ジャック・ワーナー

実業家

ジャック・レオナルド・ワーナー英語: Jack Leonard Warner、出生名: ヤコブ・ワーナー、英語: Jacob Warner[1]1892年8月2日 - 1978年9月9日)は、カナダ系アメリカ人で、兄弟のハリーアルバート英語版サム英語版と共に、ワーナー・ブラザースを設立し、社長を務めた。

Jack Leonard Warner
ジャック・レオナルド・ワーナー
Jack Warner portrait copy.jpg
生誕 (1892-08-02) 1892年8月2日
カナダの旗 カナダオンタリオ州ロンドン
死没アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスシダーズ=シナイ病院英語版
墓地アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスイーストロサンゼルスホーム・オブ・ピース墓地 (イースト・ロサンゼルス)英語版
国籍カナダ、アメリカ
別名ヤコブ・ワーナー(Jacob Warner)(出生名)
ジャック・レオナルド・ワーナー(Jack Leonard Warner)
職業映画会社取締役
政党共和党
配偶者イルマ・クレイリー・サロモン(1914年 - 1935年)
アン・ペイジ(1936年 - )
子供ジャック・M・ワーナー英語版他3人

概要編集

当初はサムと共に同映画スタジオの共同制作責任者であった。1927年には映画産業にとって初めてとなる長編トーキー映画『ジャズ・シンガー』を製作・公開している[2]。サムの死後、ハリーやアルバートと対立した。サムやアルバートに株式の共同売却に加わるよう説得し、その株式を秘密裏に購入したことにより、1950年代にワーナー・ブラザースの独占的な支配を確立している[3]

多くの従業員からは恐れられていたが、彼の鋭い洞察力と意志の強さは尊敬されていた[4]。彼はのちにワーナー・ブラザースの優れた俳優を多く採用し[5]、硬派で社会的なドラマを数多く作り出し、スタジオの知名度を向上させた[6]。決断力に関しては、彼は「私が51%正しければ、私は一歩優位にいるのだ。」という言葉を残している[4]

政治的には、彼は忠実な共和党員であったにも関わらず、民主党フランクリン・ルーズベルトによるニューディール政策を推進するような映画製作を奨励していた[6]。また、アメリカの第二次世界大戦参戦以前からヨーロッパのファシズムに反対し、ナチス・ドイツを批判していた[7]。さらに共産主義に反対していたワーナーは戦後に下院非米活動委員会の証人として、共産主義者やそのシンパであると疑われて解雇された脚本家の名前を挙げた[8]。このような公的な姿勢は物議を醸すこともあったが、1970年代初頭に引退するまで、映画業界で力を発揮し続けた[9]

脚注編集

  1. ^ Foster, Charles. Once Upon a Time in Paradise: Canadians in the Golden Age of Hollywood, Dundurn (2003) p. 990
  2. ^ Thomas (1990), pp. 52–62.
  3. ^ Thomas (1990), p. 226.
  4. ^ a b Thomas (1990), p. 4.
  5. ^ Thomas (1990), pp. 45–49.
  6. ^ a b Buhle and Wagner (2002), p. 59.
  7. ^ Buhle and Wagner (2002), p. 68.
  8. ^ Buhle and Wagner (2002), pp. 377–378.
  9. ^ Thomas (1990), p. 3.