メインメニューを開く

ジャッジアンジェルーチ (Judge Angelucci) とはアメリカ産の競走馬である。アメリカ西海岸ハンデキャップ競走で活躍し、G1競走で3勝を挙げた。引退後は日本種牡馬となっていた。

ジャッジアンジェルーチ
欧字表記 Judge Angelucci
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1983年
死没 1998年
Honest Pleasure
Victorian Queen
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Tom Gentry
馬主 Olin B. Gentry
競走成績
生涯成績 22戦10勝
獲得賞金 1,582,535ドル
テンプレートを表示

目次

経歴編集

3歳になった1986年にデビューし、その年の9月になって初勝利を挙げた。本格的に活躍するのは翌年以降で、1987年に年明けの一般競走を連勝すると、4月のサンタアニタパーク競馬場で行われたサンバーナーディーノハンデキャップで重賞初制覇を飾った。G1初挑戦となった6月のカリフォルニアンステークスで前年のケンタッキーダービーファーディナンドと初の対戦を迎え、これを4着に破ってG1初出走にして栄冠を手にした。

以後も西海岸における中距離路線の大競走を中心に出走し、同地を拠点とするファーディナンドやアリシーバらと対戦を繰り返した。1987年にはブリーダーズカップ・クラシックにも出走し、ファーディナンドとアリシーバの接戦からやや遅れて3着に入っている。その後1988年の末に引退するまでの3年間で22戦10勝の成績を挙げ、G1勝鞍もサンアントニオハンデキャップマーヴィンルロイハンデキャップを含む3勝(グレードはいずれも当時のもの)に上った。

1988年の引退後、日本の社台グループが購入。翌年から社台スタリオンステーションにて種牡馬として供用された。

現役引退後編集

種牡馬としての評価
当時社台グループが輸入した種牡馬はノーザンテーストを始めとして、ディクタスリアルシャダイトニービンといずれも成功を収めていた。そのためジャッジアンジェルーチもアメリカでGI3勝、ダート8.5ハロンの北米レコードホルダーという競走実績から大きな期待を持って迎えられた。
しかしデビューした産駒の成績は芳しいものではなく、ほとんどが条件戦レベルで伸び悩んだ。オープンまで出世した数少ない産駒の中には1993年生のゴーカイがいるが、この馬も平地レースで伸び悩んだ末に障害路線へ転向している。成績不振とともにジャッジアンジェルーチの種牡馬としての評価も下降していき、1998年に種牡馬を引退。同年に死亡した[要出典]
社台ファーム代表の吉田照哉はジャッジアンジェルーチについて「潜在的なスピードは充分にあったはずだが、生まれてきた産駒は何故か総じて体が固く、能力を活かすことができなかったようだ」と述べている。
ブルードメアサイアーとしての評価
種牡馬としては失敗に終わったものの、引退後にエガオヲミセテオレハマッテルゼアジュディミツオーグレープブランデー、レオマイスターなど、同馬を母の父に持つスピード型の活躍馬を複数輩出し、ブルードメアサイアーとしてはまずまずの成績を残している。ブルードメアサイアーとしての産駒から更に下った世代ではGIを7勝したキタサンブラックが本馬を母母父に持つ。

代表産駒編集

ゴーカイが障害競走馬としては異例の種牡馬入りを果たしたこともあり、父系は細々ではあるが現在も残っている。

血統表編集

ジャッジアンジェルーチ血統ボールドルーラー系 / Windfields 母内4x4=12.50%、 Nearco 5x5x5=9.38%) (血統表の出典)

Honest Pleasure
1973 青鹿毛 アメリカ
父の父
What a Pleasure
1965 栗毛 アメリカ
Bold Ruler Nasrullah
Miss Disco
Grey Flight Mahmoud
Planetoid
父の母
Tularia
1955 鹿毛 イギリス
Tulyar Tehran
Neocracy
Suntop Dastur
Sunny Mountain

Victorian Queen
1971 鹿毛 カナダ
Victoria Park
1957 鹿毛 カナダ
Chop Chop Flares
Sceptical
Victoriana Windfields
Iribelle
母の母
Willowfield
1965 鹿毛 カナダ
Stratus Nimbus
Straight Offer
Willow Lake Windfields
Compensate F-No.1-n

母ヴィクトリアンクイーンはカナダで競走生活を送り、オンタリオ州の地元重賞など12勝を挙げ、カナダで最優秀古牝馬にも選出された競走馬であった。繁殖牝馬としても優れ、ジャッジアンジェルーチのほかにもジョンヘンリーハンデキャップ優勝馬のピース(1985年生・牡馬)、ブルーグラスステークス優勝馬のウォー(1984年生・牡馬)といったG1勝ち馬を出している。

外部リンク編集