験飛行となるSTS-3は、1982年3月22日にフロリダ州ケネディ宇宙センターから打ち上げられ、地上180マイルの円形軌道に入った。ルーズマは船長、ゴードン・フラートンは操縦手を務めた。飛行試験の主な目的には、コロンビア号を強烈な熱ストレスに晒すことと、長さ50フィートのシャトル・リモート・マニピュレータ・システムを初めて用い、ペイロードを操作することであった。オービタのキャビンやペイロードベイのOSS-1パレットでは、様々な科学実験も行われた。コロンビアは、耐熱試験に良好な反応を示し、地上試験よりも優れた結果を示した。乗組員はほぼ全ての目的を達成し、悪天候のために1日遅れて、3月30日にニューメキシコ州ホワイトサンズの湖底に着陸した。スペースシャトルがこの場所に着陸したのは、この一例のみであった[13]。地球を129.9周して340万マイルを移動し、ミッション期間は192時間4分49秒であった。ルーズマは、1983年10月1日にNASAを退職し、同年11月1日に海兵隊も退職した[14]

政治のキャリア編集

1984年アメリカ合衆国上院議員選挙のミシガン州選挙区では、前共和党議員のジェームズ・ダンを63%の得票で破って共和党候補となったが、得票47%で現職のカール・レヴィンに破れた[15]ロナルド・レーガンの圧勝はルーズマへの追い風となったが、選挙キャンペーンの後半で、彼の家族がトヨタ車を所有していることを日本の自動車メーカーに話している彼のビデオが表面化したことが痛手となった[16]

私生活編集

1956年にGratia Kayと結婚し、Timothy J.(1963年12月23日生)、Matthew O.(1966年7月14日生)、Mary T.(1968年9月22日生)、Joseph L.(1980年9月14日生)の4人の子供を儲けた。ミシガン州アナーバー近郊のScio Townshipで長年暮らしたが、2013年9月に妻と共にテキサス州に転居した[4]

受章等編集

ルーズマは、ジョンソン宇宙センターからの表彰状(1970年)[17]w:NASA Distinguished Service Medal(1973年)[17]w:Navy Distinguished Service Medal[17]w:United States Astronaut Badge[17](1974年)、シカゴ市ゴールドメダル(1974年)[18]、Marine Corps Aviation AssociationのExceptional Achievement Award(1974年)[8]国際航空連盟からV. M. Komarov Diploma(1973年)[8]アメリカ航空宇宙学会からw:Octave Chanute Award(1975年)[19]w:American Astronautical SocietyのFlight Achievement Award(1974年)、 2度目のNASA Distinguished Service Medal(1982年)[8]ディフェンス・ディスティングシュドサービスメダル(1982年  )[17]全米大学スポーツ協会のSilver Anniversary Award(1983年)[8]を受賞している。

 
Jack Lousma, February 2009

スカイラブに搭乗した3人の宇宙飛行士は、「将来の宇宙探査における人間の価値を証明し、地球上の全ての人々に役立つデータを生産したこと」に対し、1973年にロバート・J・コリア賞を受賞した[20][21]。1975年、ジェラルド・カーは、フォード大統領から、スカイラブの乗組員を表彰するw:Dr. Robert H. Goddard Memorial Trophyを授与された[22]

1982年、ルーズマは、フラートンとともに、STS-3ミッションへの参加を称えられ、国際航空宇宙殿堂に選ばれ、ニューメキシコ州知事より表彰された[23]。この際、国際航空宇宙殿堂のPioneer Awardの2グループ目の受賞者になったことも発表された[24]。1989年には、ミシガン州航空殿堂にも選ばれた[25]。1997年には、24人のアポロ計画宇宙飛行士の一人として、アメリカ合衆国宇宙飛行士殿堂に選ばれた[26]

1973年にミシガン大学から宇宙飛行科学の名誉博士号を授与された[27]。1982年にホープカレッジ[28]、1986年にクリアリーカレッジ、1988年にスターリンカレッジ[10]からもそれぞれ名誉博士号を授与された。

ミシガン州ワイオミングには、ロジャー・B・チャフィー記念通りから西に延びる、彼の名前を冠した道路(Lousma Drive)がある。

出典編集

  1. ^ Pilot for Skylab 3, and commander of the third space shuttle mission”. New Mexico Museum of Space History. 2019年2月3日閲覧。
  2. ^ a b c d Shuttle pilots took different routes to current assignment” (1982年3月13日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  3. ^ “Lousma Call Last 20 Years His Training for This Flight”. News-Press. New York Times Service (Fort Myers, Florida): p. 9. (1982年3月23日). https://www.newspapers.com/clip/28086962/newspress/ 
  4. ^ a b “The Lousmas Say Good-bye”, Ann Arbor Observer: 15, (October 2013) 
  5. ^ Scouting and Space Exploration”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  6. ^ Jackson, Luther (1985年2月10日). “Lousma Takes on New Mission as Consultant”. Detroit Free Press (Detroit, Michigan): p. 4F. https://www.newspapers.com/clip/28086453/detroit_free_press/ 
  7. ^ a b Reid, Bernie (1968年3月18日). “Astronaut Enters Pro-Am Tourneys”. The Pensacola News (Pensacola, Florida): p. 13. https://www.newspapers.com/clip/28197220/the_pensacola_news/ 
  8. ^ a b c d e f Lousma's NASA Biography”. NASA (1999年2月). 2021年4月12日閲覧。
  9. ^ “Cherry Point Marine is Astronaut”. The High Point Enterprise. Associated Press (High Point, North Carolina): p. 2. (1966年4月5日). https://www.newspapers.com/clip/28087035/the_high_point_enterprise/ 
  10. ^ a b Meyer, Zlati (2016年2月27日). “29 Things You Didn't Know About Leap Day Baby Jack Lousma”. Detroit Free Press (Detroit, Michigan): p. C1. https://www.newspapers.com/clip/28086751/detroit_free_press/ 
  11. ^ Apollo 18 through 20 - The Cancelled Missions”. NASA. 2019年2月5日閲覧。
  12. ^ “Astronaut Jack Lousma Will Speak at Artrain Dinner Friday”. Livingston County Daily Press and Argus (Howell, Michigan): p. 1. (2001年9月2日). https://www.newspapers.com/clip/28124554/livingston_county_daily_press_and_argus/ 
  13. ^ Carney, Emily (2017年5月14日). “The Last Hurrah: Skylab’s 1978-1979 Unmanned Mission”. National Space Society. 2021年3月9日閲覧。
  14. ^ Lawrence, John (1983年9月28日). “Lousma Retirement”. NASA News. pp. 137. 2013年7月17日閲覧。
  15. ^ “Moral Majority Had Big Impact in Michigan Race, Falwell Says”. Lancing State Journal. Associated Press (Lancing, Michigan): p. 13. (1984年11月9日). https://www.newspapers.com/clip/28197530/lansing_state_journal/ 
  16. ^ “Levin for the Senate”. The Michigan Daily: p. 4. (1984年11月2日). https://news.google.com/newspapers?nid=2706&dat=19841102&id=1SRKAAAAIBAJ&pg=2091,2991017 2013年7月17日閲覧. ""Lousma, on the other hand, recently confided to a meeting of Japanese business leaders that he owns a Toyota."" 
  17. ^ a b c d e Lutz, Ralph (1984年3月5日). “Jack Lousma Makes His First Campaign Trip to Twin Cities”. The Herald-Palladium (Saint Joseph, Michigan): p. 3. https://www.newspapers.com/clip/28124435/the_heraldpalladium/ 
  18. ^ “Chicagoans Host Nine Astronauts”. The Orlando Sentinel (Orlando, Florida): p. 13-A. (1974年3月27日). https://www.newspapers.com/clip/36369414/the_orlando_sentinel/ 
  19. ^ Chanute Flight Test Award Recipients”. AIAA. 2018年5月28日閲覧。
  20. ^ Collier 1970-1979 Recipients”. 2019年2月9日閲覧。
  21. ^ “Collier Trophy at Test Range”. The Orlando Sentinel (Orlando, Florida): p. 21. (1974年10月3日). https://www.newspapers.com/clip/20455982/the_orlando_sentinel/ 
  22. ^ “For Praises Astronauts, Space Program”. Daily Press. United Press International (Newport News): p. 23. (1975年4月12日). https://www.newspapers.com/clip/20406167/daily_press/ 
  23. ^ “Far Out Honor”. Honolulu Star-Bulletin. Associated Press (Honolulu, Hawaii): p. 2. (1982年5月19日). https://www.newspapers.com/clip/28086589/honolulu_starbulletin/ 
  24. ^ “Astronauts to be Inducted into the Space Hall of Fame”. Carlsbad Current-Argus. Associated Press (Carlsbad, New Mexico): p. 3. (1982年3月26日). https://www.newspapers.com/clip/28841188/carlsbad_currentargus/ 
  25. ^ Enshrinees”. Air Zoo. 2019年2月4日閲覧。
  26. ^ Meyer, Marilyn (1997年10月2日). “Ceremony to Honor Astronauts”. Florida Today (Cocoa, Florida): p. 2B. https://www.newspapers.com/clip/28283877/florida_today/ 
  27. ^ Schaller, Hank (1973年12月22日). “Astronaut Tells Skylab Story on Imlay City Visit”. The Times Herald (Port Huron, Michigan): p. 1. https://www.newspapers.com/clip/28086698/the_times_herald/ 
  28. ^ Honorary Degrees”. Hope College. 2019年2月5日閲覧。

外部リンク編集